【新卒の就活】就職活動の開始から入社直前までの動きをまとめました

7010ビジネスコラム
simacat.com
スポンサーリンク

【新卒の就活】新卒の就活の開始から入社直前までの動きをまとめました

はじめに

新卒の就職活動について、過去にいくつか投稿を致しましたが、今回はその「まとめ」となります。

記事の性質上、内容の重複がありますが、予めご了承下さい。

学生として、学校に通いながら、その合間で就職活動をする機会は、人生で何度も経験する事ではありません。

そして、はじめての経験は、「いつから何をしたら良いのか?」が分からない状態だと思います。

各学校でも、就活に対するアドバイスをしいていると思いますが、学校は本来、勉強をする場所となっています。

したがって、企業の考えとの「ギャップ」が、多く存在しています。

この「ギャップ」も含め、就活の参考にして頂ければ、幸いです。

ちなみに、「サイト内検索」にて、キーワードを入力して頂ければ、過去記事の検索をする事ができます。

「就活」に関係のない事でも、「気になる事」がありましたら、検索を行って頂ければと思います。

お悩み解決のヒントになれば、幸いです。

[スポンサーリンク]

就職活動の開始時期

「いつから就職活動を行うか?」、まずは就活の開始時期についてとなります。

「いつから」を知る事により、「それまで」を有意義に過ごす事ができます。

特に、「学生」といわれている期間は非常に貴重な時間です。

少しでも、有意義な「学生時代」をお過ごし下さい。

何をしたいのかが分からない

自分は、「何をしたいのかが分からない」という人は、少なくありません。

就活を行う前に、「自分が何をしたいのか?」「自分の将来のイメージはあるか?」という質問に対して、明確な回答がないと、どの企業にアプローチをすれば良いのか、分かりません。

とはいえ、「何をしたいのかが分からない」と悩み、それが「就職活動を遅らせてしまう結果」となる事は避けるべきです。

「何をしたいのかが分からない」なら、とりあえず就職をして、お仕事をしながら考えても良いのではないでしょうか?

会社説明会

「会社説明会」は、その企業を知る初めての機会です。

例えば、就活イベントなどでは、様々な企業が出展をしていて、多くの企業のお話しを聞くことができます。

しかし、そこで分かるのは、「企業の名前」と「おおまかな、お仕事の内容」くらいとなります。

少ない情報ですが、「自分が、その企業で働くイメージ」を想像します。

これは、就活イベントに関わらず、ネットなどで情報を収集した時でも、「自分が、その企業で働くイメージ」を想像するでしょう。

そして、その「イメージ」が悪い物でなければ、もう少し、その「企業の情報」を収集する為に、「会社説明会」への参加となります。

「会社説明会」は、「企業の詳細情報」を聞く機会となります

その企業で働くにあたり、「待遇」「環境」「作業」を確認する事ができます。

この確認により、「自分が、その企業で働くイメージ」がより、具体的なとなります。

エントリーシート

「会社説明会」に参加する際、「エントリーシート」の提出を希望する企業が、ほとんどとなります。

「エントリーシート」は、自分が就職を希望する企業に、自分をアピールする為の書類となります。

自分の経歴については、「履歴書」があります。

「エントリーシート」は、「履歴書」では、理解できない部分を企業が確認する為の書類となります。

従って、企業により質問の内容に違いがありますが、どの様な質問にも、回答ができるように、準備をする必要があります。

就職活動が行えない

社会の様々な状況により、「就職活動が行えない」場合があります。

正しくは、「今まで、行われていた形での就職活動が、行えない」となります。

最近では、「ネットによる就職活動」という、新しい形が生まれました。

この「ネットによる就職活動」では、「企業の雰囲気を知る事ができない」など、「不安」な部分もあるようですが、企業の募集する方法が、そのようになっている以上、その方法に従うしかありません。

もし、「不安」が大きいようでしたら、無理を承知で「見学のお願い」をするのも良いと思います。

また、「会社の周りを散歩」するのも良いと思います。

そのような行動は、「企業側」に前向きな印象を与えます。

内定の辞退

権利として、「内定の辞退」は認められています。

就職活動にて、企業の選考に合格をすると、「内定」を頂きます。

「内定」を頂くと、あとは、実際に働き始めるのを待つだけとなります。

しかし、その間に「他にやりたい事が見つかった」「他の企業に魅力を感じた」など、「内定」を頂いた企業に対して、「内定の辞退」をしなくてはいけない場合があります。

この時、「オワハラ」などのハラスメント行為に注意をしてください。

企業側の視点

就職活動を「企業側の視点」で考えてみましょう。

就職活動では、「自分の苦労」しか、見えなくなります。

しかし、企業側も苦労をしています。

「企業側の苦労」を知る事より、就職活動が「両者にとって良い活動」となるように考えて、行動をしてください。

「たくさん、内定をもらう」事は、選択肢が広がる事を意味しています。

これは、間違っている事ではありません。

ただ、一つの企業を選ぶ事は、「お断りをする企業がある」という事です。

「お断りをする企業」に対しては、しっかりと誠意を持って対応をする事が重要となります。

入社までの時間

あとは「入社日」を待つだけとなった、「入社までの時間をどのように過ごすか?」となります。

「入社日」を待つだけとなった時、「バイト」や「旅行」など、「残り少ない学生時代を満喫したい」気持ちとなります。

お仕事をはじめると、まとまったお休みは取りづらくなりますし、友人と過ごす時間も減ってしまいます。

「貴重な時間」となるのは確かですが、これから「社会人」になる事を忘れてはいけません。

「入社までの時間」は、「社会人としての生活」や「社会人としての考え方」を意識して、生活をしてください。

心の準備を「するか、しないか」は、実際にお仕事が始まってから、辛さに違いが出てきます。

スポンサーリンク

simacatより一言

「新卒の就活」は、初めての事だらけで、戸惑うことも多いと思います。

戸惑うことで新しい発見があれば、それは貴重な体験となります。

迷って悩んでもよいので、自分の夢や希望を叶えられる事をお祈りしております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました