自己管理を行う工夫??できないと諦めず、できる事から始めよう!!

3815社会人へのアドバイス
simacat.com

自己管理を行う工夫??できないと諦めず、できる事から始めよう!!

はじめに

上司や先輩から「自己管理」と言う言葉を聞くと思います。

寝坊をして遅刻をしたら「自己管理ができていない」。

風邪を引いたら「自己管理ができていない」。

何かにつけて「自己管理」と言われます。

誰でも平和な日常を送りたいと思いますが、どうしても寝坊や病気をしてしまう事があります。

これが「自己管理ができていない」と言う事なのでしょうか?

自分でも、どうしたら良いのか分からない時、できる事から「自己管理」を始めてみましょう。

自己管理とは

「自己管理」とは自分で自分を管理する事で、「健康状態」や「思考」など、自分が日常生活を「正常」に「問題なく」送れる程度に維持する事です。

お仕事の現場では、出勤日はしっかりと出勤をし、勤務中は仕事に励む事が「自己管理」の目的になっています。

お仕事に焦点を当てていますが、プライベートにおいても、自己啓発を行ったり、ストレスの発散を行なうなど、様々な事も自己管理の範疇となっています。

そして、「寝坊をして仕事に遅刻をする」「風邪を引いて仕事を休む」などは「自己管理」ができていないと言われてしまうのです。

プライベートの事までは口を出せない

「自己管理」とは、プライベートの時間も含まれています。

本来ですと、「仕事とプライベートは別」と思われがちですが、寝坊や体調不良はプライベートの状態がお仕事に影響をしています。

しかし、職場の方もプライベートの事までは口に出す事ができません。

よって「自己管理」と言う言葉が使用されます。

「自己管理」はお仕事の時間も、プライベートの時間も、含まれている非常に便利な言葉となっているのです。

自分を管理する事ができない1(体質)

「自己管理」について指摘をされる人は「遅刻」や「体調不良」が目立つのではないでしょうか。

なぜ、「遅刻」や「体調不良」となるのでしょう?

そもそも、「体質」と言う問題があります。

特に「体調不良」は「病気をお持ちの方」「体の弱い方」でしたら、日常的に起こる事です。

この場合、「自己管理の域」を超えています。

決して無理をせず、医者に行って診断書を頂き、会社に提出をして、状況を共有する必要があります。

「自己管理」とはあくまでも「自分で管理をできる範囲で、自分を管理する」事なのです。

自分を管理する事ができない2(自分を律する事ができない)

「自己管理」ができない人は、「原因が分かっている事を続けてしまう」といったイメージでしょう。

ゲームで遊び、夜更かしをして、朝、起きれずに遅刻をする。

夜遊びをしてしまい、帰りが遅くなって、朝、起きれずに遅刻をする。

お風呂に入って、髪の毛を乾かさないで寝て、風邪を引いて、体調不良となる。

数え上げるとキリがないと思います。

こうした「我慢をする事ができない点」「横着をする癖がついている点」を「自己管理にて正して欲しい」と言う事が本当の意味となります。

我慢とは

「我慢」とは「辛い事を耐え忍ぶ」という意味があります。

ゲームをしたり、夜遊びをする事が「辛い事」の様に感じますが、違います。

「ゲームをやりたいけど止める」、「夜遊びを続けたいけど止める」、こうした「止める行為」が「辛い事」なのです。

言い方を変えると、「自分の欲求を諦める」事となります。

「これをやりたい」と思う気持ちは非常に強い物です。

この強い気持ちを「仕事に影響が出るから」という理由で、諦める事が「自己管理」で求められているのです。

横着とは

「横着」とは「怠けて楽をする」という意味があります。

あと、少しの手間をかければ良いのに、それをしないのです。

普段、自分の健康維持の為の取り組みであれば、「横着」をしてはいけません。

外から家に戻った時、手洗いやうがいをすれば、風邪を引かなかったかも知れないに、行わなずに風邪を引いてしまった。

お家で少し寒くなった時、着るものを1枚羽織れば良いのに、行わずに風邪を引いてしまった。

本当に、あと少しの事で良いのに、「怠けて楽をした」ばかりに体調が悪くなってしまうのです。

そして、この「横着」は、お仕事の成果にも現れます。

「横着」の発想は「手抜き」を生みます。

具体的には初歩的なミスで「誤字脱字」「数字の間違い」「宛先の間違い」など、あと少し確認をすれば、見つけられる物ばかりなのです。

「横着」は自身の性格に依存する部分となるので、「自己管理」でしか治す事ができません。

しかし、「横着」を治す事ができれば、人間的に成長が望めます。

目標を決め、続ける事が大切

「自己管理」にて自分を管理する事は、自分の性格を変える事が含まれている為、非常に難しい事です。

よって、「いっぺんに、何もかも」を「自己管理」によって、良い方向へ変える事は不可能です。

では、どの様にするのか?ですが、地道にできる事から始めるしかありません。

具体的には「お仕事に一番、影響がある事」から始めましょう。

「遅刻」ならば、「早く寝る」や「早く起きる」事となります。

「体調不良」ならば、「生活に気を付ける」や「体力をつける」事となります。

まずは何をするのかを決めます。

そして、決めた事を続ける事を心掛けてください。

1ヶ月や2ヶ月で、変化があるとは思わないで下さい。

その様な気持ちで続ける事ができれば、「癖」になり、今後もずっと続けて行く事ができます。

そして、その行動が「自己管理」が行われている事となるのです。

simacatから一言

「自己管理」は簡単に使われる言葉ですが、非常に根の深い行動を指示されているのです。

しかし、決して自分にとって、悪い結果とはなりません。

自分が劣っている部分を良い方向に変える事ですので、「自己管理の先にある自分を信じて頂きたい」と思います。

そして、くれぐれも「自己管理」とは「自分で管理ができる範囲を管理する」事を忘れないで下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました