パトロールのすすめ?!パトロールは続ける事が大切!!パトロールを情報収集に役立てましょう!!

8962 ビジネスコラム
simacat.com

パトロールのすすめ?!パトロールは続ける事が大切!!パトロールを情報収集に役立てましょう!!

聞き流し用動画(YouTube)

ビジネスコラム:パトロールのすすめ?!パトロールは続ける事が大切!!パトロールを情報収集に役立てましょう!!

はじめに

「パトロール」と言う言葉をご存知でしょうか?

言葉というよりも、行動ですね。

警察官が街を巡回して、「犯罪がおきていないか?」を確認をする事です。

そして、「パトロール」は、警察官だけがおこなう行為ではありません。

普通の人でも、パトロールをおこなう事はできます。

この場合、目的は「犯罪がおきていないか?」の場合もございますが、そうでない場合でも「パトロール」となります。

では、どのような事が「パトロールとなるのか?」「パトロールは何の役に立つのか?」「パトロールの注意点」について触れたいと思います。

パトロールとは

「パトロール」とは、「巡回する事」で、「主に警察官が犯罪行為の早期発見の為に行うもの」で、「警ら活動」とも言われています。

この「パトロール」の結果、安全な街となり、市民は安心して、生活を送る事ができます。

この「警ら活動」から、町内会などがボランティアで、近所を見回る活動も、「パトロール」と呼ばれています。

「パトロール」は、警察官や警備員などの職業の人だけでなく、一般の人も行う事ができます。

パトロールを生活に取り入れる

「パトロール」は「巡回する」という意味なのですが、他にも「見回る」「観察する」「様子を見る」などの意味が含まれています。

そして、「パトロール」は「決められた範囲内での行動」となります。

「決められた範囲」を巡回して、「安心の確認」「安全の確保」やをおこなっています。

そして、この「決められた範囲を巡回する行動」は、生活の中でも役立つ行動となります。

もちろん、自分自身で「安心の確認」「安全の確保」は必要です。

その他にも、「自分の周りの状況の確認」や「自分に有益な情報の収集」などにも、「パトロール」は役立つ活動となります。

基本的に「パトロール」は、「決められた時間」に「決められたルート」を「見回り」、そして、それを繰り返しおこないます。

定期的に、同じ場所を見回る行為にて、例えば「お店をパトロールすれば、新しい物の情報や価格の情報」を収集する事ができます。

また、「自分の趣味や興味のある事柄をネットでパトロール(検索)すれば、知らなかった情報や新しい情報」を収集する事ができます。

さらに、「お仕事の現場をパトロールすれば、職場の人の状態の情報」を収集する事ができます。

しかし、「新しい情報」や「更新された情報」が、存在しない可能性もありますが、それでも「パトロール」は、おこなう必要があります。

パトロールをサボると情報が溜まってしまう

「パトロール」をしていても、「新しい情報や更新された情報」がない日が続いてしまうと、「パトロール」を止めてしまう場合があります。

そして、気がついたら日が経ってしまい、「新しい情報や更新された情報」が、「山のような数」となっている事があります。

その、「山のような数」の情報は、読む気にもなれず、見る気にもなれず、ただ「気持ちを萎えさせる物」となります。

気持ちが萎えた時、「必要のない情報」であれば良いのですが、例えば、自分のお仕事に関係するような重要な内容の場合、「気持ちが萎えていても、情報を収集する」必要があります。

ただでさえ、「気持ちが萎えている状態」ですので、集中力がなく、頭に入らないと思います。

このような状況を避ける為にも、「パトロールをする」と決めたら、続ける必要があります。

そして、「パトロールをする対象」は、「自分にとって、必要で重要な事柄に絞り込むべき」です。

「新しい情報」がなくても、「更新された情報」がなくても、「パトロールを続けられる事柄」である必要があります。

パトロールの労力は最低限とする

「パトロール」は、続ける必要があります。

しかし、続ける事は非常に「労力を使う事」となります。

したがって、「パトロール」は、「極力、労力を減らす事」が重要となります。

「労力を減らす事」は、「パトロールを続ける為の有効な手段」となります。

警察官であっても、「パトロール」を行う時は、自転車を使ったり、バイクを使ったり、車を使ったりします。

また、無線機を使い、「パトロールを、効率的におこなえるような工夫」をしています。

生活に「パトロール」を取り入れる時も同じで、「労力を減らす工夫」を取り入れるべきです。

例えば、「ネットの活用」、「有識者の協力」、「コミュニティへの参加」です。

なお、どうしても効率的におこなえない物があります。

たとえば、「人の状況の確認」など、自分で実際に見て、感じる事で、情報を収集するような物です。

この場合は、「効率」を考えるべきではありません。

「労力」は必要となりますが、「情報を収集できなくては意味がない」からとなります。

simacatより一言

お仕事で、「パトロール」は非常に重要です。

「職場の人」や「職場の状況」を見て回る事で、「自分が考えるべき事の発見」があるからです。

自分の周りだけに目をやらず、職場全体を見渡して頂ければと思います。

そして、特に「職場の管理者の人」は、「作業者の人とのコミュニケーションをとる工夫」として、「パトロール」を取り入れて頂ければと思います。

その辺をウロウロとしていても、「パトロールです!」の一言で、周りが納得してくれると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました