お仕事での普通とは常識の事?!普通の弊害?!普通という言葉を利用する時はその理由を理解しておこう?!

12689社会人へのアドバイス
12689
スポンサーリンク

お仕事での普通とは常識の事?!普通の弊害?!普通という言葉を利用する時はその理由を理解しておこう?!

聞き流し用動画(YouTube)

はじめに

お仕事をしていると、「普通はそれくらいできますよね」などと言われる事があります。

しかし、よくよく考えると、「普通ってなに?」「どれくらいが普通なの?」と思う事があります。

例えば「基準」があり、これを満たしていれば、それを「普通」としても良いのかも知れません。

しかし、「お仕事の一つ一つの考え方や所作」にまで、「基準」を作る事はできません。

仮に「基準」を作る事ができても、数が多すぎる為、覚える事すらできないと思われます。

したがって、「基準を作れない部分」は、「人それぞれの考えに頼る」事となります。

いわいる、「常識」と言われている物です。

今回は「お仕事での普通」について触れたいと思います。

「普通」という言葉は、非常に使いやすい言葉である為、利用場面が多くなります。

「普通」について、自分なりに定義をしておき、誤った使い方を防いで頂きたいと思います。

[スポンサーリンク]

普通という言葉

「普通」とは、「どこにでもある」「ありふれた」「他との違いがない」などの意味となります。

この「普通」という言葉が利用される時、ほとんどの人は「常識」をイメージしています。

「常識」とは、「一般的な人が持つ、または持つべき、共通の認識や考えや判断力」となります。

この「常識」に従い、これに反しない考えや行動が、「普通」と思われています。

それでは「お仕事での普通とは?」となります。

これも、「そのお仕事に携わる人なら常識となっている事柄」となります。

「当たり前過ぎて、考える余地すらない事柄」が、「普通」となります。

とはいえ、「常識はみんなが同じ考えではない」のが現実で、ここから「普通の弊害」が生まれます。

「お仕事の常識」は、「経験や知識」により、必ず個人差がある為となります。

「知っている人」には常識なので、「普通」となります。

しかし、「知らない人」には常識ではないので、「普通ではない事」となります。

冒頭での、「普通はそれくらいできますよね」は、この「常識の部分の差」をまったく無視した発言となります。

そして、この「普通」について聞いても、明確な答えを得られない時があります。

「自分の経験や知識」は、あくまでも、「自分だけの物」となります。

本来は、この「常識の部分の差」を同じお仕事をしている人同士で共有して、初めて「常識」となり、それが浸透して「普通」となります。

したがって、「普通」については、明確な答えを用意し、それを伝えて共有をする必要があります。

しかし、「当たり前過ぎて、考える余地すらない事柄」となっていると、その理由を言葉にする事ができません。

中には、「普通は普通」とか、「常識が足りない」などと言う人もいます。

「普通」ならば、「常識」なのかも知れません。

「常識」ならば、その理由を説明する事ができるはずです。

この説明ができないならば、それは「常識」ではない為、「普通ではない事」となります。

なぜ普通なのかを考える

「普通」であるならば、「なぜ普通なのか?」、その理由を考える必要があります。

前述のとおり、「普通」を考える時の根拠には、「常識」が利用されます。

したがって、「普通」という言葉を利用する場合は、必ず「常識」が必要となります。

しかし、この「常識」を「自分だけの常識」で考える人がいます。

「普通である理由」を考える時、「自分だけの常識」は役に立ちません。

なぜならば前述の通り、「常識とは、一般的な人が持つ、または持つべき、共通の認識や考えや判断力」となる為です。

よって、「普通である理由」を考える時は、「一般的な人が持つ常識」を利用する必要があります。

もし、「一般的な人が持つ常識」が分からない場合、これは調べるしかありません。

「おなじ職場の人」「おなじ会社の人」「おなじ職種の人」など、さまざまな人の「認識や考え方や判断」について調べて、これらを自分の「認識や考え方や判断」に取り入れる事となります。

これで「一般的な人が持つ常識」を身につける事ができます。

そして、その「一般的な人が持つ常識」を理由にして、「普通」を考えてください。

このように考える事で、「普通である理由」を説明する事ができます。

「普通である理由」を説明した時、時には自分が間違っているかも知れません。

その場合は、「一般的な人が持つ常識」を改めれば良いだけですし、逆に、「間違った常識」を頑なに持ち続ける方が、問題となります。

スポンサーリンク

simacatより一言

「普通」という言葉の「対義語・反意語」について調べました。

その結果、四つの言葉が見つかりました。

「希少」、意味は「極めて少ない」。

「奇抜」、意味は「普通ではない要素があるさま」。

「異常」、意味は「一般とは異なるさま」。

「特別」、意味は「際立って異なる部分」。

「普通」という一言に対して、「対義語・反意語」が4つもあるという事は、それだけ広く、汎用的に利用される言葉となっています。

それだけ、「普通」とは、「色々な意味が込められた言葉」となります。

この「色々な意味が込められた言葉」の使い分けを考えるなら、「普通」という言葉の利用は控えた方が、楽なのではないかと思います。

その為に、「普通」という言葉を使う前に、一旦考えて頂きたいと思います。

そして、「言いたい事」「伝えたい事」を整理して、「普通」という言葉は使わず、それらを伝えるようにしてください。

なにも考えず、「普通」を利用し続けると、それが癖となってしまいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました