「無駄なお仕事はしない」その考え方はもったいない!経験を積む事は大切なこと?!

【PR】スポンサーリンク
5626社会人へのアドバイス
simacat.com
【PR】スポンサーリンク

「無駄なお仕事はしない」その考え方はもったいない!経験を積む事は大切なこと?!

はじめに

「無駄なお仕事はしない」

その様に考える人は非常に多くいらっしゃいます。

効率化、合理化、様々な理由があると思うのですが、根底にあるのは面倒臭い、億劫、その様な理由ではないでしょうか?

しかし、「無駄なお仕事」とは、どの様なお仕事なのでしょうか?

自分の役にたたないと思うお仕事は、全て「無駄なお仕事」なのでしょうか?

そのお仕事の重要性は「自分が知らないだけ」ではないでしょうか?

これらの疑問は「無駄」だと決めつけ、触れようとしないと、知る事はできません。

「無駄なお仕事」と感じても、まずはやって見る事が重要です。

そして、そのお仕事としっかり向き合い、自分なりの考え方を持つ必要があります。

その結果、「無駄なお仕事」と判断をした時、「無駄なお仕事」を無くす様に行動をする必要があります。

なぜ無駄なお仕事をしないのか?

時間の無駄

「時は金なり」と言う言葉がある様に、時間を無駄に浪費する事は避けたい事です。

時間は、どの様に頑張っても戻りませんので、この様に考えは大事だと思います。

「時間の無駄」とは、お仕事に対して「時間を浪費する事」と判断したと言う事です。

体力の無駄

お仕事をする以上、少なからず体を動かします。

本当に頑張りたい事が発生した時に、体力が消耗していると、満足に動く事ができません。

「体力の無駄」とは、「本当に頑張りたい時に備えて体力を温存しておく」と判断したと言う事です。

気力の無駄

気力は、集中力にも繋がります。

人間の集中力は、無限に続くものではありません。

一度、集中する時間が続くと、集中力が回復するまで、時間がかかります。

「気力の無駄」とは、「自分がやりたい事に対して、直ぐに集中ができる様に準備をしておく」と判断したと言う事です。

なぜ無駄なお仕事をしないのか?

それは「時間の無駄」「体力の無駄」「気力の無駄」だから。

無駄な仕事は本当に無駄なのか?

無駄だと思うだけの理由があるのか?

さて、時間と体力と気力、それぞれで無駄の判断をしましたが、その判断の基準はなんでしょう?

大抵は自分の頭の中だけで、考えられた物ではないでしょうか?

「それは本当に無駄なのか?」と誰かに聞かれた時、無駄だと言う根拠を示す事はできるのでしょうか?

「無駄な事」と思うには、過去の経験を踏まえて、どの様に「時間・体力・気力を無駄に使った」のかを説明し、共感を得る必要があります。

説明が甘かったり、共感を得られない場合は、根拠の薄い物となり、最悪は「単なるワガママ」と捉えられてしまいます。

そして、それは単に「やらない理由を探しているだけ」に過ぎず、この行為こそが「無駄」な事なのです。

経験は積む事が大事

「無駄」だと思っても、まずはやってみる事です。

もし「無駄」が見えたとしたら、その「無駄な部分をなくす」為にどうすれば良いのかを考えるのです。

「無駄」を「無駄なまま放置しておく」事が、一番の無駄なのです。

「無駄」な経験を積み、その経験から「無駄をなくす経験」を積む事に繋げて行く事が重要なのです。

無駄な仕事は本当に無駄なのか?

やらない理由を探す事こそ無駄。

「無駄」な経験を積み、「無駄をなくす経験」を積む事に繋げて行く事が重要。

ストレス耐性を鍛える

その時に「無駄」と思う事の殆どは、「面倒臭い」と言うのが正直な気持ちでしょう。

しかし、そこを乗り越えないと、経験を積む事はできません。

あまり好きではないのですが、「気合と根性」という物があります。

「無駄なお仕事」には、どうしても付き纏います。

「我慢」とか「忍耐」。

乗り越えないと、お仕事が終わりません。

その様な側面もある為、「面倒なお仕事」は、敬遠されがちとなっています。

しかし、その様な辛い事も、少しは経験をしておくべきです。

何故ならば、「ストレス耐性」を鍛える機会だからです。

「無駄なお仕事」は苦痛かもしれませんが、こうした経験を与えてくれる機会だと理解をし、前向きに取り組みましょう。

【PR】スポンサーリンク

simacatから一言

お仕事には、「面倒臭い」と思う事は沢山あります。

そして、「面倒臭い」と思う殆どの事は、「無駄なのでは?」と思ってしまいます。

それでも、お仕事には行う理由があるのです。

それならば、「何とか簡素化する事はできないか?」と考えるようにしましょう。

それは、「問題意識を常に持つ」という事です。

「無駄」な事は、多くの経験をしないと、気付く事は難しいのです。

実際、「無駄なお仕事」は、たくさんあります。

前向きに「無駄なお仕事」に立ち向かって頂き、一つでも多くの「無駄」を無くす様に努力をして頂ければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました