転職を考えたきっかけは何ですか??もう一度、理由を見直してみませんか??

【PR】スポンサーリンク
1313転職
simacat.com
【PR】スポンサーリンク

転職を考えたきっかけは何ですか??もう一度、理由を見直してみませんか??

はじめに

仕事に慣れてきて数年、誰もが一度は考える事です。

「転職しようかな?」と。

「他人の畑は良く見える」ではないですが、慣れてくると周りを見る余裕が生まれる事により、視野が広がるのです。

考える事は悪くないのですが、何の準備もなく転職をすると言う事は生活面を圧迫しかねない危険な行為です。

とは言え、事情がある場合は別です。

冷静に考えるネタとしてご参考にして頂けたらと思います。

転職の理由

やりたい事が別にできた

今のお仕事の他にやりたい事ができた場合、やりたい事で生計を立てて行きたいと思うのは当然です。

ただ、外側だけをみて思いを膨らませてはいないでしょうか?

やりたい事の中身まで吟味し、辛い事も受け入れられると感じる事ができたら、退職の理由として確かな物となります。

やりたい事で失敗をしても、乗り越えられるだけの気持ちが重要です。

やりたい事で失敗をしても乗り越えられるだけの気持ちが重要

給与や待遇への不満

給与や待遇への不満が転職を考える1番の理由でしょう。

技術面ではかなり成熟していると思っているのに、それが給与や待遇に反映されていないと考えます。

これも、誰もが思う事です。

給与や待遇は「評価」が反映される物です。

どれだけ頑張っても、評価されていないと考えてしまいます。

しかし、その技術は本物なのでしょうか?

例えば、同業他社の方と仕事をしていて、他社の方は全然仕事ができないからと、自分の技術力が上と考えてしまうのは早計です。

それが他社のやり方で、本当は技術力があるのに、仕方なく方針に従って作業を行なっているかも知れません。

また、今の会社の考え方に甘えているだけで、本来の業界はもっと厳しい技術力を求めらている可能性もあります。

技術力を売りにするのであれば、しっかりと業界研究を行い、自分の技術レベルとの比較を行いましょう。

その結果、技術力があると判断ができれば、給与面や待遇の改善に向けた転職を考えても良いでしょう。

業界の技術レベルと、自分の技術レベルを比較する

仕事を行う環境への不満

会社により環境は異なります。

良くも悪くも、自分に合っている環境であれば良いのですが、合っていないと苦痛でしかありません。

しかし、これを理由に転職をしたら、本当に自分に合った環境となるのでしょうか?

環境への不満の解消は難しく、転職後の職場環境は自分に合うのか分かりませんし、どの様に良い環境でも慣れてしまうと、悪い環境に変化してしまう可能性があります

この環境への不満を理由とする転職は、非常にリスクがあるのです。

しかし、前述の通り、環境への不満は苦痛でしかないので、できるならば転職を考える前に、「自身で環境を変える事が出来ないのか?」を検討してからでも、遅くはないと思います。

自身で環境を変える事が難しいと感じたり、環境を変えてもやはり苦痛であるならば、転職を行う他はないと思います。

しかし、転職先が良い環境であるのかは定かではありませんし、転職先の面接時には前職を退職した理由にはしない方が良いかと思います。

転職を考える前に自身で環境を変える事が出来ないのかを実践する

病気

肉体的、精神的、様々な理由で、今まで行なってきたお仕事を続ける事が難しくなった際に現状の自分にできるお仕事を探すか、しばらくお休みを取るかを考えられると思います。

病気が原因でお仕事を続けていると、突然の苦痛などにより、お休みを取るなど、自分の思い通りに仕事が出来なくなる恐れがあります。

また、突然のお休みを取られる会社側も、予定に狂いが生じたり、誰かにフォローをさせる事となります。

病気で辛い時に、無理にお仕事を続けても、誰も徳をしない状態となるのです。

よって、転職を考えがちですが、この場合は休職をお勧めします。

休職期間を超えて、病気の回復が見られない場合は、転職の検討をしても良いと思います。

休職期間中に体と自分を見直して、それでも転職を考えるならば、色々と調査をしてみるのも悪くはないと思います。

転職を考える前に休職をする

ただ何となく

「ただ何となく、今の仕事が嫌」だから転職を考ていると言う方は、いらっしゃらないと思いますので、色々な仕事を体験してみて、「最終的に自分のやりたい事を見つけたい」事を前提とします。

色々な経験は、自分の成長に繋がりますので、悪い事ではありません。

しかし、履歴書に沢山の会社の名前が並んでいると飽きっぽく、直ぐに辞めてしまう方だと思われてしまいますので、転職には不利となります。

例えば、親の会社を継ぐなど、最終的に落ち着く場所がある方は、社会経験を積む意味でも、色々な業界を試みるべきだと思います。

しかし、そうではない方はまず、今のお仕事の良い部分を探す努力をしましょう。

最終的に、落ち着く場所があるなら、社会経験を積む為にも色々な業界を体験

【PR】スポンサーリンク

simacatから一言

転職について考えている方のお役に立てればと思います。

転職は、そこまで敷居の高いものでは無くなっています。

とは言え、実際にやってみると、上手くいく人とそうではない人が大きく分かれてしまうのも事実としてあります。

転職が上手くいく方は、更に上を目指して、転職を繰り返す方がいます。

残念ながら、転職が上手くいかない方は、待遇面が下がってしまう事が普通にあります。

だから、自分で決めるべき事なのです。

後悔が残らない様に、熟考をして活動をして頂ければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました