生活リズムが崩れてしまう?!生活リズムを整えるにはどうしたら良いのか??

【PR】スポンサーリンク
6586ビジネスコラム
simacat.com
【PR】スポンサーリンク

生活リズムが崩れてしまう?!生活リズムを整えるにはどうしたら良いのか??

はじめに

お仕事が朝と晩の交代制、長期連休による油断した生活、生活リズムが狂ってしまう原因は色々とあります。

生活リズムが狂ってしまうたびに、お仕事に向かう時は異常なほどの怠さを感じたり、お仕事中は睡魔に襲われたりとか、非常にストレスがかかる事となります。

お仕事に、支障が無い生活リズムとする為には、どうすれば良いのか?

狂ってしまった生活リズムを無理なく取り戻す為には、どうすれば良いのか?

なかなか難しい問題なのですが、「自分に出来る生活リズムを整える方法」を見つける事は、お仕事のストレスの軽減となります。

生活リズムが崩れる原因

はじめに「生活リズムが崩れる原因」を考えてみましょう。

お仕事が、朝と晩の交代制の場合、「日勤」と「夜勤」とに分かれます。

ほとんどの場合、「日勤」の人は「日勤のまま」、「夜勤」の人は「夜勤のまま」の方が生活のリズムは整え易い状態です。

しかし、「日勤」から「夜勤」へ、逆に「夜勤」から「日勤」へと、変更が発生した時、生活のリズムを変える必要があります。

そして、特に若い人は「日勤」から「夜勤」への変更は、苦労は無いと思います。

辛いのは、「夜勤」から「日勤」に変更となる時です。

今まで「夜勤」をしていたので、「夜は起きていて、お昼前くらいに寝る生活」を送っていたのですが、「朝に起きる生活」となります。

お仕事なので仕方がないのですが、生活リズムを整えるまでには、苦労が必要となります。

そして、良くあるのが「夜更かし」による「夜型化」です。

これは、お休みの前日や長期休暇にて、「夜更かしをしても、翌日は寝坊ができる」という発想から、ついつい、やってしまう行動となります。

この「夜型化」の生活リズムは、放っておくと、お仕事のある日にまで影響してしまいます。

昼間、お仕事をしていても、眠くて眠くて仕方がなく、「半分寝ているのはないだろうか?」という感じで、アクビばかりで、お仕事も捗らずに終業時間を迎えてしまいます。

そして、昼間に半分寝ている状態だった為か、夜は妙に元気になってしまい、その負のサイクルがずっと続いてしまいます。

生活リズムが狂った時の問題点

「生活リズムが狂った時の問題点」を考えてみます。

生活リズムとは、睡眠時間を確保する事となります。

睡眠時間を確保する事により、「脳を休ませる時間」を作る事となります。

生活リズムが狂ってしまう事により、睡眠時間の確保が難しくなり、脳の働きが鈍くなってしまう事が問題点となります。

寝ずに働ける人もいますので、必要とする睡眠時間は人それぞれです。

お仕事も健康面も支障がなく、普通に生活を送れているならば、生活リズムに囚われる必要はありません。

従って、このような人は、生活リズムが狂っても、特に問題はありませんし、そもそも、その「狂った生活リズムが整っている生活リズム」と言えます。

問題なのは、お仕事に支障がでたり、健康面で支障がでたり、生活面で支障が出る人で、「お仕事ができない」「体調を崩しやすい」「怪我や事故に遭いやすい」など、「良い事が一つもない状態」となる人です。

そして、この「良い事が一つもない状態」は、夜更かしなど「自分の欲求を叶える生活」を行う事により発生します。

「自分の欲求を叶える生活」は「ストレスの発散」なのですが、その後のお仕事や生活の場面で、「良い事が一つもない状態」となり、これは「ストレスの蓄積」となります。

どちらが良いのかは、考え方次第となりますが、「お仕事では信用・信頼の失墜」「病気や怪我は後遺症の可能性」がある事から、生活リズムが狂った状態を続ける事は、良い事ではありません。

狂ってしまった生活リズムの整え方

それでは「狂ってしまった生活リズムの整え方」のご紹介となります。

「朝型」から「夜型」への生活リズムの整え方です。

  1. 寝る前に運動をしてお風呂(シャワー)に入る。
  2. 寝る前に軽めの食事を摂る。
  3. 6時間以上は眠る。
  4. 起きたら、なるべく太陽を浴びる。
  5. 起きてから、活動を始める時はしっかりと食事をとる。
  6. 1日3食を摂る様にする。

次は「夜型」から「朝型」への生活リズムの整え方です。

  1. 朝は決められた時間に起きる(たくさん寝たい時は就寝時間で調整)
  2. 朝は太陽の光を浴びる。
  3. 眠くなったら仮眠をとる。(平日なら20分、休日なら90分。ただし15時まで)
  4. 昼間、寝過ぎたと感じた時は運動をする。(ウォーキング、ジョギング など体を疲れさせる)
  5. 夕食は就寝の3時間前に摂る。(難しい場合は夕食を消化の良い物にする)
  6. 1日3食を摂る様にする。

生活のリズムを整えるのには、色々な方法がありますが、一部を挙げています。

「夜型」にしても「昼型」にしても、大切な事は「リズムを守る事」となります。

一度、リズムが崩れてしまうと、リズムが戻るまでは辛い思いをしてしまいます。

「夜型」の人は、なるべく夕方に予定を入れ、「昼型」の人は、日中に予定を入れるようにしましょう。

なお、「夜型」は死亡リスクが上がるという研究結果が出ています。

お仕事をなどで、止むを得ない状況ならば仕方がありませんが、なるべく「昼型」で生活リズムを整える様にして下さい。

【PR】スポンサーリンク

simacatより一言

生活リズムを変える為には、ある程度の無理をする必要があります。

寝たくも無いのに寝なければいけない。

起きたく無いのに起きなければいけない。

体や頭がついていかない。

生活リズムを整える事は、それだけ大変な事となります。

したがって、生活リズムを崩さない努力をする方が、自分への負担は少なくて済みます。

無理をしない為にも、正しい生活リズムを守るように心掛けましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました