仕事を辞めるのに勇気は必要か?辞めるのに勇気が必要な会社に留まる意味はない!

【PR】スポンサーリンク
2797転職
simacat.com
【PR】スポンサーリンク

仕事を辞めるのに勇気は必要か?辞めるのに勇気が必要な会社に留まる意味はない!

はじめに

最近は仕事を辞めるのに、退職代行サービスに依頼をする方がいらっしゃいます。

それ自体は悪い事とは思いません。

しかし、その影に隠れているのかな?と思わせるのが「パワハラ」です。

「パワハラ」による報復が怖いから、会社を辞めると言ったら、強い言葉で罵られそうだから、その様な理由で利用される方が、多いのではないでしょうか?

そう思わせている時点で、「パワハラ」が横行している会社だと想像できます。

仕事を選ぶのは権利です。

そして、会社はその権利を奪ってはいけないのです。

従って、仕事を辞めるのに、勇気は必要ないのです。

会社を辞める意思

前述の通り、仕事を選ぶ権利は我々の権利です。

会社がこれを無視する事はできません。

従って、基本的には「1ヶ月前に退職を伝える」事で、会社を辞める事は可能です。

もちろん、その時の仕事の状況によって、難しい場面もあるかも知れません。

しかし、それを調整するのは会社側の仕事なのです。

従って、「代わりがいないから無理」「急に言われても無理」などの言葉を聞く必要はないのです。

引き留めにあう

中には、強引な引き留めを行う会社もあります。

「今、辞められては本当に困る」「同僚を見殺しにするのか?」など泣き落としなどの強引な引き留めを行う会社もあります。

辞められて困る様な体制や待遇にしているのは会社側です。

当然、これらの引き留めに従う必要はありません。

暴言を言われる

泣き落としが効かないと分かると、辞める前提での言葉を浴びせてくる事がある様です。

「お前みたいな奴はどこも雇ってくれない」「そんな無責任な考えでは転職先でも苦労をする」

これらは完全な暴言です。

これらの暴言を浴びせる様な会社こそ、辞めた方が良い会社です。

益々、辞める決意を固めた方が良いでしょう。

退職代行サービスの利用

これらの煩わしい事を回避する為に、退職代行サービスを利用する方が増えている様です。

そもそも「仕事を辞めたい」と言えない社風とは、どの様な環境なのでしょう?

もし「怖いから」と言う理由でしたら、「完全にパワハラ体質」の会社です。

当たり前ですが、怖いと言う気持ちは怖くないと湧きません。

普段から怖い思いをしているから、その様に思ってしまうのでしょう。

すでに悩んだのだから

仕事を辞めようと考えてから、様々な悩みと戦ってきたと思います。

円満退職、転職の成功、転職後の職場環境、色々な不安を解消し決意した筈です。

それらを勇気を持って解消してきたのですから、心は強くなっている筈です。

従って、最後の「会社を辞める」の一言に、勇気を使用する必要はありません。

素直な気持ちで、冷静に伝えれば良いだけなのです。

それでも勇気が必要

それでも「会社を辞める」の一言に勇気が必要な場合、それまでに何を経験して来たのかを考えるべきです。

「怖い」と言う思いがないのであれば、「会社から離れたくない」という気持ちなのでしょうか?

それならば、「会社を辞める事を止める」方が良いでしょう。

色々と悩み、結論を出し、行動に移そうとした時に「動けない」のは、「実際にその立場になった時に思う事」が生まれたからです。

人は経験して来た事や想像できる事でしか、悩む事ができません。

実際に自分が、その経験をした時に改めて感じる気持ちもあるのです。

「会社を辞める事」を決意していたのに、それを「止める」事こそに「勇気」が必要なのです。

人の気持ちは変わり易い物です。

一度、決めたからと言って意固地になる必要はありません。

自分の気持ちに正直に行動すれば良いのです。

【PR】スポンサーリンク

simacatから一言

個人的な考えで恐縮ですが、退職代行サービスはあまり好きではありません。

会社とはいえ、人と人の信頼で繋がっていた物に対して、第3者が入って精算するからです。

確かに事情がある方もいます。

その事情によっては、退職代行サービスを使った方が、利点がある場合があります。

しかし、できれば自分で、退職に向けた動きをして頂けたらと思います。

そして「パワハラ」ですね。

パワハラについてはしっかりと記録をしましょう。

「バカ」とか「アホ」とか、完全に子供の大人が多過ぎるせいか、よく耳にします。

これらの言葉については、「暴言として受け止める」事をしっかりと相手に伝えましょう。

特に、上役の方のこうした発言の責任は会社にあります。

会社が対応を考えるべき事案なのです。

速やかに対応窓口の部署に報告をし、被害者が増えない様に対応をする事をお勧め致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました