突然、不安や憂鬱な気持ちが湧いてしまう?!気のせいと思わずにちゃんとケアをしよう!!

【PR】スポンサーリンク
4914ビジネスコラム
simacat.com
【PR】スポンサーリンク

突然、不安や憂鬱な気持ちが湧いてしまう?!気のせいと思わずにちゃんとケアをしよう!!

はじめに

職場でも家でも突然、「不安や憂鬱」に襲われる事はないでしょうか?

「原因やキッカケ」が分からない為、

ケアをする事ができず、

自然に消えるのをただ待つだけという方も少なくないでしょう。

「原因やキッカケ」が分かっているなら、

「不安や憂鬱」に思う事は普通なのです。

「仕事でミスしたから、またミスをしそうで不安」

「明日の上司との面談で何を指摘されるのか憂鬱」

この様な事を一度も考えた事がない方が、問題があります。

しかし、「原因やキッカケ」が分からない「不安や憂鬱」は違います。

一番初めは「原因やキッカケ」があった筈はなのです。

それを「まぁ良いか」で済ませて過ごしてしまうと、

「不安や憂鬱」が暴走する事となります。

「不安や憂鬱」が暴走すると、

常に「不安や憂鬱」を感じ続け、

最悪は普通の生活を送れなくなってしまいます。

そうならない様に、都度、しっかりとケアをする必要があります。

まずは少しだけ生活を変えてみる

「突然の不安や憂鬱な気持ち」は

何らかの原因やキッカケがある筈なのですが、

少々ストレスが溜まっている可能性があります。

従って、ほんの少しだけ、生活に変化を加えてみましょう。

  • 早寝早起きをする
  • 入浴をする
  • 通勤経路を変える
  • デスク周りの模様替えをする
  • 朝食に乳製品を加える
  • 食事がお肉中心の場合、魚料理を食べる
  • 甘い飲み物は避ける
  • 運動をしている場合は運動の種類を変えてみる

あくまでも例えですので、

どれかを取り入れても良いですし、

他にもあれば、それを取り入れても構いません。

要は生活に無理の無い範囲で、変化を取り入れます。

もちろん、「突然、不安や憂鬱な気持ち」の

原因やキッカケが分かっていて、

それが生活に変化を加える事で解決するならば、

そちらを改善するべきです。

しかし、いきなり大きく変えない様に注意してください。

突然の大きな変化は、

ストレスを溜めてしまう事となるます。

原因やキッカケを探してみる

前にも「突然、不安や憂鬱な気持ち」を感じた経験がある場合、

「不安や憂鬱」の「原因やキッカケ」を探してみましょう。

  • どの様な種類なのか?→体?仕事?生活?
  • 何に対して感じるのか?→人?場所?物?
  • どの様に感じるのか?→怖い?苦しい?辛い?違和感?

ボンヤリで良いので「不安や憂鬱」を

感じた事を振り返りましょう。

もし、「原因やキッカケ」が分かれば、

対処をしましょう。

対処ですが、

例えば「仕事」で「人」に対して「怖い」と感じたとします。

まず「怖い」と感じる部分を深掘りしていきましょう。

「怖い」と感じるキッカケがあった筈です。

「怒られた」「冷たくされた」「意地悪された」などなど

例えるとキリがないのですが、

「怖い」と感じた事を

「人」に対して気持ちを伝えるか、

「人」を管理している人に伝えるなど、

「人」の状態を変えて頂く事で

「怖い」と感じた原因やキッカケを修正します。

これは理想の形です。

しかし、「生理的にムリ」な場合があります。

これは「怖い」と感じた

原因やキッカケを理想の形で修正しても

「不安や憂鬱」は解消されない事となります。

従って、次のフェーズの「人」を深掘りします。

「人」が変われば「怖い」と感じなくなるのか?です。

この場合、職場で移動願いを出して、

その「人」と接する機会を無くす様にすれば、

「怖い」と感じる事はなくなるでしょう。

それでも、「怖い」と感じる場合、

それは「仕事」に対して

「怖い」と感じている事となります。

お仕事を変えないと、

常に「不安や憂鬱」に襲われる事となってしまいます。

稀な事が頻繁に起こる

何の前触れもなく「不安や憂鬱に襲われる」事は

普通の状態では中々起こりません。

自分が気が付いていないだけで、

疲労や体調不良などを抱えていると思われます。

それほど、「不安や憂鬱に襲われる」事は「稀な事」なのです。

しかし、それが頻繁に起きている場合、

それは「稀な事」の時にしっかりと

ケアをしていなかったからです。

その時にケアをしていれば、

「稀な事」で済んでいたかも知れないのです。

頻繁に「不安や憂鬱に襲われる」が起きてしまう場合は、

体に異常がなくても休暇や休息をとる様にしましょう。

行ってはいけない事

「不安や憂鬱」を感じる事が多くなった時、

行ってはいけない事を挙げます。

  • 飲酒→お酒の飲み癖がついてしまい、ストレス耐性が失われる
  • 夜更かし→睡眠不足になり、余計に「不安や憂鬱」を感じる
  • おおよその不健康と言われている事→言うに及ばず

「不安や憂鬱」は怖い物なのですが、

それが「突然」襲ってくるのは尚更に恐ろしい事です。

そして、恐ろしい事に対して麻痺させてしまうのが、

これらの行動となります。

これで「不安や憂鬱」が

解消されるのであれば問題は無いのですが、

殆どが悪化をします。

これらの行動をとろう考えた時は、

心療内科を受診しましょう。

【PR】スポンサーリンク

simacatから一言

「突然、不安や憂鬱な気持ち」が湧いてしまうと、寒気を感じます。

怖いです。

そして、老若男女問わず、一度は経験をしている事でしょう。

誰でも経験をしている事なのに、

誰もが経験をさせられてしまう事。

これは人間だから仕方のない事なのかも知れません。

だから、しっかりとケアを行う必要があります。

次の「突然、不安や憂鬱な気持ち」を

乗り越えられる様に、

しっかりと成功体験を作っておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました