正社員とそれ以外の違いとは?!正規社員が正しくて非正規社員だとダメなの??

9132ビジネスコラム
simacat.com
スポンサーリンク

正社員とそれ以外の違いとは?!正規社員が正しくて非正規社員だとダメなの??

聞き流し用動画(YouTube)

はじめに

2020年4月1日(中小企業は2021年4月1日)より、「パートタイム・有期雇用労働法」という法律が施行されました。

この法律は、「正規社員」と「非正規社員」との間の「待遇差」をなくす事が目的となっています。

「同じお仕事をするなら、同じ待遇とするべき」というのが基本的な考え方となります。

したがって、同じお仕事をしているのに待遇に差がある場合は、「違法」となります。

とはいえ、「お給料の決め方」は会社により様々となっています。

そして、「待遇差」は「お給料の違い」だけではありません。

色々な「待遇差」が存在します。

「正規社員」と「非正規社員」の違いや「待遇差」、そして、「非正規社員はダメなのか?」について触れたいと思います。

正規社員と非正規社員との待遇差

「正規社員」と「非正規社員」の「待遇差」は、大きな問題となっています。

ただでさえ、「非正規社員」は、「雇用期間に限りがある」のですが、さらに待遇差があり、これは「格差」とも呼ばれています。

「お給料の違い」は当然なのですが、その他にも「教育が受けられない」「交通費などの手当がない」「退職金がない」「福利厚生や社会保険が薄い」などなど取り上げられています。

本当に「格差」となっています。

この格差が「会社に便利に利用されるイメージ」を強い物にしています。

正規社員と非正規社員

「正規社員は正社員」と呼ばれ、「非正規社員は正社員以外」となります。

パートやアルバイトなども、この「非正規社員」に、あてはまります。

「正規社員」と「非正規社員」の違いで、もっとも大きく異なるのが、「雇用期間」となります。

「正規社員の雇用期間」は、「定年になるまで、働く意志があるなら働ける」ので、ほぼ「無期雇用」となりますが、「非正規社員の雇用期間」は、ほとんどが「有期雇用」となり、雇用期間に限りがあります。

「有期雇用」とは、「一定の期間」や「特定の現場」などとなります。

「一定の期間が過ぎた時」や「特定の現場での作業が終了した時」など、雇用が終了となります。

「非正規社員」は、企業側からすると「必要な時に雇えて、不要となったら解雇できる存在」です。

繁忙期や急な人手不足の時に、期間や場所を決めて、雇う事ができ、落ちついたら解雇できる為、「会社に便利に利用されるイメージ」となります。

しかし、企業側からすると、その逆で、「雇用しやすい存在」となります。

「正規社員」は、一度、雇用をしてしまうと、「定年となるまで雇用し続ける義務」が会社には発生する為、慎重に決める必要があります。

一方、「非正規社員」は、雇用をしても「雇用期間に限りがある」ので、そこまで慎重になる必要がありません。

少し難しい言い方となりますが、「正規社員」は「固定費」の扱いとなり、「非正規社員」は「流動費」の扱いとなります。

「固定費」は、「会社が将来に渡り、負担をし続けなくてはいけないお金が発生する存在」です。

「流動費」は、「特定の期間だけ、負担をしなくてはいけないお金が発生する存在」で、言い換えると、「負担をしなくてはいけない期間をコントロールできる」という事となります。

会社側の視点でみると、「会社が将来に渡り、負担をし続けなくてはいけないお金が発生する存在」を増やす事は、そのまま会社のリスクとなります。

「流動費」である、「非正規社員」は、会社の経営状況次第で、コントロールする事ができます。

これが、「非正規社員」が「便利に利用されるイメージ」となる原理となります。

非正規社員はダメなのでしょうか

それでは、「非正規社員はダメなのか?」という事となります。

その前に、「正規社員のメリット」について考えます。

なお、会社により規則などの違いがありますので、あくまでも「基本的な考え」としてください。

  1. 安定した収入がある
  2. 社会的に信頼を得られる
  3. 社会保険で守られる
  4. 基本的には、定年まで働ける

次は「正規社員のデメリット」です。

  1. 残業や出勤命令を断れない
  2. 仕事を選ぶ事ができない
  3. 勤務地が変わる可能性がある
  4. 仕事に対する責任が発生する

「正規社員のメリットとデメリット」でした。

それでは「非正規社員はダメなのか?」となりますが、分かりやすいように、「正規社員のメリットとデメリットと比較をします。

「正規社員のメリットとの比較」をします。

  1. 安定した収入がある→「雇用期間に限りがある為、収入の安定性には不安がある」
  2. 社会的に信頼を得られる→「雇用期間に限りがある為、社会的な信頼は低い」
  3. 社会保証で守られる→「手厚い保護は受けられない」
  4. 基本的には、定年まで働ける→「雇用期間に限りがある為、定年まで働けない」

「正規社員のデメリットとの比較」します。

  1. 残業や出勤命令を断れない→「雇用契約に記載が無ければ、断る事は可能」
  2. 仕事を選ぶ事ができない→「やりたい職種を選ぶ事が可能」
  3. 勤務地が変わる可能性がある→「希望の勤務地に絞り込む事が可能」
  4. 仕事に対する責任が発生する→「目の前の作業にのみ責任が発生する」

安定した収入や社会的な信頼度は「正規社員」の方が優れているのですが、「自分の意志を尊重する点」だけを見ると、「非正規社員がダメ」という答えにはなりません。

また、「社会保障」については、自分で「収入保障付保険」や「全国国民年金基金」などに加入をする事により、カバーする事ができます。

このように考えると、「自分がやりたい事」や「色々な経験をしてみたい」と考える人は、むしろ「非正規社員」を選択しても問題はないよに見えます。

ただし、「安定した収入がない」という事は、「大きなリスク」です。

「非正規社員」を選ぶ時は、「お金を使わない努力」を心掛けるようにして下さい。

そして、パートタイム・有期雇用労働法の施行

「パートタイム・有期雇用労働法」が施行されました。

これは、「同じお仕事なら、同じ待遇にする」という意味で捉える人が多いと思います。

本来は、そうあるべきなのかも知れませんが、「給与面の待遇差」をなくす事は、なかなか難しい部分がある為、しばらくはこのままになると思われます。

しかし、「パートタイム・有期雇用労働法」では、「待遇の差がある事や理由を明確に伝える事」が会社側に義務化されます。

「非正規社員」として働く場合であっても、お給料だけではなく、勤務時間や勤務日数などの労働条件も、確認をするように下さい。

スポンサーリンク

simacatより一言

「正規社員は安定」、「非正規社員は不安定」と思われがちですが、現在の社会情勢の中では「正規社員が安定」とも言えなくなっています。

そして、「フリーランス」という選択肢もあります。

「自分の理想」や「生活のペース」なども考えて、「自分にあった働き方」をして頂ければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました