話しやすい人の特徴とは?!話しかけられやすい人になる為には?!

9248ビジネスコラム
simacat.com
スポンサーリンク

話しやすい人の特徴とは?!話しかけられやすい人になる為には?!

聞き流し用動画(YouTube)

はじめに

コミュニケーションの基本は、「相手を受け入れる事ができるか?」「相手を受け入れる姿勢ができているか?」となります。

「相手を受け入れる事ができない」なら、それ以上のコミュニケーションは難しくなります。

「相手を受け入れる姿勢ができていない」なら、コミュニケーション以前に、話しかけられる事はありません。

したがって、「相手を受け入れる事」「相手を受け入れる姿勢である事」が「理想」となり、それが「話しやすい人」「話しかけられやすい人」の特徴となります。

ただ、あくまでも「理想」です。

「完璧に話しやすい人」になってしまうと、どうしても「自分の時間を削られる事」となります。

したがって、「理想」は理想として、特徴を知り、場面ごとに特徴を小出しにできる事が、「自分にとって、都合が良い状態」となります。

まずは、「そうなる事」を考えるよりも、「そんな人の事」を考えるようにして下さい。

話しやすい人の特徴

「話しやすい人の特徴」は、お話しをしてきた人に対して、「興味を持ってくれる人」となります。

当たり前ですが、「お話しを聞かない人」「否定をする人」に対しては、誰でも「苦痛」を感じます。

「苦痛」を感じるなら、お話しをする必要はありません。

また、「苦痛を与えなければ、話しやすいのか?」となりますが、それも違います。

例えば、自分が「話しをしやすい」と感じる人はどのような人でしょう?

当然、「苦痛を感じる人」では、ありません。

また、「何も感じない人」でもありません。

特殊な人を除けば、「話しやすい人」とは、「自分自身が楽しいと感じる人」となります。

「話しを聞いてくれる」「感情を表してくれる」「共感をしてくれる」など、「自分は受け入れられている」と感じた時、「楽しい」と感じます。

この「楽しい」と感じさせる事が、「話しやすい人の特徴」となります。

「自分には難しい」と思った人は、まず「姿勢や表情」など、「外見を工夫する事」から始めてください。

急に変わる事はできませんし、急に変わってしまったら、逆に何を考えているのか分からない、「話しにくい人」となります。

徐々に、「自分と話していて、楽しい」と、感じてもらえるように、意識をするようにしてください。

話しかけられやすい人になる為に

どのように「話しやすい人」になっても、キッカケがないと、お話しをする機会は増えません。

お話しをする機会を増やす為には、「話しかけられやすい人になる事」が、近道となります。

「話しかけられやすい人になる」為には、「気軽に話しかける事ができる人」となる必要があります。

これは、「表情」「容姿」「返答」「お話しへの向き合い方」を考える必要があります。

はじめに「表情」ですが、常に「厳しい顔」をしている人に対して、話しかけるのは、「勇気」が必要となります。

「勇気」が必要な場合、「気軽に話しかける事」はできません。

まずは、いつでも「気軽に話しかけてもらえるように、表情を緩めておく」必要があります。

つぎに「容姿」となります。

「容姿」も重要となり、「不潔ではない事」や「奇抜ではない事」が必要となります。

そして、「返答」です。

「気軽に話しかけられた」からといって、どんな「返答でも良い」というわけではありません。

しっかりと、相手の顔をみて、「お話しを聞く準備は、できている」という事を「表情」で、表現してください。

この時、「無表情」では、「怒っている?」「邪魔している?」と相手に思われ、これが続くと、「話しかけにくい人」となってしまいます。

最後に、「お話しへの向き合い方」となります。

これは、「話しが好き」と思われる事が重要なのですが、「おしゃべりが好き」という事ではなく、会話を通して「自分も成長できる」と考え、そして、相手にも「何かを提供できるかも知れない」と考える事となります。

これは、会話に対して、「前向きに向き合う姿勢」となります。

これらの、「表情」「容姿」「返答」「お話しへの向き合い方」により、「気軽に話しかける事ができる人」となり、それが、「話しかけられやすい人」となります。

常に冷静である事

「話しやすい人」を目指す時、「話しやすい人」となった時、「常に冷静である事」が求められます。

「話しかけてくる人」には、色々な人がいます。

そして、中には、「繊細な人」もいます。

忙しい時に話しかけられた時、ちょっとした事が、「問題のある態度」となり、「話しかけにくい人」となってしまう事があります。

「やる事がいっぱいの時」「難しい問題を考えている時」など、つい、人に冷たくしてしまいがちとなります。

これは、「悪い事ではなく、仕方のない事」なのですが、それが、相手には伝わりません。

そして、この「問題のある態度をしない事」「いつでも、相手と向き合う事」は、「自分の時間を削られる事」となります。

「常に冷静である」為には、「誰に対しても、問題のある態度をしない事」、「自分の時間を削られる事」など、「自分にとって、デメリットとなる事柄」がある点を、理解しておく必要があります。

スポンサーリンク

simacatより一言

「相手を受け入れる事」「相手を受け入れる姿勢である事」で、「話しやすい人」となります。

そして、これをしなければ、「話しにくい人」となります。

「話しにくい人」「話しかけづらい人」は、「自分の時間を持つ」事ができます。

自分のやりたい事や考えに、集中する事ができます。

それでも良いのですが、自分が困った時、誰の助けも得る事ができません。

自分の為にも、「最低限の誰か」とは、常にコミュニケーションをとるようにしておき、何かが起こった時に、備えておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました