有給休暇は労働者の権利!!だからと言って義務を放棄してはいけない!!

【PR】スポンサーリンク
3389社会人へのアドバイス
simacat.com
【PR】スポンサーリンク

有給休暇は労働者の権利!!だからと言って義務を放棄してはいけない!!

はじめに

労働基準法にて、会社は労働者に対して(年次)有給休暇を与えなければいけないと定められています。

有給休暇を与える条件は会社により様々ですが、基本的には半年以上の勤務で10日間以上を与えられます。

しかし、職場によっては、有給休暇を取りずらい環境もあります。

働き方改革が謳われている現在、有給休暇の取得義務化が進んでおり、労働者が有給休暇を取得できない場合は会社が罰せられる為、今まで以上に有給休暇を取りやすい環境となるでしょう。

しかし、有給休暇は単なる「お休み」ではありません。

有給休暇は「労働者の権利」ですが、「労働者の義務」を果たした結果で得られる権利という事を忘れていはいけません。

有給休暇とは

(年次)有給休暇はパートタイム労働者も含み、法令上で定められている制度です。

半年以上を勤務し、その半年間の全労働日が8割以上の出勤に対して10日以上が与えられ、休んでもお給料が発生する休暇となります。

そして令和2年4月より、さらに労働基準法が改定され、有給休暇が取りやすい環境が整いつつあります。

本来、有給休暇を取得するのに理由は必要ありません。

従って、「体調が悪い」場合でも、「会社へ行きたくない」場合でも、有給休暇を取得しても良いのです。

上司や管理責任者に「休む理由」を聞かれる事がありますが、「自己都合」と回答しても良く、「自己都合なら、休みは認められない」と言われた場合は法令違反となります。

なお、「他の日にして欲しい」などの調整や交渉は法令違反とはなりません。

日本は有給休暇を100%取得する事は、良く思われない空気がありますが、日本国としては100%取得する事を推奨しています。

それほど、日本は世界に比べて有給休暇の取得率が低いのです。

労働者の義務とは

有給休暇は「労働者の権利」です。

しかし、それは「労働者の義務」を果たして、初めて得られる物なのです。

よく、「権利より義務を果たせ」と言われますが、お仕事があるから有給休暇を取得する事ができるのです。

社会に出て、間もない頃はこの意味を理解できず、「権利だけを主張」する事があります。

お仕事をしないと有給休暇は発生せず、有給休暇はお仕事をした結果で得られ事を忘れてはいけません。

有給休暇は計画して取得するべき

有給休暇は1年毎に付与されます。

そして、殆どの会社では有効期限が存在し、有給休暇の発生後の2年目(翌年いっぱい)までに取得する必要があります。

2年目(翌年いっぱい)までに取得できなかった時、会社によっては「買取り」などの制度がありますが、殆どの会社では有給休暇の未取得分は消えて無くなります。

有給休暇は「労働者の権利」ですので、取得する事問題はありませんが、「休み方」が問題を起こす事があります。

よくあるのですが、年度末に有給休暇の未取得分が消えて無くなる為、まとめて取得しようとする人がいます。

これは非常に迷惑な行為なのです。

職場の全員が、「無くなってしまう有給休暇ならば全て使って頂きたい」と思っているのですが、無計画にまとめてお休みを取られてしまうと、お仕事が回らなくなってしまいます。

従って、有給休暇を取得してから2年の間で、どの様にお休みをしていくのかをしっかりと計画をし、職場に迷惑をかけないで、取得する事が重要なのです。

体調不良に備える

有給休暇は「自分の好きな時に取得できる」お休みで、「体調不良」を理由にお休みをする時も有給休暇を使用します。

当日、何となく体調が悪い場合、有給休暇を使用してお休みをする場面があります。

有給休暇は肉体的にも精神的にも、お休みが必要な時に取得をする事ができます。

注意したいのがインフルエンザなど、爆発的に感染をする様な病気に疾患した時です。

ここ数年、秋から冬にかけてインフルエンザが流行りますが、インフルエンザに疾患すると感染防止の為、数日間の出勤が許されない会社があります。(発熱→解熱後2日間の期間)

この期間は有給休暇を使用する事となるので、病気に備える事も想定しておく必要があります。

【PR】スポンサーリンク

simacatから一言

有給休暇は自由に利用できるお休みです。

お休みをしても、お給料が出るというのも良い所です。

お仕事をしていると当たり前に感じますが、よくよく考えると不思議な制度でもあります。

この様な不思議な制度ですが、労働者の為の制度ですので、しっかりと利用しましょう。

そして、労働者は職場の仲間も同様です。

職場の仲間としっかりと調整をして、何の遠慮もなく、楽しくお休みを取得する事で、さらにお仕事に励む事ができるのです。

体調不良となった時も含めて、上手に有給休暇を利用しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました