疲れ目を放っておくとどうなるの?!最適な目の疲れの解消方法を探してみよう!!

6456ビジネスコラム
simacat.com

疲れ目を放っておくとどうなるの?!最適な目の疲れの解消方法を探してみよう!!

はじめに

お仕事でパソコンを使う人はもちろん、スマホでゲームなどをしていても「目」は酷使されています。

当たり前ですが、酷使する事で、疲れが溜まっていき、「疲れ目」となります。

「疲れ目」となったとき、「目がかすむ」「充血」など、症状として知らせてくれます。

その症状をしっかりと認識して、対処をする事で、「疲れ目」による「目の疲労の蓄積」を回避する事ができます。

しかし、その症状を無視して放置をしていると、体に影響がでてくる事があります。

「疲れ目」は現代病とも言われていますので、日々、しっかりとケアをする事が重要となります。

放置するとどうなるのか

「疲れ目」を「放置するとどうなるのか?」をご紹介致します。

「疲れ目」により、はじめに実感するのは「目のかすみ」なども含めて、「視力の低下」となるでしょう。

例えば、スマホの画面を見続けて、ふと周りを見渡すと、しっかりと見えるまでに時間がかかります。

これは、目の筋肉の運動が影響しています。

目は、遠くを見る時、「目の筋肉を緩めている状態」となります。

逆に、近くを見る時は、「目の筋肉を縮めている状態」となります。

スマホを見ている間は、近くを見ているので、「筋肉を縮めている状態」となっているのですが、急に遠くを見ると、筋肉の運動が追いつかず、まわりがハッキリと見えない状態となります。

少し時間が経つと、「目の筋肉が緩み」、徐々に周りが見える様になって行きます。

「疲れ目」を放置しておく事は、「目の筋肉の疲れを放置」する事となります。

そして、「目の筋肉の疲れを放置」する事により、「目の筋肉」が「常に縮んでいる状態で硬直」してしまいます。

これが「近眼」という症状で、「目の筋肉が常に縮んで硬直」している為、遠くの物が見なくなってしまいます。

ここまでは、大抵の方は経験していると思います。

メガネやコンタクトレンズ、レーシック手術などにより、視力回復を行っている人は珍しくありません。

しかし、それでも「疲れ目を放置し続けるとどうなるのか?」となります。

「目の筋肉の硬直」の影響により、血流が乱れてしまいます。

その血流の乱れにより、「頭痛」「肩コリ」「吐き気」などの症状が現れます。

「頭痛」」や「肩コリ」に悩まされている方も多いとは思いますが、原因として「疲れ目」も疑うべきです。

「頭痛」の解消に「頭痛薬」を飲んでも、スマホを見ては意味がありません。

「肩コリ」の解消にマッサージを受けながら、スマホを見ては意味がありません。

「疲れ目」を感じている方はもちろん、「頭痛」や「肩コリ」に悩まされている方は、お仕事からは離れた時、なるべく「遠くを見る」様に心掛けて生活をしてください。

そして、あまりにも「疲れ目」の症状が取れない時、必ず眼科の医師に診てもらいましょう。

「目」は、体の中でも重要な器官となっています。

少しの変化でも、大袈裟に考えるようにしてください。

ケア

マッサージ

「疲れ目」の時に一番気軽にできる方法となります。

「こめかめ」「みけん」「眉毛のしたのくぼみ」「頬骨の上のくぼみ」などに指を添えて、回す様に行います。

あまり力を入れず、ゆっくりと行う様にしてください。

目薬

「疲れ目」と言えば、「目薬」です。

ひんやりとした刺激で目が覚める「目薬」もあります。

しかし、「目薬」を使用する際は注意が必要となります。

それは、「量」です。

「目薬」は1滴で十分です。

「目薬」をさした時、目をつむり、1滴を目の中にまんべんなく広げる様に、眼球を上下左右にと円を描く様に動かしてください。

そして、「目薬」をさす間隔も、ある程度、時間をあけてください。

裸眼で頻繁に目が乾き、その都度、「目薬」をさしている方は、眼科医に診て頂きましょう。

「目薬」の液は、目にさしていても、「鼻涙管(ビルイカン)」といわれる場所を通って、体内に入ります。

その結果、喘息や心不全の症状を悪化させる可能性もありますし、その他の副作用がでる可能性もあります。

「目薬」は、意外に危険な薬である事を理解して、お使いください。

コンタクトレンズをご利用の方は、コンタクトレンズ専用の「目薬」を必ず使用してください。

コンタクトレンズを使用されている方は「ドライアイ」に悩まされている方が多いと思います。

「ドライアイ」があまりにも酷い方は、眼科医と相談をしてください。

目元を温める

「疲れ目」の解消に、「目元を温める」という方が多くなりました。

蒸しタオルなどで目の周りを温めると、血行が良くなり、目に酸素や栄養が行きわたると言われています。

実際にやってみると、気持ちが良く、さっぱりとした気分になります。

1日の終わりに目元を温めて、「疲れ目」を癒す事により、疲れを翌日に持ち越さない事ができます。

最近は、その様な効果を謳っている健康機器もありますので、利用してみては如何でしょうか?

simacatより一言

「疲れ目」は、通常一晩で治ると言われています。

しかし、一晩寝ても「かすみ目」が取れないとか、「見えづらい」と感じる時は、疲れが回復していない状態です。

「疲れ目」のケアを考える様にしてください。

また、あまりにも「疲れ目」がとれないという人は、眼科医に診てもらいましょう。

「視力が落ちた」「目が見えにくい」など、病気の可能性がある事を忘れない様にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました