【新卒の就活】社会人になれて良かったこととは?!金銭的な余裕を挙げる人が多いようです?!

11104ビジネスコラム
simacat.com
スポンサーリンク

【新卒の就活】社会人になれて良かったこととは?!金銭的な余裕を挙げる人が多いようです?!

聞き流し用動画(YouTube)

はじめに

就職活動、いわゆる「就活」の目的は、「就職をする事」「社会人になる事」です。

しかし、「就職」は、「次のスタート」でもあります。

そのように考えると、先が見えず、辛くなってしまいます。

このような「辛さ」を打ち消すには、「希望を持つ事」が一番となります。

それでは、「何に希望を持つのか?」となります。

「就職」をして、「新社会人となった多くの人が感じる事」があります。

それは、「金銭的な余裕」です。

今回は、この「金銭的な余裕」について触れたいと思います。

[スポンサーリンク]

金銭的な余裕

「社会人」になると、「金銭的な余裕」を感じる人が多いようです。

「社会人」になる前までは、「親からのお小遣い」や「アルバイト代」などが、「主な収入源」でした。

それが、「就職」をして「社会人」になる事により、「今まで以上の収入が定期的に受け取れる」ようになります。

また、使用用途についても、「自分で稼いだお金だから」という発想も手伝い、基本的には「自分の自由」となります。

確かに、「お小遣い」では、変な事に使うと、減らされてしまう危険性がありました。

それでは、「アルバイトはどうなのか?」という疑問が浮かびます。

「アルバイト」も、基本的には「自分で稼いだお金」です。

しかし、どうしても「学業が優先」となる為、労働時間が短くなり、やはり専業である「社会人」との金額差は、大きくなります。

したがって、「収入が増える」「使用用途は自分の自由」という意味で、「金銭的な余裕」となります。

とはいえ、「社会人に成り立ての頃」は、出費がかさみます。

例えば、着る物やクツやカバンなど、「外で働く為の物」を購入しなくてはいけない為です。

本当の意味で落ち着くのは、「就職をしてから、半年後」くらいとなります。

この半年後は、「社会人としての生活」に、多少は慣れていると思います。

そして、「出費面」でも、落ち着く頃だと思います。

したがって、本当の意味で、「金銭的な余裕」を感じる事ができるのは、この時期となります。

逆に、この時期に気をつけたいのが、「無駄遣い」や「浪費癖」となります。

「就職」をしてから半年間、「外で働く為の物」とはいえ、買い物を続けてきました。

この買い物ですが、「手に入れる喜び」があり、これが「癖になってしまう人」がいます。

もう、「外で働く為の物」は一通り揃っているのに、「まだ足りない」「まだ欲しい」と思った時は、要注意となります。

ここで、「無駄遣い」や「浪費癖」をなおしておかないと、今後も同じ状態が続く事となります。

アドバイスとしては、「就職」をしてから半年間、「外で働く為の物に使ったお金」と「生活費」を分けて考えてください。

そして、半年後は、「2ヶ月分の生活費」のみ、すぐに利用可能なお金として、銀行に預金をしてください。

残りのお金については、「投資」をお薦めします。

とはいえ、「FXなどの為替取引」ではなく、「投資信託」がオススメとなります。

なるべく「インターネットを活用している投資信託会社」を選ぶ方が、無人の為、手数料を抑える事ができます。

最近では、専用の口座をもち、その口座での配当金、分配金や譲渡益が5年間非課税となる「NISA」と言うものがあります。

この記事の投稿時点では、「年間購入額が120万円まで」「5年間の限定」など、制限はあるのですが、「就職」をしたばかりであれば、大きな問題はないと思います。

クレジットカードを持つべきか

簡単に「クレジットカードを持つべきか」についても触れておきます。

社会人になった時、「クレジットカードを持つべきか?」と考える人がいます。

答えは「作った方が良い」となります。

「クレジットカード」を作る為には、「信用情報」を利用した、「審査」を受ける必要があります。

「信用情報」とは、「クレジットやローンの契約や申し込みに関する情報」で、「取引の事実が記録された個人情報」です。

たとえば、大学を卒業後、就職をして、ずっと同じ会社で働いて、50歳になる人がいます。

この人は今まで「クレジットカード」は作らず、利用をしてきませんでした。

しかし、会社で海外に出張する事が決まり、「クレジットカード」を作る事にしました。

「希望のクレジットカード会社」に申請をしたところ、「審査」で落とされてしまいました。

そして、その結果、「クレジットカード」を作る事ができませんでした。

20年以上、同じ会社に勤務をして、お給料もそれなりの金額となっていたにも関わらずです。

一見すると、「全く問題がない」ように見えます。

しかし、「審査」では、「信用情報全くの白紙でも、問題視される」事となります。

「なにか事情があって、今までクレジットカードを作れなかった」と判断されてしまいます。

「使い過ぎ」はいけません。

「リボ払い」なども、控えるべきです。

しかし、しっかりと管理をして、上手に利用する事が前提ならば、「クレジットカード」は作るべきです。

仮に、「審査」に落ちても、それは「就職」をして間もない為、「信用情報が白紙に近い状態が原因」と、理由もはっきりわかります。

そして、「クレジットカード」を手に入れた後は、しっかりと「使った分は払う」を続けてください。

これにより、「きれいな信用情報」を作る事ができます。

「社会人としての経歴」も大切な情報ですが、こうした「信用情報」も大事な情報として育てて頂きたいと思います。

なお、「どのクレジットカードが良いのか?」については、割愛させて頂きます。

スポンサーリンク

simacatより一言

「新社会人となった多くの人が感じる事」で、「金銭的な余裕」の次に目立つのが、「勉強しなくても良くなる」です。

しかし、これは「大きな間違い」です。

「社会人」になってからの方が、「学ぶべき事柄」は増えますし、「学ぶ期間」も長くなります。

違いといえば、「正解が一つではない事」「正しい事が答えとは限らない事」です。

したがって、「社会人」は、「正解」や「答え」を自分で考えて探す必要があります。

自分で考えて、「間違っている事」を感じて、「それは、おこなってはいけない事」と意識をする必要があります。

その為に、「社会人」は、「学び続ける事」が必要となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました