センスがない?!お仕事で痛感したら、最低限のセンスを磨く努力をしよう!!

【PR】スポンサーリンク
3324社会人へのアドバイス
simacat.com
【PR】スポンサーリンク

センスがない?!お仕事で痛感したら、センスを磨く努力をしよう!!

はじめに

突然ですが、「自分にはセンスがない!」と実感する事は無いでしょうか?

メモ、資料の命名、話す言葉、色々と「センス」を思い知らされる事があります。

もう少し、良いセンスを身に付けられたらと、誰でも思います。

しかし、思うだけでは何も変わりません。

「センスが無い!」と感じたら、それをキッカケにして「センスを磨く行動」に移しましょう。

センスとは

「センス」とは感覚や認識や理解となりますが、お仕事でのセンスとは「人に対して印象の良い物か否か」と言う事となります。

話す言葉の選択も「センス」ですし、作成される物にも「センス」が現れます。

「センス」とは「アウトプットをした時の状態を問われている」とご理解頂いても良いでしょう。

そして、「センスは才能」とも思われている物です。

センスがない

「自分にセンスがない」と思う時はどの様な時でしょう?

「なかなか良い考えが思い付かない時」や「自分が作った物を他人の物と比べた時」に思うのではないでしょうか。

しかし、「センスは個性の現れ」ですので自分に悲観をする必要はありません。

「なかなか良い考えが思い付かない時」は考える対象に興味がないのです。

「自分が作った物を他人の物と比べた時」は、自分が勝手に思っているだけかも知れないのです。

「自分にセンスがない」と思う事も「センスがある」と思う事も「自分の思い込み」の可能性がある事を忘れないでください。

また、お仕事の場では会話、資料、姿、物覚え、様々な場所で「センス」が問われます。

従って、全ての「センス」を「最大」に磨く必要はありません。

「最低限のセンス」で良いのです。

「最低限のセンスが無いと自覚」した時、「最低限のセンスを磨く努力」をしましょう。

センスを磨く努力

「センス」には特定の形がありません。

従って、「多くの人が良い」と考えている形が「正しい形」となります。

また、「流行り」も影響してきますので、「最新のセンス」を常に意識する必要があります。

では、どの様に「センスを磨く」のか。

それは「真似る」しかありません。

「正しい形の最新のセンスを真似る事」で、自分の考え方も影響され、変化が出てきます。

「真似る」だけで、ある程度の「センスの底上げ」はできますので、「才能」がなくても「最低限のセンス」を身に付ける事ができるのです。

従って、「自分にはセンスがない」と思った時は「自分がセンスを感じる物」ではなく、「多くの人がセンスを感じている物をリサーチし、真似る努力」をしましょう。

それが「センスを磨く事」となるのです。

お仕事のセンスは普通で良い

「センス」は「才能」なのかも知れません。

しかし、お仕事ではどの様な「才能を持った、素晴らしいセンス」でも「多くの人に認められないセンス」は「良いセンス」とは言えません。

誰にでも受け入れられ、「良い」と思われる事が必要となります。

従って、「突出しすぎているセンス」は、お仕事の場ではあまり好まれないのです。

なお、今のお仕事で「素晴らしいアイデア」が浮かんだとします。

それを形にすると「多くの人にセンスを疑われる可能性がある」とします。

その「アイデア」は不要なのでしょうか?

それは違います。

その「アイデア」が多くの人に好まれなくても、「今のお仕事に良い変化を与える可能性」があります。

その「アイデア」は、捨てずにしっかりと考え、「現在のセンス」に合わせた形で提案をしましょう。

その為に「センスを磨く」必要があるのです。

センスを磨く努力を怠ると

お仕事には、ある程度の「センス」が必要となります。

「センスの無い人」はどの様な凄い技術を持っていても、信頼をされないのです。

例えば、「その職場の誰よりも知識を持っている人」がいるとします。

その人に「その職場の誰よりも知識を持っている人」だから、資料の作成を依頼しても「センス」が無い為に、理解ができない資料が出来上がるのです。

そして、「この人は本当に誰よりも知識を持っている人なのだろうか?」と疑いが生まれ、信頼ができなくなってしまうのです。

この様にならない為にも「センスを磨く努力」を怠ってはいけないのです。

【PR】スポンサーリンク

simacatから一言

「センスを疑う」と言う言葉を聞いた事があると思います。

しかし、その「センス」も時や場所が変われば、凄い才能であったり、画期的な考えと称賛される場合もあるのです。

それだけ「センス」とは曖昧な物なのです。

そのような曖昧な物を「磨かなくてはいけない」と言うのも、雲を掴む様なお話しに思えるのですが、お仕事を行う上ではやむを得ないでしょう。

お仕事とは、常に最新の情報をキャッチして、自分に取り込み、発揮する事の連続なのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました