最近イライラしたり落ち着かなくて人と話しができない?!そんな事は忘れてしまった方が良い!!

6282ビジネスコラム
simacat.com

最近イライラしたり落ち着かなくて人と話しができない?!そんな事は忘れてしまった方が良い!!

はじめに

人は、いつも同じ状態でいる事が難しい生き物です。

その時々で、気持ちが変化する事もありますし、少し前に起こった事でも、感情が揺さぶられます。

すごく、不安定なのです。

それでも、「人前だから」とか、「必要な事だから」と、自分を押さえつけて、その場をなんとか凌いでいます。

これが、「普通の状態」です。

気持ちの赴くままに、「怒ったり」「叫んだり」「泣いたり」、本来はその方が良いのですが、それで自分の感情は伝わるかも知れませんが、考えは伝わりません。

人と話しをする為には、「イライラしても」、「落ち着かなくても」、自分を保つ必要があります。

その為には、「イライラする事も」、「落ち着かない事も」、全て忘れてしまう事が重要です。

イライラする

「イライラする」事は誰にでもある事です。

気に入らない事があったり、体調が優れなかったりして、自分の思い通りにならない時、この様な状態となります。

それでも、「自分は今、イライラしている」と理解ができれば良いのですが、その事も気付かずに、人に当たってしまう人がいます。

「イライラ」を解消せずに、そのまま放置しておくと、その状態が普通となり、怒りっぽくなったり、人当たりが悪くなったりします。

「イライラ」の原因は、病気の可能性もありますし、ストレスの可能性もあります。

病気の場合、「更年期障害を含む自律神経の不調」、「適応障害などの精神疾患」が挙げられます。

ストレスの場合は、「人との意思の疎通が上手くいかない」「自分が不利になる事が多い」などが挙げられます。

落ち着かない

「落ち着かない」状態は、何かに不安を抱いる時です。

その原因が分かれば、誰かに救いを求める事ができますし、いずれ解消もされるでしょう。

しかし、原因が分からない場合、「ただ、落ち着かない」「ただ、不安」といった状態が続く事となります。

その結果、常に「不安に立ち向かう」事を考えてしまいます。

考える事による疲れから、「集中力の散漫」「人との関わりが億劫」、「自分に対する興味がなくなる」などとなります。

そして、これは「精神疾患」への道を辿る事となってしまいます。

人と話しができない

「イライラしている」、「落ち着かない」、この様な状態では「人との話し」はできません。

仮に、話せたとしても、「理解」をするのに時間が掛かるでしょう。

「イライラ」していると、「理解」をするプロセスで、さらに「イライラ」するでしょう。

「落ち着かない」状態だと、「理解」をするまでの思考が複雑となり、余計な事まで考えてしまうでしょう。

どちらにしても、普通ではないので、「人と話しができる状態」ではないのです。

また、いくら説明をしても、「理解」をして頂けない状態というのは、「相手」も「ストレス」を溜める事となります。

その結果、「イライラ」や「落ち着かない」は、他の人へとうつっていきます。

そうして、「ストレス」により、「人と話しができない人」が増えていく事となります。

被害者を増やさない為に

「イライラ」したり、「落ち着かない」場合は、可能な限り原因を知る必要がありますが、その原因が分からないので、その状態となっていると思います。

しかし、「キッカケ」はある筈です。

では、どの様に対処をするのか?

それは「キッカケを忘れる」事です。

「イライラする事」や「落ちつかない事柄」などは、ネガティブな考えです。

その様なネガティブな考えの「キッカケ」となった事は、忘れ去ってしまった方が、自分の為にも、周りの人の為にもなります。

「考えてもストレスしか溜まらない事」

「考えても答えの出ない事」

「考えても原因が分からない事」

これらは、早々に忘れましょう。

でうしても「キッカケについて考えてしまう」場合、「歩いたり」、「走ったり」、体を動かしながら考える様にして下さい。

息が上がってくると、思考能力が低下してきます。

その結果、考える事をやめたり、別の事を考えるようになります。

「キッカケを忘れる事」は、「根本的な解決」にはなりませんが、そもそも答えが出ずに「ストレス」を溜めてしまった結果が、「イライラ」や「落ち着かない」となっています。

「人と話しができない」くらいの状態となってしまった場合、「人と話しができる様になる事」が「解決」となります。

simacatより一言

嫌いな人とお話しをしなくてはいけない時、「イライラ」と「落ち着かない」は同時にやってきます。

そして、「忘れる事」もできません。

最悪な状況です。

これは「ストレス」を溜めるしかありません。

この様に、絶対に逃げられない場面は必ずあります。

従って、忘れる事が可能であれば、早々に忘れてしまうべきです。

悪い事や嫌な事は早々に忘れ、良い事や好きな事だけを考えて、記憶に残しましょう。

悪い事や嫌な事を考えたり、記憶してしまったりするのは、「生存本能から生まれる危機意識」です。

従って、命の危険に関係する様な事であれば、大いに悩み、考えても良いでしょう。

しかし、命の危険に関係のない事ならば、考える事は無駄な事です。

それで自分を苦しめたり、まわりを苦しめる事がない様にするべきです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました