同じ事の繰り返しのお仕事は飽きる?!メリットもありますよ?!良い部分を見つけましょう?!

12697社会人へのアドバイス
12697
スポンサーリンク

同じ事の繰り返しのお仕事は飽きる?!メリットもありますよ?!良い部分を見つけましょう?!

聞き流し用動画(YouTube)

はじめに

毎日、同じお仕事を繰り返していると、飽きてしまいます。

そして、飽きてしまう事により集中力の維持が難しくなります。

集中力が切れている状態で起こるのが、「凡ミス」です。

「普段では、考えられないような、本当に些細なミス」を起こしてしまいます。

この「凡ミス」を繰り返さない為には、根本的な考え方を変える必要があります。

今回は「お仕事での同じ事の繰り返しのメリット」について触れたいと思います。

「凡ミス」を繰り返す事がないように、また、最近「やる気の低下」を感じている時に、考えを変えるキッカケとして頂ければと思います。

[スポンサーリンク]

お仕事での同じ事の繰り返し

「お仕事での同じ事の繰り返し」とは、おもに「ルーチンワーク」と呼ばれている作業となります。

この「ルーチンワーク」とは、「決められた事をただ繰り返すだけ」のように感じますが、実はその中でも、微妙な変化は起きています。

例えば、事務作業で伝票を渡され、それを集計する為のデータに変換をする作業があります。

はじめのうちは、「色々な伝票」や「記載されている内容」について、考えます。

また、「集計する為のデータに変換をする作業」でも、データに変換をする為に、「早く、正確におこなう工夫」などを考えます。

そして、そのような作業の中でも、時には「異常な状態」があり、「伝票についての問い合わせ」や、「データ変換について悩む事」もあります。

したがって、「決められた事をただ繰り返すだけ」の作業の中でも、「微妙な変化」が起きている事となります。

この「微妙な変化」に刺激を受ける事ができれば、「ルーチンワーク」であっても、「同じ事を繰り返すという感覚」は薄まります。

しかし、作業にも慣れ、「異常な状態」についても対応できる能力が身についてしまうと、「微妙な変化」に気付かなくなります。

これが、「同じ事を繰り返していると考えてしまう状態」です。

考え方を変えると、「経験が積まれ、作業に対する知識力や技術力が向上した状態」となります。

これは「自分の成長」をあらわしています。

しかし、とても良い状態なのですが、「お仕事からの刺激を得られない」為、「変化」を感じられず、「ただ、おこなっている」という感覚で、お仕事をする事となります。

そして、「ただ、おこなっている」為、集中力は必要ありません。

なんとなく頭を使い、なんとなく体を動かしていれば、お仕事はいつか終わります。

これは「自分がおこなっている事の自覚がない状態」となります。

だから、「普段では、考えられないような、本当に些細なミス」が起きる事となります。

もちろん、「ルーチンワーク」が得意な人もいます。

集中力を切らさずに、ずっと同じ事を繰り返していても、ミスを起こさない人となります。

これは、どちらが偉いという事ではなく、「性格」による所となります。

もし、「ルーチンワークは向かない」と考えている場合、考え方を変える事により、「性格」を抑える事ができます。

「性格」を抑える事で、集中力を切らさずに同じ事を繰り返す事ができる可能性があります。

その為に、「お仕事での同じ事の繰り返しによるメリット」を知って頂きたいと思います。

「お仕事での同じ事の繰り返しによるメリット」を知り、「性格」を抑えられるような考え方を見つけて頂きたいと思います。

お仕事での同じ事の繰り返しのメリット

「お仕事での同じ事の繰り返しのメリット」について、いくつか挙げます。

  • 知識や技術が向上する
  • 業務に慣れる事ができる
  • 作業の前後関係や関連作業を知る事ができる
  • 独自の発想が信頼される

それぞれ掘り下げます。

知識や技術が向上する

同じお仕事を繰り返している為、そのお仕事については「誰よりも知る事」ができます。

これが、「知識や技術が向上する事」となります。

そして、その「知識や技術が向上する」事により、「業務に慣れる」事となります。

業務に慣れる

「業務に慣れる」とは、精神的な負担が少なく、気軽におこなう事ができるという事です。

ストレスがなく、気持ちを楽にして、お仕事をおこなう事ができます。

そして、「知識や技術が向上する」事に関係しているのですが、「前後関係がある作業や関連作業を知る事ができる」ようになります。

作業の前後関係や関連作業を知る事ができる

同じお仕事を続けていると、その「お仕事の前提」「お仕事の結果の行方」「お仕事の影響」を嫌でも知る事となります。

これは、嫌でもお仕事の流れを知る事となるので、「自分の会社の中で自分のお仕事がどのような位置にあるのか?」についても、知る事となります。

「お仕事での同じ事の繰り返し」を感じていて、「微妙な変化」に気付かなくなる時のほとんどは、「自分がおこなっているお仕事の意味」と、そのようなお仕事をしている「自分の存在意義」を見失っている時です。

「自分の会社の中で、自分のお仕事がどのような位置にあるのか?」を知る事は、「自分のポジション」を知る事でもあります。

そこから、「自分がおこなっているお仕事の意味」、そして、「自分の存在意義」を見つけ出す事ができるようになります。

独自の発想が信頼される

「自分の存在意義」を見つけ出す事により、「独自の発想」を考えられるようになります。

これは、ずっと「お仕事での同じ事の繰り返し」をしてきたからこそ、考えられる発想となります。

「お仕事での同じ事の繰り返し」をしていない人よりも、それをしてきた人の言う事の方が、信頼度が高くなります。

この「独自の発想」により、お仕事での悪い部分の改修はもちろん、作業の前後関係や関連作業を含めて、「自分の会社の為になる事柄」を見つける事ができます。

そして、これは「信頼されている人の進言」として、聞き入れられる物となります。

まとめ

「お仕事での同じ事の繰り返しによるメリット」を挙げましたが、やはり「やる気」がないとメリットにする事ができません。

「こんなメリットがある」という考え方で、「やる気」を向上させて頂ければと思います。

スポンサーリンク

simacatより一言

実はどのようなお仕事でも、「ルーチンワーク」です。

よほどの事がない限り、「同じ事の繰り返し」となっています。

その繰り返しの中で、「何か見つけられないか?」「何か得る事はないか?」を考えると、少しは「やる気」を維持する事ができます。

「自分の得になる事」を一つでも見つけて、そして、一つでも多く手に入れてください。

そういった事がないと、「同じ事の繰り返し」をつらく感じてしまう事となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました