お仕事がつまらない?!ご褒美か自分の成長か?!楽しみを見つける事が対処法?!

11163社会人へのアドバイス
simacat.com
スポンサーリンク

お仕事がつまらない?!ご褒美か自分の成長か?!楽しみを見つける事が対処法?!

聞き流し用動画(YouTube)

はじめに

「お仕事がつまらない」と、思う事はないでしょうか。

その日のお仕事が終わっても、また翌日、同じようにお仕事はあります。

「なんか憂鬱だ」とか、「自分は何をしているのだろう?」などと、考えてしまう事もあります。

この考えが強くなってしまうと、「お仕事が嫌」となり、「会社が嫌」となり、「行きたくない」と、考えるようになります。

この「なんか憂鬱だ」や、「自分は何をしているのだろう?」などと考えてしまう時は、「刺激がない状態」となっています。

したがって、「刺激を受ける事」が「考えを変えるキッカケ」となります。

とはいえ、「嫌な事」で「刺激」を受けても、余計に「憂鬱」になるだけです。

よって、できるだけ「自分にとって良い刺激を受ける事」が、理想となります。

そして、この「自分にとって良い刺激を受ける事」は、自分にとっての「楽しみ」となります。

できれば、常に「楽しみがある状態」で、お仕事を続けて頂ければと思います。

[スポンサーリンク]

ご褒美

「楽しみ」で、一番、分かりやすいのが、「ご褒美」となります。

これは、「どこかへ行く」とか、「何かを買う」などとなります。

「お仕事をしているから、ご褒美を受け取れる」と考える事は、「目標をつくる事」となります。

そして、このような「目標」がある事が、「楽しみがある状態」となります。

なお、「ご褒美」には落とし穴があります。

それは、「お仕事の収入以上のお金をかけてしまう可能性」です。

「お仕事の収入以上のお金をかけてしまう事」は、「借金を作る事」となります。

そうすると、「借金を返す事が目標」となってしまう可能性があります。

これは、たしかに「目標」ではあるのですが、「楽しみ」ではありません。

したがって、「ご褒美」を考える時は、「ご褒美を受けとった後も、楽しみでいられる事」としてください。

「ご褒美」は「高価な物」と考えてしまいがちですが、安い物ならば、「毎日、受け取る」事ができます。

例えば、「おやつ」「夕食」「お風呂(入浴剤など)」などとなります。

これは、「プライベートの時間を豊かに過ごす事」となり、これらも「ご褒美」となります。

お仕事をするから、「ご褒美」が受け取れる。

「ご褒美」を受け取る為に、お仕事をする。

こうした「好循環」を意識する事で、「楽しみ」を感じる事ができます。

自分の成長

「自分の成長」も、「楽しみ」とする事ができます。

例えば、「昨日は知らなかった事」「昨日はできなかった事」、これらが「知れた」「できた」などは、「自分の成長」となります。

そして、「自分の成長」を「楽しい」と感じた時、さらなる「成長」を意識します。

成長した結果、楽しい。

楽しいから、成長する。

これも理想的な「好循環」となります。

この「自分の成長」を「目標」とする事は、「日々の成長」を意識する事となります。

そして「日々の成長」を「楽しい」と感じる事ができ、「明日の成長」について考えた時、「楽しみ」と感じられるようになります。

そして、この「自分の成長」には、さらに「楽しい事」が待っています。

それは、「人から認められる事」です。

この「人から認められる事」は、誰もが「気持ちが良い」と感じ、「楽しいと感じる事」です。

特に、「人が知らない事」「人ができない事」、これらを「知っている」「できる」という事は、「人から認められる大きな要素」となります。

「自分の成長」には、「自分の能力の向上」と「人から認められる事」があり、これは「楽しみが増える事」となります。

しかし、「自分の成長」にも落とし穴があります。

「自分の成長」は悪い事ではないのですが、「思うように成長できない時」があります。

例えば、お仕事が忙しくなると、「知る事」「できる事」を意識する事が難しくなります。

そうすると、「自分の成長」を実感する事ができなくなります。

これが、「お仕事のマンネリ化」となり、「お仕事がつまらない」と感じる事となります。

この為、どのように忙しい状態でも、「自分の成長には目を向ける」必要があります。

例えば、お仕事後の帰宅中に1日の振り返りを行い、「今日、知れた事やできた事を見つける」などとなります。

「知れた事」「できた事」が見つからない場合もあると思います。

その時は、「今日のお仕事の中で改善するべき点」を考えて、翌日に試す事を考えてください。

このような事が、「自分の成長に目を向ける」事となります。

なお毎日、「自分の成長に目を向ける」事を続けていると、「成長の度合い」が分からなくなります。

「成長の度合い」とは、「どれだけ自分が成長したのか?」という事です。

これを防ぐ為にも、「知れた事」「できた事」については、記録をするようにしてください。

これは「自分が知っている事」「自分ができる事」の記録で、「スキルインベントリ」となります。

そして、「いつ知れた」「いつできた」という記録を見る事で、「成長の度合い」を知る事ができます。

「成長の度合いを知る事」は、「自分の成長」について、過去を振り返る事となり、これも「楽しみ」となります。

スポンサーリンク

simacatより一言

「明日のお仕事が楽しみ」と思える事は、幸せな事だと思います。

もし、このように思い続ける事ができたら、お仕事がつまらないと思う事は、なくなると思います。

しかし、それが難しい時もあります。

そして、どうしても「明日のお仕事が楽しみ」と思う事ができず、お仕事が嫌になってしまう事もあると思います。

その時は、「他のお仕事」について、調べてみるのも良いと思います。

「他のお仕事」を知る事が、今のお仕事に良い影響を与えてくれるかも知れません。

また、「他のお仕事の方が良い」と思った場合は、転職について考えるのも良いと思います。

ただし、転職を考える時は、「辛そうな事でも、楽しみにできるのか?」を常に自分に問いかけて頂ければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました