複雑なお仕事は苦痛?!楽をする為にはお仕事を簡単にするしかない!!

【PR】スポンサーリンク
5539社会人へのアドバイス
simacat.com
【PR】スポンサーリンク

複雑なお仕事は苦痛?!楽をする為にはお仕事を簡単にするしかない!!

はじめに

担当したお仕事が「簡単」と思った事はないでしょうか?

「簡単なお仕事」に巡り合う事は非常に稀な事です。

もし、「簡単なお仕事」に巡り会えた時、それは以前に誰かが簡単にした物なのです。

そして、もし「複雑なお仕事」に巡り合った時、「簡単なお仕事」になる様に工夫をする必要があります。

もちろん、時間は掛かるでしょう。

しかし、諦めないで工夫を凝らしましょう。

簡単の定義

お仕事が「簡単」だと思う定義は、以下の要素があります。

  • 理解がしやすい
  • 手作業が少ない
  • 考えずにできる
  • 時間が掛からない(もしくは自動で行われる)

これらの要素により、簡単にお仕事を習得し、大きな問題を起こさない様にできます。

理解がしやすいとは

「理解がしやすい」とは、簡単な説明で「目的や結果を理解できる」事に繋がります。

短い時間でお仕事を理解する事ができ、また理解をしやすい事から「ミス」を起こす可能性も低くなります。

お仕事を短時間でマスターをする事ができる為、「新しくお仕事に就いた方も短い時間で戦力」となります。

手作業が少ない

「手作業が少ない」とは、「手や体を動かす事が少ない」事に繋がります。

実際に手や体を動かすお仕事は、時間を短縮する事に限界があります。

「手作業が少ない」と言う事は「肉体的な負担を減らす」事となります。

考えずにできる

「考えずにできる」とは、「悩む事をなくす」事に繋がります。

「悩む」事により無駄に時間がかかりますし、「悩む」事は精神的な負担でもあります。

「悩む」事を排除する事により、「時間の短縮と精神的な負担を軽減する」事となります。

時間が掛からない(もしくは自動で行われる)

「時間が掛からない(もしくは自動で行われる)」とは、「集中する時間を減らす」事に繋がります。

そのお仕事につきっきりとなってしまうと、集中力が必要となり、集中力が切れた時に「ミス」が起こりやすくなります。

「時間をかけない」事により、「集中力が切れない程度の時間でお仕事を完了する」事となります。

簡単にする為には

「簡単にする為には」、まずは「お仕事を理解する」必要があります。

お仕事の理解が不十分のまま、「簡単」にしようとすると、必要な部分が漏れてしまう事があります。

また、お仕事の前提条件や後続するお仕事も合わせて理解をしないと、前後の関係が崩れてしまう可能性があります。

「お仕事を理解する」とは、「そのお仕事の内容」はもちろん、「そのお仕事を取り巻く周りのお仕事も含めて考える」事となります。

自分の為ではなく今後の誰かの為に

お仕事を簡単にする事は「自分の為」と考えがちです。

もちろん、「簡単にする」事を考えるキッカケは「自分が楽になる為」と思う事は重要です。

しかし、そのお仕事はいつか、自分の手を離れる物と考えてください。

自分の手を離れる時、そのお仕事を他の誰かが理解をする事ができない場合は、「簡単」になってはいません。

誰でも理解ができ、すぐにお仕事に取り掛かれる様な状態が、「簡単な状態」なのです。

その為には自分だけの評価ではなく、他の誰かにも「簡単」となっているのかを評価して頂く必要があります。

お仕事に関わる人達に意見を聞いて、もっとも理解のできる形とする事で、「簡単」となります。

10年先まで考える

お仕事は時代の流れで変化する事を前提にします。

せっかく「簡単」にしたお仕事も、数年後には役に立たない物となっている可能性があります。

従って、「変化が起こる度に変更」をする様にしておく必要があります。

その為には「仕組みを説明する物」が必要です。

「仕組みを説明する物」を準備しておき、お仕事に変化がある度に「仕組みを説明する物」を変更し、「簡単」を維持し続ける必要があります。

せっかく、「簡単にしたお仕事」が元の状態に戻らない様に、しっかりと修正をして行きましょう。

【PR】スポンサーリンク

simacatから一言

「お仕事を簡単にする」仕組み作りで、つい陥ってしまうのが、「余計に複雑にしてしまう事」です。

例えば、「1から100の計算をして、合計を求める」と言う仕組みに対して、「将来、必要となるかも知れないから、1から1000までの計算で合計を出す」など、余計な事を考えてしまいがちです。

今の状態が「複雑」なので、「簡単」にしようとしている筈なのに、余計な事を加えて「さらに複雑」にしようとしてしまうのです。

「せっかく対応するのだから」とか「今後はその様な時間が取れないかも知れない」など、ご意見は様々あると思います。

もし、「余計な事」も含めても対応する時間や労力が同じならば、対応しても良いと思います。

しかし、「余計な事」をすると時間や労力が余計にかかってしまう様ならば、「無駄」と考えるべきです。

まずは現状をベースに考えて、対応し、将来の事はその時になってから考えましょう。

理由は「余計な事」はキリがないからです。

考え始めると次から次へと思い浮かびます。

その結果、対応が進まない事の方が問題です。

まずは現状を変える事を考える様にしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました