転職は焦っても不安になっても仕方がない?!焦らず落ち着いて緩くやる事が重要!?

【PR】スポンサーリンク
2482転職
simacat.com
【PR】スポンサーリンク

転職は焦っても不安になっても仕方がない?!焦らず落ち着いて緩くやる事が重要!?

はじめに

今のお仕事が嫌になった時、誰でも転職を考えると思います。

例えば、上司からのパワハラや同僚の嫌がらせ。

待遇面の不満もそうですし、気が付いたら転勤ばかりで、落ち着く事ができないなど。

転職は自分の能力を冷静に判断される為、上手くいけば自信につながるのですが、失敗をすると辛い思いをする事となります。

できれば、次の会社が決まってから、現在の会社を退社するなど、間をあけない様にするのが一番なのですが、タイミングが悪いと上手く行かない場合があります。

とは言え、あまり気にしていても仕方がありません。

現在、転職をするか悩まれている方や既に転職中の方に向けて投稿致します。

転職する事を止めても良いんです。

転職を決意した後、現在の会社を辞める手順について考えたり、職場の状況を考えたり、色々な事を気にして、不安になってしまう事もあります。

大丈夫です。

会社は貴方が一人居なくなっても潰れませんし、代わりは幾らでもいます。

しかし、どうしても不安になってしまう様ならば、転職する事を止めても良いと思います。

それは貴方が本当に現在の会社を心配していると言う事ですし、愛社心があるからです。

本来はその様な方が会社にいる事は、会社の財産となります。

本当に「その時」にならないと分からない気持ちと言う物があります。

貴方が「その時」に感じた気持ちを大切にして頂きたいと思います。

転職を決意

転職を決意した時、その時の状況や心情など様々な事が、絡みあった結果であると思います。

その決意をした時の気持ちを忘れない様にして下さい。

転職は決めてから、直ぐに行える物ではありません。

次の会社が中々決まらない時もありますし、いざ転職ができても、その会社があまりにも自分に合わず、直ぐに辞めてしまう場合もあるのです。

その様な時の為に、7ヶ月分ほどの生活費は確保しておくべきです。

先立つお金がないと、焦りから低い条件で会社を選んでしまう事があります。

それでは、転職をした意味がありません。

焦らずに良い条件で仕事を探す為にも、生活費はある程度、確保しておきましょう。

転職先探し

会社を探す

現在の会社では何かしらの不満がある為、転職を考えていると思います。

その考えに基づき、興味の持てる会社を選ぶ事となり、様々なメディアの求人情報から情報収集を行い、気になる会社にアプローチをします。

この際、求人情報に記載してある給与額を鵜呑みにしてはいけません。

殆どの求人情報に記載している給与額は「その会社が求めている人物像に100%一致する方」の給与額です。

その人物像から少しでも劣っている場合、その給与額は減らされていきます。

また、各種社会保険も重要です。

転職前の会社と比較を行い、マイナス面がない事を確認しましょう。

履歴書・職務経歴書

履歴書や職務経歴書で、おおよその経験を知る事ができます。

この時、「会社が希望する技術力(スキル)を保持しているか」を確認されます。

特に職務経歴書にて、貴方が今まで行ってきた仕事の内容や成果を読み取ります。

従って、その様な事が分かる様な物となっていないと、書類選考で落とされる結果となります。

面接

面接は、初めて転職先の会社の内部を知れる場となります。

面接の作法について既に社会人である貴方には不必要だと思いますが、一度インターネットなどで調べて、おさらいをしておくと良いでしょう。

そして、面接では面接官が履歴書や職務経歴書を見ながら、様々な質問を投げかけてきます。

どの質問も緊張をしていなければ、回答は行える筈です。

ただし、この時に自分を偽ってはいけません。

正直にお話しをする事が大切です。

この面接は、貴方がどう言う人物なのかを会社が知る為の時間なのです。

そして、一番重要な事があります。

それは「既に入社をする事が決まったつもり」で面接に臨むことです。

仮に、転職活動にて様々な企業に応募し、全て不採用の通知を頂いていたとしてもです。

これは「この会社に入りたい」と言う意思の現れでもあるのです。

例えば面接官が「明日から出社するとして貴方は何をしますか?」と聞かれた時に「既に入社をする事が決まったつもり」でいる貴方なら、簡単に答えを出せる筈です。

面接官は時間を割いて、貴方とお話しをしているので、最低の礼儀として、「この会社に入りたい」と言う気持ちで望んで下さい。

【PR】スポンサーリンク

simacatから一言

状況にもよりますが、焦って仕事を見つけても、良い結果とはなりません。

とは言え、仕事が決まらないと生活が成り立たないとも思います。

その様な時は、会社を決める条件で捨てられる物を削ぎ落としていく他はありません。

しかし、最低限の条件はしっかりと認識しておく必要があります。

この最低限の条件がなくなってしまうと、仕事を続けていく事が難しくなり、転職の繰り返しとなってしまいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました