リーダーはどの様な存在??理想のリーダーの条件と本当にいるダメリーダーの特徴!!

【PR】スポンサーリンク
989ビジネスコラム
simacat.com
【PR】スポンサーリンク

リーダーはどの様な存在??理想のリーダーの条件と本当にいるダメなリーダーの特徴!!

はじめに

職場ではその職域でメンバーをまとめるリーダーと言う方がいます。

リーダーとして役職名がなくても「あの人に聞いたら分かる」とか「あの人が頼りだから」と言われている方は自分はそのつもりがなくても周りの方がリーダーとして認めている方となります。

リーダーは必ず慕われている方とは限りません。

プライベートでは一切関わりがなくても職場では何故かメンバーが付いて来てくれます。

持って生まれて来た物かも知れませんが、できるならばスキルとして身に付けたい物です。

今回はリーダーについて投稿いたします。

今はその立場にない方も参考にして頂き、メンバーを引っ張って行く立場になって頂ければと思います。

リーダーの役割

リーダーの役割はメンバーと共に成果を出す事です。

学業で班に別れて何かを作成する際や仕事に於いて作業をする際にメンバーを引っ張って行き、良い結果を出せる様に動きます。

時には問題が発生したりするかも知れません。

その様な時でもメンバーと考えて答えを出して行く纏め役を担います。

自分勝手に何かを決めたり何かを強いる事がリーダーの役割ではなく、逆に本当の自分の気持ちを押さえてメンバーの意見に耳を傾ける様に心掛ける立場となります。

リーダーの素質

リーダーに向いている方ですが実は誰にでも素質はあります。

「人の話しを親身に聞いてくれる方」や「誰かの為に何かをしたいと考えている方」、「行動力のある方」などが、リーダーの素質があると思われがちですが、実はそうではありません。

ある作業を長い期間に渡り経験をしている方はその作業に対してのコツを掴めています。

これを経験の浅い方に伝え早期に作業に慣れさせる事ができれば立派なリーダーとなります。

素質よりも経験が大事なのです。

しかし、経験の浅い方がリーダーとなるのは難しい事なのか?と言う事となります。

それでは、リーダーとなる為に必要な事とはなんでしょう?

理想のリーダーとなる為の条件とは?

コミュニケーション

早期にリーダーを目指す為にはコミュニケーション力を磨く必要があります。

立場が下の方にも上の方にも考えを理解し発信する事です。

これは作業をお願いする上でも必要な事です。

誤った方向に進まない様にしっかりとメンバーに自分の考えを伝え、メンバーがの様に理解をしたのかを確認します。

作業を行なっている間もトラブルが発生するかも知れません。

その様な事態もメンバーが報告し易い様に近い距離を保つ必要があります。

よく誤解をされている方がいるのですが、世間話しで気の利いた事を言える方がここで言う必要なコミュニケーション力ではありません。

話題は仕事の事でも構わないのでメンバーと普通の会話ができれば良いのです。

全体を見渡す

暑い時期ですと脱水症状、寒い時期ですと風邪など体調に異変をきたす時期があります。

この様な時にメンバーを観察しておかないと症状の悪化により作業が滞ってしまう事があります。

特に風邪などは周りに感染させてしまったり、最悪、自分も含めてメンバー全員が病気に侵される危険性もあるのです。

そうならない為に、各メンバーを観察し、体調不良の度合いによっては早退をさせたり、休ませたりする判断をする必要があります。

滞ってしまった作業については、他のメンバーに作業の割り当てを行い、残ったメンバーでフォローをする計画を立てる必要があります。

自分の作業が増えてしまう事に不満を持つ人がいるかも知れません。

その様な場面では、冷静に説得をする必要がありますが、それもリーダーの素質の一つとなります。

気遣い

全体を見渡す事も気遣いの一つですが、メンバーの一人一人の事情を理解する事も気遣いです。

例えば、お子様を保育園などに預けているメンバーもいるかも知れません。

例えば、心の病気を患っているメンバーもいるかも知れません。

メンバーも人なので、それぞれの事情があります。

それを否定する様な言動や行動は、控えなくてはいけません。

逆に「活す為にはどうするべきか?」を考える様にしましょう。

本人の希望と現在の作業の状況を整理して、できる範囲の調整をする事によりメンバーのケアをします。

こうしたケアの繰り返しはメンバーの信頼にも繋がって行きます。

これが気遣いの結果となるのです。

ダメなリーダーの特徴

一人で黙々と作業

メンバーを気にせずに、黙々と自分の作業をしている方は、リーダーとは言えません。

すぐに改善をする必要があります。

メンバー同士で終わりの見えない議論となっていたり、一方的に責められている状況を目の前にした場合は仲介に入り、収拾させるのがリーダーの役割です。

言葉使いが悪い

メンバーに対して言葉使いが悪いリーダーもいます。「バカ」など平気で口にする方です。

リーダーはメンバーの力を十分に発揮させる必要がありますが、この様な罵声の中ではメンバーは怒られるのが嫌だから作業をしている奴隷気質となり100%の力を発揮してくれなくなります。

心当たりのあるリーダーは改善をすべきです。

と言いますか、これはパワーハラスメントですね。

メンバーを追い込む

作業の質問や遅延の報告をメンバーが行なった際、原因や状況を捲し立てて聞くリーダーがいます。

この様に執拗に問いただしてしまうと質問や報告をする事に対して、苦手意識が芽生えてしまいます。

リーダーの立場として状況を理解する必要がある事も理解はできますが、必ず逃げ道を残すようにしましょう。

逃げ道とは、「リーダーも悪かった」という事です。

この気持ちが有るか無いかでは、メンバーとの距離が大分変わります。

【PR】スポンサーリンク

simacatから一言

リーダーとマネージャーを勘違いされている方がいますが、リーダーは実際に現場を動かす方です。

リーダーはマネージャーに、「現場は現在どの様に動いているのか」を報告します。

この報告により、マネージャーは計画通りに動いているのかを確認し、当初の予算通りとなっているのかを確認します。

かなりざっくりと、リーダーの条件とダメなリーダーの特徴について、触れてみました。

もし、リーダーの立場なら、参考にして頂きたいと思います。

ダメなリーダーの特徴の人の下でお仕事をされている場合、リーダーの行動に疑問を持ってお仕事をしましょう。

そして、ダメなリーダの特徴に染まらない様に注意をして下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました