デジタルから離れたい日もある?!デジタル断捨離をして普段からシンプルに暮らそう!!

【PR】スポンサーリンク
5944ビジネスコラム
simacat.com
【PR】スポンサーリンク

デジタルから離れたい日もある?!デジタル断捨離をして普段からシンプルに暮らそう!!

はじめに

片付けを怠っていると、いつの間にか物は溜まっていきます。

そして、溜まってしまった物は、何が必要なのか、何が不要なのか、分からない状態となります。

そして、重要な物を捨ててしまったり、不要な物を大事に残していたりと、混乱した状態となってしまいます。

そして、それが怖いから、「片付けを行わない」「捨てない」事が最善策となり、混沌とした空間が生まれてしまいます。

そして、これはデジタルの世界でも同じ事が言えます。

サイトやSNSの会員情報、メール、ゲーム、様々なデジタル資産をお持ちとおもいますが、デジタルの世界は実体がないので、さらに「片付けない」「捨てない」物が多くなります。

本来はデジタルの世界も、必要最低限の情報さえあれば良く、不要な情報は邪魔な情報なのです。

デジタルの世界を整理する事により、平日は自分が必要な情報を確実に得て、休日はデジタルと離れ、目や心をリフレッシュする事もできます。

一定の期間を設けて、時間を作り、デジタル断捨離する事をお勧めします。

連絡先の整理

「連絡先」は、なかなか整理しずらい物です。

そして、現在は「連絡先」の情報は、クラウドサービスなどを利用されている方が多いのではないでしょうか?

クラウドサービスを利用する事により、万が一、端末の紛失や壊れた場合でも、別の端末にて復元する事が可能となります。

非常に便利な機能となります。

しかし、「連絡先」は、その時々で連絡をする必要がある人や、着信を受けたくない人を登録しておくと思いますが、整理をしないと「連絡先」の情報は、増える一方となります。

溜まってしまった「連絡先」の中には、同じ登録名で複数件が登録されていたりと、混乱をする場合もあります。

なるべく、「現在関係のある人」や「現在でも関係を保ちたい人」に絞り込むべきです。

会員情報の整理

webサイトやSNSの会員登録をされる時、自分がどのサイトに、どの様なユーザーIDとパスワードで登録をしたのか、記録をしている方は少ないと思います。

一度、会員登録を行うと、スマホやパソコンの機能で、自動的にログインができてしまうので、記録を残しておかないと、自分がどのサイトの会員なのか、ユーザーIDやパスワードなど含め、日が経つにつれ忘れてしまうでしょう。

特に通販サイトなどは、クレジットカードや個人情報の登録もされている場合が多くあります。

通販サイトから請求が発生した場合、自分が購入した物なのかを確認する必要があります。

いざ、確認をしようとした時、通販サイトのIDとパスワードを忘れてしまった場合、確認に時間がかかってしまいます。

もし、クレジットカードが不正利用されていた場合、それだけ被害が膨らんでしまいます。

もちろん、不安を感じた時点で、「クレジットカードを一時利用停止」とする事は、最善の策ですが、クレジットカードの利用停止は、自分も利用する事ができない事となります。

通販サイトのIDとパスワードが分かれば、購入履歴を確認し、通販サイトとクレジット会社に連絡をすれば、その取引だけが停止となるだけです。

この様に考えると、IDとパスワードを「忘れた」だけで、手間がかかる場面があります。

面倒だとは思いますが、一覧表を作成し、会員登録を行う際は一覧表を更新しましょう。

また、一覧表を定期的に見直して(棚卸し)、利用していないサイトやSNSは退会する様にしましょう。

特にクレジットカードの情報など、お金や個人情報を登録しているサイトの扱いには十分に気を配る必要があります。

メールの整理

「メールの整理」ですが、メールには2種類あります。

メーリングリストなどによるメールと、過去に保存やアーカイブをしたメールです。

メーリングリストなどのメールについては、興味がなくなった時点でメーリングから除外して頂く手続きをしましょう。

この作業を怠っていると、いつまでも不必要なメールが送られ、「ただメールをゴミ箱に捨てる」という煩わしい作業が残ってしまいます。

最近は、メールの振り分けの設定をする事もできますが、ほとんどはメールアプリの機能で振り分けを行っています。

メールアプリでメールを受信をして、メールフォルダの振り分けを行っているので、データ通信は発生しています。

出先などで、通信制限に不安がある場合などもありますので、やはり根本的にメールの送信を止めてもらう方が良いでしょう。

そして、過去に保存やアーカイブをしたメールですが、その時点では必要だったメールですが、現在では不要となっている可能性があります。

こちらも定期的に見直しを行い、不要なメールは削除するようにしましょう。

メールは読む物です。

したがって、なるべく「読む作業を減らす努力」をする事が、整理への第一歩となります。

ゲームや写真・動画の整理

スマホのアプリで、ゲームをされる方は多いと思います。

しかし、ゲームはスマホのメモリの領域を必要とします。

遊ばなくなったゲームを削除する事で、新しいゲームや写真、動画を保存する事ができます。

したがって、「この期間、遊ばなかったゲームは削除する」事とし、3ヶ月でも半年でも良いので、期間を決めてしまいしょう。

また、写真や動画ですが、良かれ悪かれ、色々な思い出が詰まっていると思います。

これらについてはパソコンやwebサービスを利用して、昔の物はスマホから抜き出してしまいましょう。

スマホに残す写真や動画は「最近の物」や「頻繁に見る物」と決める事で、容量の開放を行う事ができます。

デジタル断捨離の先にあるもの

「デジタル断捨離」を行う事によって、スマホでもパソコンでも、必要最低限の情報しかなくなります。

その結果、今までよりも操作感が上がるでしょう。

また、webサイトのユーザーIDやパスワードの情報の一覧を作る事により、今までは「無法地帯に置き去りとなっていた自分の情報」を管理下に置く事ができます。

デジタルの世界は目に見えづらいので、「デジタル断捨離」を行う事で、なるべく情報は少なく、そして必要な情報を管理下に置く事ができるようになります。

【PR】スポンサーリンク

simacatより一言

「デジタル断捨離」の目的にしたいのが、デジタルを使わなくても良い日をどれだけ多く作れるかです。

スマホやパソコンを使われている方の殆どは、1日放置すると、取り戻すのに時間をかける事になるでしょう。

時間があれば、それでも良いのですが、忙しい時はかなり煩わしく感じるのではないでしょうか?

もちろん、無理に「デジタル断捨離」を行う必要はありません。

「デジタル断捨離」をテーマとしていますが、実は「データの整理」と言う事もテーマとなっています。

「自分の情報」については、しっかりと自分の管理下に置く心掛けて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました