お仕事で人よりも劣っていると感じた時どうする?!そんな時こそ学ぶべき事を見つけましょう?!

9733社会人へのアドバイス
simacat.com
スポンサーリンク

お仕事で人よりも劣っていると感じた時どうする?!そんな時こそ学ぶべき事を見つけましょう?!

聞き流し用動画(YouTube)

はじめに

お仕事をしていると、どうしても人と自分を比べてしまいます。

これは、自分でも気がつかない内に、「競争」をしているからとなり、これは「人の本能」が原因となります。

「人の本能」ですので、「競争を避けるのは難しい事」となります。

しかし、「相手に勝った」と思う事ができれば、なんの問題もありません。

むしろ、「競争」に勝てた事により、「学ぶ事」が楽しくなります。

これが、「やる気の向上」となり、「成長の速度を上げる事」となります。

では、「競争に負けた時」はどうなるのでしょう?

この時、「自分は劣っている」と感じてしまう人がいます。

「自分は劣っている」と感じた時こそ、「学ぶべき事」を見つけ、「自分の成長」につなげて頂きたいと思います。

劣っていると感じた時

「劣っていると感じた時」に考えなければいけない事があります。

それは、「次の競争」です。

「次の競争では、絶対に負けない」と思い、「学ぶ事」ができるなら、これは全く、問題はありません。

「負けた事」が、「やる気の向上」となり、「学ぶ事」が楽しくなり、「成長」につなげる事ができるからとなります。

問題となるのが、「落ち込んでしまう事」です。

この「落ち込んでしまう事」が、一時的なら良いのですが、期間が長くなればなるほど、「やる気が低下している期間」が続く事となり、「学ぶ事」から、気持ちが離れてしまいます。

そして、いつか「学ぶ事」が嫌になり、その結果、「成長」が止まる事となります。

「人の本能」が、勝手にさせる「競争」については、避ける事ができません。

しかし、「競争」に負けた時、自分の「成長」が止まってしまう事は、避ける必要があります。

したがって、「劣っている」と感じた時こそ、「次の競争」に備えて、「学ぶべき事」を見つける必要があります。

では、「学ぶべき事を見つける為には、どうすれば良いのか?」となります。

これは、「負けた時に感じる気持ち」により、2つの選択肢があります。

一つ目は「次は勝つと考える」事、二つ目は「負けた事以外の事で勝つと考える」事となります。

その時の考えで、どちらかを選び、「学ぶべき事」を見つけてください。

「学ぶべき事」を知れば、それが「学ぶ事に対する動機」となります。

「当たり前の事」と思う人もいると思いますが、「劣っている」と感じた時、通常の考え方ができなくなります。

「劣っている」と感じ、「落ち込んでしまう事」は、時間の無駄です。

その事について深く考えず、「学ぶべき事」を見つける行動をとるように心掛けてください。

次は勝つと考える

負けた事について、「次は勝つ」と考える場合は、「振り返り」を行い、「学ぶべき事」を見つける必要があります。

はじめに、「負けたと思った事は、どのような部分だったのか?」となります。

これは、「自分視点」で、「相手の優れていた部分」と「自分の劣っていた部分」となります。

思い当たる部分が具体的なほど、「学ぶべき事」が明確となります。

次に、「勝ち負けの判定をした人の意見」となります。

「どこが良く、どこが悪かったのか?」を客観的に知る事なります。

人の意見により、「学ぶべき事」が明確となります。

最後に、「勝った人の考え方とやり方」です。

これは、「勝った人」に直接、聞く事となります。

「競争」で、負けてしまった相手なので、聞くのは非常に苦しい事かも知れませんが、「次は勝つ」為に必要な事となります。

「勝った人」の意見は、そのまま「答え」となり、それがそのまま「学ぶべき事」となります。

これらの「振り返り」により、「今まで気づかなかった事柄」や「新しい考え」があれば、それも「学ぶべき事」となります。

もし、「学ぶべき事」が見つからない場合、それは「負けた理由」が明確になっていない状態です。

そのままの状態では、なにも変化がない為、「次は勝つ」事が難しくなります。

したがって、再度、「負けた理由」について、考える必要があります。

負けた事以外の事で勝つと考える

「負けた事」が自分に不向きな場合、どうしても、「勝つ事」が難しくなります。

これでは、「自分は劣っている」と感じてしまった時、「成長」が止まってしまう事となります。

「成長」を止めない為に、「負けた事」については諦め、別に「これだけは負けない事」を一つ以上、作ってください。

これは、なんでも良いワケではなく、「お仕事に関係している事」が、必須となります。

とはいえ、「お仕事に関係している事」には、多くの事柄があります。

例えば、Excelを利用しているのであれば、「関数」や「VBA」などとなります。

お客様と頻繁にお話しをする機会があるなら、コミュニケーション能力などとなります。

「これだけは負けない」と思う事を見つけて、専門書やインターネットを活用して、「学ぶべき事」を見つけて、「勝つ事」に繋げて頂きたいと思います。

スポンサーリンク

simacatより一言

「競争」に負けた時、「腹が立つ」「悲しい」などの「感情」が生まれるかも知れません。

その感情は、「正しい感情」です。

それがバネとなり、「成長」に力を与える物となります。

しかし、感情に押し潰されそうになった時は、「次の競争」の事だけを考えてください。

そうしないと、「今後の競争」で、負け続ける事となります。

そして、「競争」で、自分が勝ったとしても、相手を傷つける行為は、絶対にしないでください。

「競争」で勝っても、そこには「学ぶべき事」が必ずあります。

言い換えると、「競争」で、勝っても、負けても、「学ぶべき事はある」という事となります。

「学ぶべき事」を与えてくれた「競争相手」に対して、常に感謝をする事を意識して頂ければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました