お仕事にこだわりは大切!!こだわりは成長に繋がる事を知ろう!!

【PR】スポンサーリンク
5535社会人へのアドバイス
simacat.com
【PR】スポンサーリンク

お仕事にこだわりは大切!!こだわりは成長に繋がる事を知ろう!!

はじめに

「こだわり」は大切な事ですし、「その人の個性」でもあります。

そして、多くの人に認められる事により「セールスポイント」ともなります。

しかし、それが「強過ぎる」と、「誰もが良い」と言っている事を受け入れず、新しい事を学ぶ事を取り入れる事をしません。

これは「成長を妨げる行為」です。

人は成長をしなくてはいけません。

たくさんの「良いこだわり」を持って、人として、成長に繋げていきましょう。

こだわりる理由

「こだわり」は、

「自由に考える事ができない」「気持ちが囚われる」など、

実は良い意味ではありません。

しかし、お仕事に於いては「やり方」や「成果」など、お仕事や会社への「執着」と考えられ、良い意味で使用されます。

もちろん、「悪いやり方」や「悪い成果」となるなら、正す必要がありますが、「良い評価」を受け続けている事から、「良いやり方」「良い成果」となります。

言い換えると、「良い評価」を受け続けたい為に「こだわり」はあるのです。

育てなくてはいけない

一度、「こだわり」を持ってしまうと、

「それが一番だ」と考えてしまいます。

その結果、最新の「技術」や「情報」を取り入れなくなります。

これでは、手に入れてたら最後、育てる事ができません。

本来は「良い評価」を受け続けていたい為に得た事です。

そして、「良い評価」という物は、「時代」や「環境」によって「変化」をします。

従って、同じ事を繰り返していては、いつかは「良い評価」を受けられなくなるのです。

そして、新しい事を受け入れず、「変化」がないままだと、「悪い評価」を得る事となります。

従って、「時代」や「環境」の変化によって、最新の技術や情報を取り入れ、育てていく必要があります。

自分の成長

「こだわり」を育てる事は「自分の成長」にも繋がります。

「こだわり」に「こだわらない」事は自分との戦いです。

そして、その戦いに勝つ事ができないと、「こだわり」を育てる事ができないのです。

自分と向き合い、最新の「技術」や「情報」と向き合い、良いと思う事を「こだわり」に取り入れ、常の新しい事に更新されていく状態を「こだわり」と言って良いのかは疑問に思うかも知れません。

しかし、「こだわり」は、育てていく必要があります。

「こだわり」を育てる事は、「自分の成長」にも繋がる事だからです。

必要のないこだわり

「こだわり」を持つ人は、お仕事で良い評価を得ていても、社会人として問題がある部分があります。

例えば、以下となります。

  • 協調性がない
  • 他人を見下す
  • 間違っている事を認めない
  • 否定されたら、もうやらない
  • 期限を守らない
  • 言い訳ばかりする

「こだわり」から、この様な問題を抱えてしまう人もいる様ですが、これは「こだわり」ではなく、「わがまま」です。

正さなければいけない問題です。

「こだわり」は逃げ道ではないのです。

こだわりは広まる

「こだわり」は個人が、考え、行動し、意識する物です。

しかし、多くの人に称賛された時、「こだわり」は広まっていきます。

「良いやり方」や「良い成果」の為の「こだわり」であれば、誰もが真似をしたいと思います。

多くの人が真似をしたいと思う「こだわり」を一つでも多く持つ事で、作業のお手本となる可能性もあります。

また、自分には「こだわり」を考える才能がないとお考えの方もいるでしょう。

「こだわり」を自分で考える必要はありません。

他の誰かが行っている「こだわり」を真似すれば良いのです。

それを自分の物として、アレンジをしていく事により、自分の「こだわり」となるのです。

綺麗な資料を作る事を「こだわり」にしている人がいるならば、その人が作成した資料を真似しましょう。

常に綺麗な言葉使いを「こだわり」にしている人がいるならば、その人の言葉使いを真似しましょう。

様々な「こだわり」を自分の中に取り込み、自分なりの新しい「こだわり」を作っても良いのです。

それを自分の「こだわり」して、お仕事で評価をされれば、それが周りに広まります。

良い「こだわり」が広まる事で、お仕事の効率はあがり、活気のある職場となっていくのです。

【PR】スポンサーリンク

simacatより一言

良い「こだわり」であるなら、是非磨きを掛けて頂きたいです。

周りのみんなが、良い意味で憧れる様な「こだわり」であれば、みんなが真似をします。

これは非常に良い事です。

お仕事の効率もあがりますし、仲間意識も芽生えます。

そして、問題のある「こだわり」があるのも事実です。

「怠慢」や「無気力」が広まってしまうと、職場は崩壊の危機を迎えるでしょう。

そうならない為にも、「こだわり」は「お仕事の成果に結びつく様な事」に

コメント

タイトルとURLをコピーしました