日和るとは?!自分で考えて決めることに疲れたら日和るのも悪くはない!!

7793社会人へのアドバイス
simacat.com

日和るとは?!自分で考えて決めることに疲れたら日和るのも悪くはない!!

聞き流し用動画(YouTube)

社会人へのアドバイス:日和るとは?!自分で考えて決めることに疲れたら日和るのも悪くはない!!

はじめに

お仕事を行うにあたり、「自分で考え、自分で決める」というのは、基本中の基本となっています。

これは、お仕事の結果に問題があった時、「責任の所在を明らかにする為」「問題に至った考え方を明らかにする為」、必要な事となっています。

しかし、「常に自分で考えて決める」という行動は、正直疲れます。

「常に責任がつきまとう」事から、気持ちが落ち着かず、緊張が続きます。

その結果、「余裕がなくなる」「焦る」「苛立つ」、そして最悪、「人間関係」がこじれてしまう事があります。

したがって、たまには「日和る」事も悪くはありません。

「日和る」事で、緊張をほぐし、気持ちを落ち着かせる「時間」を作る事ができます。

ただし、本当に「たまに」としてください。

「日和る」事に慣れ過ぎてしまうと、抜け出せなく恐れがあります。

日和る(ヒヨる)とは

「日和る」とは、「日和見」からきており、もともとは江戸時代頃のお天気観測でした。

江戸時代頃の海辺の近くで、「お天気を見る事、お天気を見る人」が「日和見」と呼ばれていました。

そんな「日和見」ですが、「お天気を見る」事は「周りの状況を見る」という事です。

そこから、「人間関係の形勢をみる」、そして「強い人や偉い人など」「形勢が有利な方に味方をする」という意味となりました。

そして、「日和見」が動詞化して、「日和る(ヒヨる)」となりました。

この「日和る」は、「自分の意見がない人」「強い人や偉い人に従う人」「つねに傍観している人」を刺した言葉となる為、良い意味で使われる言葉ではありません。

ちなみに、類似語には「長いものに巻かれる」「勝ち馬にのる」「様子見」などがあります。

日和るメリット

「日和るメリット」となります。

「自分で考え、自分で決める」事はしなくて良い為、「悩む必要」がなくなります。

そして、「人から言われた通りに行動する」為、何か問題が発生した時の「責任」は全て「指示をした人」が取る事となり、自分は「責任」から解放されます。

そして、「強い人や偉い人に従う」為、「強い人や偉い人から好かれる」可能性が高くなります。

お仕事の場面では、「強い人や偉い人」は「管理者や上司」となります。

「管理者や上司」から好かれると、「評価」が上がりやすくなります。

その結果、「昇進や昇格」に繋がりやすく、「昇進や昇格」をすれば、「立場」が上がり、「お給料」も上がります。

「悩まず、責任も追わないのに、待遇が良くなる」可能性が上がる事となります。

日和るデメリット

「日和るデメリット」となります。

まず、「自分では考えず、自分では決めない」事は、「思考停止」と同じ状態となります。

「思考停止」となると、「向上心」がなくなり、「成長」が鈍くなります。

そして、「成長が鈍る」と「知識力・技術力」を上げる事ができなくなります。

次に、「人の信用を失う」可能性があります。

常に「強い人や偉い人の言いなり」となっている為、「言われた事に無条件に従う」事となります。

この「言われた事について無条件に従う」という行為は、「強い人や偉い人」が、「今の状況の把握もせずに、指示した事」についても、同様に従う事となります。

そして、何か問題が発生しても、「強い人や偉い人から言われたから」などと言い訳をして、「責任転嫁」をします。

まわりの人からすると、「空気が読めない人」「考えや行動がコロコロ変わる人」「無責任な人」と見られ、そして、その行動に対して、不信感を抱かせるとなります。

不信感を抱いている人を「信用」する事はできません。

そして、「信用する事ができない人」からは、人が離れていきます。

最後に一番のデメリットとなりますが、今まで従っていた「強い人や偉い人が居なくなる」「強い人や偉い人から嫌われる」、そうなると逃げ場がなくなってしまう事となります。

それまでの行動で、「自分では考えず、自分では決めず」に「思考停止」し、「成長」もせず、まわりの人からは「信用できない人」と思われています。

この状態で、お仕事を続けて行く事は、非常に厳しくなります。

「日和る」事は、自分の将来にまで「強い人や偉い人」が影響してしまう可能性が高くなる事となります。

日和って休憩をとりましょう。

疲れている時は、「強い人や偉い人」を頼るつもりで、「日和って」休憩をとりましょう。

少々、「日和るデメリット」が大きく感じますし、「負けた感じ」がする人もいるかと思います。

しかし、自分が疲れて、普段の力を出し切る事ができない時は、素直に「強い人や偉い人」を「頼る」べきです。

もし、「頼る」という表現に抵抗があるなら、「利用する」としても良いでしょう。

「強い人や偉い人」を「利用」して、「自分では考えず、自分では決めず」、「責任転嫁」をして、その間に自分の力を「回復」させましょう。

ただし、タイムリミットは「日和るデメリットがあらわれる前まで」となります。

simacatより一言

「管理者や上司」に、「日和られる」と本当に困ります。

「管理者や上司」に、「日和られた」時は、「責任の所在」だけは明らかにして、「誰が責任を取るのか?」を明確にしてください。

最低でも、自分に「責任転嫁」される事だけは、防ぐべきです。

また、「昨日と今日で言っている事が違う」などが、ひんぱんに発生した時は、おこなった作業が無駄にならないように、作業のスピードを遅らせるべきです。

その作業の遅れも、「責任を取る人」が追う物となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました