もはや職業病?!専門外の人に専門用語を使ってしまう?!なるべく使わないように意識をしましょう?!

10018社会人へのアドバイス
simacat.com
スポンサーリンク

もはや職業病?!専門外の人に専門用語を使ってしまう?!なるべく使わないように意識をしましょう?!

聞き流し用動画(YouTube)

はじめに

お仕事を真面目に取り組んでいる人、そして、その期間が長い人は特に、お仕事での「専門用語」を使う機会が多いと思います。

「専門用語」と言うくらいなので、そのお仕事をしていない人など、「専門外の人」には、意味が伝わりません。

「専門用語」は、同じお仕事をしている人同士であれば、「話しを簡略化」できるので、「便利な存在」となります。

しかし、「専門外の人」にとっては、いちいち意味を確認しなくてはいけない、「厄介な存在」となります。

「厄介な存在」は、「人との距離を広げてしまう原因」となります。

したがって、お仕事の仲間以外での「専門用語の利用」は、控えるべきとなります。

専門用語とは

「専門用語」とは、「その学問や業種内で専門的に利用される言葉」となります。

おおよそ、1日8時間ほどのお仕事をほぼ毎日おこなっている為、「専門用語」は、もはや癖となっている人が、多いと思います。

この「専門用語」を利用する事により、細かな説明を省く事ができるので、「理解の浸透」「時間の短縮」などの効果があります。

同じお仕事をする仲間同士では、「専門用語は、大いに利用するべき」となります。

逆に、この「専門用語」が使えないと、「理解が浅くなる」「理解に時間がかかる」などとなり、お仕事に支障をきたす可能性があります。

したがって、お仕事を覚える時は、やり方と同時に、「専門用語」もあわせて覚える必要があります。

しかし、「専門用語」には、「難しい言葉」もあります。

なかなか覚えられずに、苦労をする人も少なくありません。

残念ながら、こればかりは、覚えるしかありません。

「その言葉、なんだっけ?」と思った時は、必ずメモをとり、意味を調べてください。

「メモを取って、調べる」と、その行為が「記憶に残す為の行動」となります。

専門外の人に専門用語を使ってしまう

「専門外の人に専門用語を使ってしまう」事は、よくある事です。

「専門用語」は、もはや癖となっているので、意識をしていないと、勝手に口から出てきてしまいます。

「専門外の人」は、その意味が理解できない為、一つ一つ「確認」をして、「説明」を受けます。

そして、この「確認」をする回数が増えると、「確認」と「説明」の繰り返しとなり、本来のお話しが、進まなくなります。

「専門外の人」からすると、「説明」ができるなら、はじめから「専門用語」は使わずに話してほしいと思い、「不快感」を感じます。

しかし、「不快感」を感じても、まだ「確認」をしているだけ良く、中には「確認」を怠る人もいます。

その結果、「意思の疎通」ができずに、間違った形でお互いが理解をして、トラブルとなる危険性もあります。

したがって、「専門外の人」には、「専門用語の利用」は、なるべく避ける必要があります。

「専門用語の利用」を避ける為には、「説明」をする為の、「代わりの言葉」が必要となります。

意外かも知れませんが、「専門用語」は理解できていても、「代わりの言葉」が見つからない人がいます。

「専門用語」を知る時は、必ず「専門外の人」に話す為の、「代わりの言葉」も知る必要があります。

この点については、「専門用語」が、なかなか覚えられなかった人は、優位となります。

「専門用語が分からなかった」とは、「専門外の人と同じ立場だった」事となります。

そして、「調べた結果」、「専門用語」を理解する事ができました。

「専門外の人」にも、この「調べた結果」の内容を伝えれば、理解をしてもらえる事となるので、これが「代わりの言葉」となります。

専門用語を使う人への対応

「専門用語」ばかりを使う人がいますが、この場合の対応についてとなります。

これは、その人との関係性により、変わります。

その場限りの関係ならば、「専門用語」に対しては、一つ一つ「説明」を求めてください。

これは、「意思の疎通」と「お互いの考えの理解」の為です。

その場限りなので、極力、「誤解を減らす」必要があります。

そして、その場限りではない場合もあります。

特に多いのが、「何かを依頼した相手」となります。

例えば、「事務所の改装」「業務のIT化」「自社に対するコンサル」などとなります。

これらは、「長い期間のお付き合い」となる事があります。

お互いの事を理解する時間もあるので、「専門用語」を使われたとしても、雰囲気で理解をする事ができます。

しかし、やはり「誤解を減らす」必要はあるので、「専門用語」については、「説明」を受けて、「理解をする」必要があります、

ただし、「説明」を受けた「専門用語」について、覚えておけば、その知識を次回から利用する事ができます。

いちいち、「説明」を聞かなくても「理解」ができるので、「理解の浸透」や「時間の短縮」となります。

自分が「専門用語」を覚える事で、お話しを円滑に進められるようになります。

スポンサーリンク

simacatより一言

世間に浸透している「専門用語」もあります。

例えば「フリーズ」や「バグってる」など、ゲームアプリが動作しなくなった時に利用される言葉となっています。

「専門用語」を使えると、カッコいいですよね。

嫌味にならない程度に、たくさん覚えて、利用してください。

ただし、「専門用語」を利用する時は、必ずその意味を「説明」できるようにしてください。

良く分からないのに、「専門用語」を使ってしまうと、「恥ずかしい思い」をする事となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました