1年前の自分と比べて成長はしているのか?!お仕事から学ぶ成長の見つけ方!!

【PR】スポンサーリンク
5439社会人へのアドバイス
simacat.com
【PR】スポンサーリンク

1年前の自分と比べて成長はしているのか?!お仕事から学ぶ成長の見つけ方!!

はじめに

社会人になると、日々勉強です。

そして、その努力を日々積み重ねていき、「成長」していきます。

しかし、「成長」は意識をしないと感じる事はできません。

そして、昨日と比較をしても、変化を感じる事はできないでしょう。

感じるとしたら、「ある作業を覚えた」くらいでしょう。

しかし、その積み重ねも「成長」なのです。

日々の振り返り

「初めて行う作業」ならば、教えられ、学び、そして身につきます。

そして、「初めての作業を行う事ができた」と思うでしょう。

しかし、お仕事は「初めて行う作業」ばかりではありません。

昨日、「初めて行った作業」は、今日から「普通に行う作業」となります。

そして、今まで教えられ、学んだ作業も、「普通に行う作業」となっています。

「普通に行う作業」として、何事もなく始めて、何事もなく終わる、毎日「同じ事の繰り返し」となります。

この「同じ事の繰り返し」を何事もなく過ごしてしまうと、お仕事に対して、鈍感となってしまいます。

鈍感とならない為には、振り返りが必要です。

「毎日の作業で、そんなに変化を感じる事ができない」と、思うかも知れません。

しかし、同じ作業であっても、違いはある筈です。

それは「違いを見つける行動」につながります。

また、本当に「同じ作業の繰り返し」ならば、その作業に疑問を抱くべきです。

「毎日、行う必要があるのか?」「他の作業に取り込む事はできないのか?」など、当たり前を疑いましょう。

疑う事で「変化をさせる行動」につながります。

毎日の振り返りで、「違いを見つける行動」と「変化をさせる行動」を身につける事ができます。

1ヶ月の振り返り

毎日の振り返りにて、「違いを見つける行動」と「変化をさせる行動」が身につきました。

「違いを見つける行動」と「変化をさせる行動」で、色々な作業について「現状での不満」を感じる筈です。

不満はいくつ挙げられたか?

不満をいくつ解消できたか?

「挙げられた不満」と「解消できた不満」で、「同じ事の繰り返し」だった作業に、どの様な影響があったのかを振り返りましょう。

「作業時間」「品質」「作業負荷」を評価基準とすると良いでしょう。

解消でき不満に対する評価の例え

作業時間

作業時間0分(作業がなくなった)=10ポイント

作業時間半分=5ポイント

作業時間変化なし=0ポイント

 

品質

品質が改善=10ポイント

品質に変化なし=0ポイント

 

作業負荷

楽になった=10ポイント

半分ほど楽になった=5ポイント

前と変わらず=0ポイント

解消できた不満に対して、「作業時間」「品質」「作業負荷」のポイントを算出して成果とします。

なお、「作業時間」「品質」「作業負荷」の一つでも0ポイントが存在する場合、元に戻す必要があるのかは検討が必要です。

この様に、1ヶ月で振り返りを行う事により、「評価をする行動」を身につける事ができます。

半年の振り返り

1ヶ月の振り返りにて、「評価をする行動」が身につきました。

「評価」から得られた情報は作業に対して「行って良かった事」「行っても良くならなかった事」が分かりました。

半年後の振り返りでは、「評価のまとめ」を行います。

半年間で「挙げられた不満」と「解消できた不満」の数を集計します。

そして、「解消できた不満」に対して、「作業時間」「品質」「作業負荷」を基準とした評価を合わせます。

評価のまとめの例え

解消できた不満の数/挙げられた不満の数

作業時間の評価

品質の評価

作業負荷の評価

「評価」をする際に忘れてしまいがちなのですが、「評価をした時点」では、問題が見えなかっただけで、まだ問題は隠れているかも知れません。

従って、「解消できた不満」については、半年後にも再度、評価をしましょう。

「同じ事の繰り返し」の作業に於いて、「変化を感じ」「不満を抱き」「不満を解消し」「評価をし」「評価をまとめる」の一連の作業を行う事により、作業を熟知する事ができます。

そして、作業を熟知している人は「管理」ができる立場となる事ができます。

従って、「作業を管理する行動」が身につきます。

1年後の振り返り

「作業を管理する行動」が身についてから、管理者の視点でお仕事をしていると思います。

各作業は相変わらず、「変化を感じ」「不満を感じ」、そんな日々を過ごしているでしょう。

そして、「不満を解消」したり、「評価」をしたり、「評価のまとめ」をしたり、同じ事を繰り返しているでしょう。

そこです。

今度は自分自身について、「変化」や「不満」を感じなくてはいけません。

そして、「不満に感じる」事は直していかなくてはいけません。

そして日々、努力をし、それが成長につながります。

もちろん、その努力に対しても、必ず「評価」を行うようにして下さい。

しっかりとした「評価」は、自分の成長を理解しやすい物としてくれます。

【PR】スポンサーリンク

simacatより一言

社会人の一年は、本当にあっという間に過ぎていきます。

1年で何を学んだのか?については自分以外、誰にも分かりません。

従って、1年間の目標や行った事は、記録に残しておきましょう。

自分の成長は、お仕事に限ったお話しではありません。

従って、趣味なども記録に残しておくと、振り返った時に面白いと感じます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました