無能と言われ怒られた?!そんな自分でも仕事を続ける事はできるのか??

【PR】スポンサーリンク
4940社会人へのアドバイス
simacat.com
【PR】スポンサーリンク

無能と言われ怒られた?!そんな自分に仕事を続ける事はできるのか??

はじめに

厳しい先輩や上司とお仕事をしていると「無能」と言われる事があります。

これは完全にパワハラ案件なのですが、口の悪い人は語彙力の低さから、どうしても言葉のチョイスが単純となってしまいます。

そもそも「万能な人間」などいません。

お仕事で、たまたま見せた能力の高い部分が「有能」とされているだけなのです。

従って、「全てにおいて有能な人間」ではないのです。

そして、「無能な人間」についても同じです。

「全てにおいて無能」である事を証明する事はできません。

たった一つの事が出来ないと「無能な人間」となるならば、「有能な人間」も「無能」となるのです。

また、会社は自社の事業内容に沿った一定の能力を認めて、従業員を雇い入れているので、「無能な人間」が存在する筈がないのです。

「そんな自分でも仕事を続ける事ができるのか?」の質問についてですが、答えは「できます」となります。

自信をなくしてしまうと考えがダメな方へと行きがちとなります。

「万能」とは?「有能」とは?「無能」とは?

落ち込んでしまう前に、それぞれを一度、整理をしてみましょう。

万能な人間などいない

「万能」とは何でしょう?

「才色兼備」でしょうか?

「頭脳明晰・容姿端麗」でしょうか?

他人から見た時に、憧れを抱く事は言うまでもありませんが、それは「万能」と一致するとは言い切れません。

多くの「有能」が集まって「万能」となるのかも知れませんが、「万能」と書かれるくらいですので、「1万個の有能」があれば、「万能」なのでしょうか?

しかし、その人が「性格が破綻している人」でも「万能」だと思い、憧れを抱けるのでしょうか?

仮に「万能」な人間がいたとしても、その全ての能力を知る事はできません。

特に、お仕事で目にする能力は、ほんの数個程度です。

その数個の能力が高いだけでは「万能」とは、かなり大袈裟な言い回しとなります。

万能と有能

今、目の前で行っているお仕事の能力が高いと、「有能」と思われます。

「有能」だとされ、お仕事を任されたり、責任のある立場となるでしょう。

もちろん「有能」を否定するつもりはありませんし、「有能」である事に越した事はありません。

しかし、その「有能」は「目の前で行っているお仕事」に限定されている事を忘れてはいけません。

「有能」と「万能」を勘違いしてしまうと、他のお仕事を行った時に、自分の能力に見合わないと「自分は無能」と思い、落ち込んでしまう原因となってしまいます。

会社は無能な人間を雇わない

自分が「無能」だと考えてしまっても、会社はそのように考えていません。

会社は能力のない人間を従業員にはしないからです。

従って、会社に雇われている以上、能力がある事が認められています。

それでも自信をなくしてしまうと、「会社に居ても良いのだろうか?」と考えてしまいます。

本来は会社も、「従業員の一人一人の能力が最大限に発揮できる仕事」に従事させたいのです。

その方がお仕事の効率も良くなりますし、従業員のやり甲斐に繋がるからです。

しかし、そこまで個々の従業員の細かな能力まで、認識する事ができないのが実態なのです。

従って、まずは「適性に一致すると思われるお仕事」に従事してもらう事となります。

今、目の前の「お仕事だけ」をさせる為に、会社が雇った訳ではないと言う事を忘れてはいけません。

全ての能力を否定されている訳ではない

「無能」と言われた時、自分の全てを否定されたと感じます。

しかし、あくまでも「目の前のお仕事の能力」について、指摘をされているだけなのです。

他のお仕事の能力は一切、考えに入っていません。

また、「何をやっても出来ない」と考えがちとなりますが、本当に全てを行っているのでしょうか?

人が考える全ての事を行うには、相応の時間が掛かります。

「全てが出来ない」と感じる前に「出来る事」を考えましょう。

新しい「自分の能力」に気付く事が出来るかも知れません。

無能と感じるなら有能にすれば良い

「無能」と口にする人はそれほど「有能」なのでしょうか?

それほど「有能」であるならば、「無能」を「有能」に出来る筈です。

それが出来ないのであれば、その部分については「無能」となります。

その様な「無能な人」の言った言葉で落ち込まないでください。

逆に、「無能な人」と哀れむべき存在なのです。

【PR】スポンサーリンク

simacatから一言

「仕事を続ける事はできるのか」と考えだすと、不安を感じ、何をやっても失敗をしてしまいます。

そして、また「無能」と言われて、落ち込んでしまうのです。

お仕事を続ける為に行わなくてはいけない事は、お仕事を辞める事ではなく、その様な言葉を使う人と距離をとる事です。

そして、可能であるなら、その様な「人を傷付ける言葉」に慣れる事です。

残念ながら、「人を傷付ける言葉」はたくさんあり、そして、その言葉を使う人もたくさんいます。

「人を傷付ける言葉」に慣れていない人は、どうしても傷付いてしまうのです。

無理のない範囲で、なるべく多くの「人を傷付ける言葉」に対する耐性を身に付けましょう。

今の社会で「無能」と言う言葉は「言葉の暴力」にあたります。

それほど、人の尊厳を傷付ける言葉です。

しかし、その言葉の重さも知らずに使用する人がいます。

お仕事なので仕方なく、お付き合いをされていると思いますが、限界もあるでしょう。

その場合、あまり悩まずに、話しができる人や公共の機関に相談をしましょう。

くれぐれも、「自分は弱い人間」と思わずに、無理はしないでください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました