えこひいきとは?!えこひいきをされる為にはどうするか??注意をする点とはなにか??

【PR】スポンサーリンク
6574ビジネスコラム
simacat.com
【PR】スポンサーリンク

えこひいきとは?!えこひいきをされる為にはどうするか??注意をする点とはなにか??

はじめに

仕事で同僚と同じ作業をしているにも関わらず、自分は酷く怒られ、同僚は軽く怒られる程度で済んだ時、不公平を感じるでしょう。

これは、「えこひいき」と呼ばれている行為です。

しかし、よくよく考えると、自分にもそういった面はある筈です。

お気に入りのお店、お気に入りの場所、お気に入りの人。

「常になんでも平等」と考える方が、無理があります。

人には好みがあります。

嫌いという事はありませんが、気に入っている人と比べてしまうと、どうしても甘くなってしまいます。

「えこひいき」は良く無い。

平等に扱ってください。

どんなに訴えても、人の考え方や行動を、簡単に変える事はできません。

それならば、なるべく自分が「えこひいき」をされる立場を目指した方が、早いでしょう。

「えこひいき」をされる為にはどうすれば良いか?

「えこひいき」をされるようになった結果、どうなるのか?

「えこひいき」をされる為に、まずはこれらを考えてみましょう。

えこひいきとは

「えこひいき」とは、一方に肩入れをする事、一方だけを優遇する事です。

「えこひいき」は「えこ」と「ひいき」の2つの言葉で成り立っています。

「えこ(依怙)」とは、「一方のみ」という意味となります。

「贔屓(ひいき)」とは、「優遇する」「肩入れをする」という意味となります。

例えば、2人の人がいたとして、片方だけに、肩入れをする事となります。

その結果は、態度として現れます。

「えこひいき」をされる方は気をつかわれ、「えこひいき」をされなかった方は、キツく怒られるなどの「冷遇」を受ける事となります。

なぜ、「えこひいき」が存在するのかについては、「好き嫌い」はもちろん、「信頼度」があります。

「信頼度」が高い人に対しては、間違った事をしても、それほどの指摘を受ける事はありません。

これは、「この人は間違っている事を理解している」と思われるからです。

逆に、「信頼度」の低い人に対しては、「この人は間違っている事が理解できていない」と思われています。

この為、「えこひいき」が発生し、「冷遇」に繋がります。

そして、当たり前の事なのですが、現在のお仕事の場では、「好き嫌い」による「えこひいき」は御法度とされています。

「好きな人」でも「嫌いな人」でも、平等に対処をする必要があります。

えこひいきをされる為には

「えこひいきをされる為には」、どうしたら良いのか?

それは、「えこひいき」をして欲しい人に対して、「信頼度」を上げる事です。

お仕事ができる、コミュニケーション能力が高い、気が回る、など「良くできる人」は「信頼度」が高くなります。

しかし、そうでない人は「信頼度」を上げる事はできないのでしょうか?

その様な事は、ありません。

社会人として、当たり前の事を地道に行なっていく事により、「信頼度」を上げる事ができます。

例えば、「挨拶」や「お礼」はもちろん、「お仕事に対して真剣に取り組む姿勢」、「間違った時は謝罪」をし、「その間違いを今後に活かす行動をする」事となります。

そして、この様な「姿勢や行動」は、「えこひいき」をして欲しい人のみでなく、まわりの人たちの「信頼度」を上げていきます。

これにより、誰からも「えこひいき」をされる存在となる事ができます。

えこひいきの苦労と問題点

「えこひいきの苦労と問題点」を理解しておく必要があります。

「えこひいき」をされる存在となった時、間違いなくあるのが、「まわりからの反感」となります。

「なんでアイツだけ?」

「いつもアイツばかり」

この様に思われてしまった時、自分の立場は非常に厳しいものとなる可能性があります。

最悪、「まわりからの協力を得る事ができなくなる可能性」や「嫌がらせを受ける可能性」があります。

頑張って「えこひいき」をされる存在となったのに、報われない気持ちとなるかも知れません。

しかし、これは「信頼度」がまわりに浸透していない状態という事です。

孤独感や嫌がらせにめげずに、「信頼度」を上げるように活動を続けていくべきです。

そして、「えこひいきの問題点」として、もう一つあります。

それは「自分の成長」です。

「えこひいき」をされる存在は「信頼度」が高い為、お手本のように扱われてしまいます。

これは、「自分の学ぶ機会」が減ってしまう事を意味します。

「間違いの指摘」があり、「間違いを正す工夫」をし、「今後は間違わない」ようにする。

この工程には「自分の学ぶ機会」が存在します。

しかし、「間違いの指摘」が無いと、この工程が発生しません。

「えこひいき」をされる立場は、「楽」と思われがちですが、苦労や問題点が存在します。

【PR】スポンサーリンク

simacatより一言

「えこひいき」には、「許す」ものと、「厳しくする」ものがあります。

大抵の方は、「許す」方をイメージされると思います。

「厳しくする」方は、非常に辛い思いをするでしょう。

この人なら大丈夫と「信頼」があるので、「厳しさ」も尋常ではありません。

もし、「自分は厳しくされている」と思われる方は、「厳しくする」方の「えこひいき」をされているのかも知れません。

辛いと感じたら、「えこひいき」をしている人に、自分の気持ちの状態を打ち明けてください。

これで、「厳しさ」が和らぐのであれば、「えこひいき」をされていたと思いましょう。

なんの変化も無い時は、「単なる腹いせ」となりますので、ただのパワーハラスメントとなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました