このお仕事は難しい?!できない時はちゃんと理由を説明する事が大事!!

【PR】スポンサーリンク
5621社会人へのアドバイス
simacat.com
【PR】スポンサーリンク

このお仕事は難しい?!できない時はちゃんと理由を説明する事が大事!!

はじめに

仕事の作業内容を忘れてしまう事は、誰にでもある事です。

問題は、同じ事を繰り返さない事だと思いますが、どうしても思い出せない事もあります。

その様な時、やり方を確認しようするのですが、「前も教えましたよね」と言う言葉の怖さから、気持ちを落ち着かせる為に無駄な時間を使ってしまいがちです。

しかし、お仕事をする上では、報告をする必要があります。

その報告では、お仕事ができなかった理由を説明しなくてはいけません。

お仕事ができない理由を説明する際は、自分の状態を整理する必要があります。

冷静に整理を行い、説明をし、理解をして頂き、今後の動きに繋げなくてはいけません。

お仕事ができない理由を考える

体調によるもの

人は、常に体調が良い状態の方が珍しいのです。

もちろん、万全の状態を保つ様に努力する事は重要ですが、自分では、どうしようもない時もあるのです。

大小に関わらず、体調不良が起こると、お仕事に対する集中力がなくなり、効率が落ちたり、作業漏れが発生したりします。

体調が悪いにも関わらず、仕事をしなくてはいけない事は、大変な労力なのです。

まずは、それを理解する事です。

「体調がどの様に悪いのか?」「どの様な症状だと集中力がなくなってしまうのか?」を自分自身で整理しましょう。

その傾向が掴めると、薬の準備などにて、回避をする事ができるかも知れません。

そして、お仕事ができなかった時の報告は、薬などにて回復に努めたものの、やはり万全な状態までは回復せず、お仕事に支障が出てしまった事を正直に説明をしましょう。

作業の内容によるもの

いくら教えて頂いたお仕事でも、自分にとって理解が難しい事はあるものです。

どうしても覚えられないと、教える人もストレスを感じますし、自分自身もストレスを感じます。

そして、申し訳ない気持ちや、焦りを感じ、更に作業を覚える事が難しくなってしまいます。

間違いも同じです。

何度も間違い、何度も同じ指摘を受ける。

それでも、覚えられない事はあるのです。

「集中力がない」と言われればそれまでなのですが、作業内容自体が複雑なのかも知れません。

複雑な作業内容を覚えるには、作業の工程や順番など、細かく分解をして、一つずつ理解をし、流れを理解した上で、整理していきましょう。

やった事をそのままメモにとっても、関連性や繋がりが分からないと、覚える事は非常に難しいのです。

「コレをした結果、アノ作業が必要なる。アノ作業が終わったらコノ作業が行える」と関連を持たせて、理解をするのです。

そして、仕事ができなかった理由として、「忘れてしまったから」の一言で終わらさず、再度、お仕事を教えて頂いた後に、お仕事の流れや関連性も確認をしましょう。

できない理由をしっかりと報告する

お仕事をする上で「報告」は義務となります。

お仕事ができなかった場合は、お仕事を依頼した人に、できない理由を説明し、問題点を明確にしなければいけません。

何故ならば、お仕事を頼んだ人にも、お仕事を終わらせる責任があるからです。

もし、お仕事を頼んだ方に問題があるならば、お仕事の頼み方を改善する必要があります。

お仕事をする方に問題がある場合は、やり方のアドバイスを頂く必要があります。

問題の切り分けを行い、問題点の解消を行うのです。

しかし、お仕事ができない明確な理由がない場合、問題の切り分けが行えない事から、問題点の解消を行う事ができません。

従って、お仕事ができなかった時は、「どうして出来なかったのか?」「何が問題だったのか?」を明確に報告する必要があるのです。

お仕事ができなかった理由は、内容によって叱責を受けるかも知れません。

しかし、いい加減な理由は、問題の先送りでしかないのです。

理解して頂けない時

仕事ができなかった理由を報告しても、理解をして頂けない時があります。

例えば体調が悪いなどの理由ですと、痛みは人それぞれですので、熱があると言っても「自分ならそれぐらいでも普通に仕事ができる」などと言われる場合があります。

また、「あの人はやり方を理解をしているのに、あなたはどうして理解ができないの?」などと言われる場合もあります。

人間的に未熟な人は、この様に思いがちなのです。

従って、この未熟な考えは、余り気にしない事が重要です。

未熟な方に、良い経験をさせていると思う様にしてください。

【PR】スポンサーリンク

simacatから一言

お仕事は色々と覚える事があります。

そして、教えて頂いた事を片っ端から、こなす事は非常にハードルの高い行いです。

とは言っても、一つ一つをゆっくりと吟味して覚えていく時間もありません。

自分なりの効率的な覚え方をする取得するしかありません。

しかし、それでもできない物はできないのです。

その様な時は、「できない理由」を考える事を忘れないで下さい。

「仕事ができない」からには、理由が必ずあるのです。

その理由を理解する事が、自分に対する学びとなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました