嫌なお仕事でもやらなければいけない!!気持ちよく引き受けよう?!

【PR】スポンサーリンク
4956社会人へのアドバイス
simacat.com
【PR】スポンサーリンク

嫌なお仕事でもやらなければいけない!!気持ちよく引き受けよう?!

はじめに

「お仕事はするものです。させられる物ではありません。」

そう言って、依頼をされたお仕事を断る事ができたら、

ストレスフリーな世の中です。

しかし、そんな事をしていたら、

いつかお仕事を頂けなくなってしまいます。

従って、依頼をされたお仕事は、

なるべく引き受けるべきです。

しかし、嫌なお仕事のほとんどは

「面倒臭い」「難しい」「時間がかかる」など、

気持ち良く引き受けれる訳がありません。

しかし、引き受けるしか選択肢がない場合、

なるべく気持ち良く引き受け、

そしてお仕事に取り掛かりたいです。

嫌なお仕事でも前向きに考え、

なるべくストレスを感じない様に

お仕事を引き受けましょう。

なぜ、お仕事を依頼してくるのかを考える

「なぜ、お仕事を依頼してくるのか?」

それは「お仕事を任す事ができる」からです。

当たり前ですが、

何の知識も技術も無い人に、

お仕事を依頼する事はありません。

お仕事についての

「知識」や「技術」を持っているから「信頼」をして、

お仕事を任す事ができるのです。

そして、必ずお仕事を終わらせてくれると

「信用」もしています。

「中途半端の状態で投げ出す人」や

「いい加減な事をする人」に、

お仕事を依頼する人はいません。

最後に、お仕事を依頼する人も人間なのです。

「人間的」に接する事が難しい人には、

お仕事を任せたくはありません。

お仕事の依頼を

「前向きに引き受け」「分からない事は正直に確認をする」、

人として当たり前の事ですが、

この様な人間性に問題が無いから、

お仕事の依頼をするのです。

この様に、お仕事の依頼は、

「信用」「信頼」「人間性」の上に成り立つ物です。

お仕事を依頼される事は

「自分の知識面や技術面、そして人間性」を

認めて頂いているという事となります。

お仕事の依頼があった時、

この様に考えて頂くと、

多少の「嫌なお仕事」でも

前向きに取り組めるのではないでしょうか?

なぜ不満なのかを考える

「なぜ不満なのか」を考えてみましょう?

依頼をする人が嫌いと言うのは無しです。

依頼されたお仕事に不満がある時、

どこに不満があるのか、考えた事はあるでしょうか?

「面倒臭い」「難しい」「時間がかかる」

他にも色々とあるかと思いますが、

まずはこの3つを一つずつ、掘り下げてみましょう。

面倒臭い状況

  • 細かな作業
  • 色々な資料を見なくてはいけない
  • 単純だけど沢山ある

難しい状況

  • 一つ一つを悩む
  • 資料を調べる
  • 人に聞く

時間がかかる状況

  • 終わりが見えない

それぞれに対して、対応方法を考えて見ましょう。

細かな作業

慣れの問題もある。

細かな作業は、作業数も多くなる傾向もある。

「単純だけど沢山ある」、「一つ一つを悩む」、「終わりが見えない」にも関連する。

色々な資料を見なくてはいけない

「自分なりにまとめた資料」を作成し、直感的に調べる事ができるようにしておく。

2度目のお仕事からは、色々な資料をみる必要はなくなる。

尚、「自分なりにまとめた資料」は新しい情報が増える度に更新を行う必要がある。

単純だけど沢山ある

慣れの問題もある。

オフィスソフトで、半自動化できる物できれば、不満は解消できる。

一つ一つを悩む

「色々な資料を見なくてはいけない」と同様に「自分なりにまとめた資料」を作成する。

一度、悩んだ事は二度悩まないように工夫をする。

資料を調べる

「色々な資料を見なくてはいけない」と同様に「自分なりにまとめた資料」を作成する。

一度、調べた事は二度調べないように工夫をする。

人に聞く

「色々な資料を見なくてはいけない」と同様に「自分なりにまとめた資料」を作成する。

一度、聞いた事は二度聞かないように工夫をする。

終わりが見えない

慣れの問題もある。

一度目は経験が無い為、終わりが見えない事となるが、二度目からは終わりを知る事ができ、ペース配分も掴める。

「単純だけど沢山ある」と同様に「オフィスソフトによる半自動化できる物は行う」事により、作業時間の短縮の可能性もある。

この様に掘り下げたのですが、

初めて体験をするお仕事については

「面倒臭い」「難しい」「時間がかかる」などの

不満を感じる事が多くある様に感じます。

常に不満がある場合、

毎回の作業で「次回の事を考える行動」を

していなかった事が不満の原因と思われます。

1回、依頼のあったお仕事は

再び来る物と想定して準備をしておく事で

「不満」は減ると思われます。

断る理由を考える

お仕事はいつでも引き受けられる訳ではありません。

どうしても断らなくてはいけない時の為に

断る原因とそれに対応する、お断りの文言に触れておきます。

自分の能力不足

大変、申し訳ありません。

ご依頼のお仕事を行った経験がない為、ご依頼に添う事ができません。

どうしても対応を行う必要が御座いましたら、ご依頼の内容についてご教授頂きたいのですが、宜しいでしょうか?

他のお仕事があり、時間に余裕がない

大変、申し訳ありません。

現在、他の作業が立て込んでおりまして、すぐにご依頼を引き受ける事ができません。

「〜月〜日頃から」でしたら対応は可能となりますが、如何でしょうか?

上司の指示で対応ができない

大変、申し訳ありません。

内部の調整が取れない為にご依頼を引き受ける事ができません。

つきましては「上司の名前」にご連絡を頂き、ご調整を頂ければと思います。

ちなみに、断る時に行っていけない事と理由を挙げておきます。

人に振る

振られた人の恨みを買う。

いつか、自分も振られる立場となる

怒って断る

仕事を依頼する人の気分を害する。

人間性を疑われる。

 

常に分からないフリをする

能力を疑われる。

初めの一回は通じるが、二度目は無い。

【PR】スポンサーリンク

simacatから一言

基本的にお仕事の依頼は引き受けた方が面白いです。

自分の知らない事なら尚更です。

特にお仕事の現場で利用される「知識」は、

そのお仕事に就いていないと知る事ができません。

タダで「専門的な知識」を得る事ができるのは、

お仕事をしているからなのです。

お仕事で「専門的な知識」が身に付くのは当たり前と思わずに、

学べる事は吸収をしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました