教え上手は教わり上手?!教える相手を分析し、相手にあわせた教え方をしよう!!

【PR】スポンサーリンク
3157社会人へのアドバイス
simacat.com
【PR】スポンサーリンク

教え上手は教わり上手?!教える相手を分析し、相手にあわせた教え方をしよう!!

はじめに

お仕事を始めて数年も経てば、貴方もお仕事を教える立場となります。

人にお仕事を教える事は教える相手によって難易度が変化します。

教える相手によって、自分の時間の多くを割かれる事もあるでしょう。

そして自分の時間の多くを割かれた事によって、「覚えが悪い」と感じてしまう事もあるかも知れません。

お仕事に関わらず、他のどの様な事も教える事が難しい時もあります。

その様な時は「相手」の事を理解し、「相手にあわせた教え方」で教える様にしましょう。

相手とコミュニケーションをとる

お仕事を教える相手の事を知るにはコミュニケーションが必要となります。

コミュニケーションにより、お仕事を教える相手の情報を収集するのです。

「どの様な性格なのか?」「学習能力はどれくらいなのか?」「集中力はどれくらい続くのか?」「どの程度まで叱っても良いのか?」などを分析し、以下のタイプに分けます。

  • まずは頭で覚えるタイプ
  • まずは手を動かすタイプ

そして、どの様に教えていくのかを以下のスタイルに分けます。

  • 時間割スタイル
  • 放牧スタイル

おおよそ、この様に分ける事ができます。

もちろん、状況や難易度によってはタイプやスタイルを見直す必要がありますが、なるべく教える相手にマッチしたタイプやスタイルでお仕事を教える様にしましょう。

相手のタイプ1<まずは頭で覚えるタイプ>

まず始めに「説明が必要」なタイプです。

座学でしっかりと知識を知っておかないと不安になってしまうのです。

ある程度の知識を身に付けては実践を繰り返していくので、教える側の時間は割かれる事となりますが、間違いは起こり難いです。

「まずは手を動かすタイプ」で間違いを起こしてばかりの場合、こちらのタイプへ変更をした方が安全と言えます。

このタイプで一番厳しいのが、学習能力が低い相手の場合です。

この場合、なるべく知識の単位を小さくし、細かく刻んで実践をして頂く他はありません。

時間は掛かってしまいますが、イライラせずに付き合っていきましょう。

相手のタイプ2<まずは手を動かすタイプ>

人の話しをあまり聞けないタイプですので、座学にてじっくり教えても覚えません。

落ち着きのない人が多いのですが、自ら動く姿勢がある為、放っておいても自分で知識を蓄えますし、分からなければ自分から聞いてきます。

従って、座学の時間はなるべく短く、浅い知識で実践に入って頂きましょう。

このタイプに必ず行わなくてはいけない事が「結果を細かく確認する」事です。

「まずは頭で覚えるタイプ」とは違い、浅い知識で実践に望んでいる為、結果が正しいと思わない方が良いでしょう。

可能であれば、教える側も同じお仕事を行い、細かな点までチェックをする事をお勧めします。

そして、誤りが合った場合は指摘をしますが、この指摘も長々と行うのではなく、結果と誤った原因のヒントだけを伝え、誤りの原因については自分で考えて頂いた方が知識が蓄えられるタイプです。

また、「まずは頭で覚えるタイプ」にて知識が蓄えられている相手であれば、こちらのタイプに変更する事をお勧めします。

相手のスタイル1<時間割スタイル>

「まずは頭で覚えるタイプ」の場合、「時間割スタイル」が良いと思います。

座学を終え、実践に入って頂くのですが、「◯時◯分に一度、確認をする」などと、おおよその時間を決め、その時間内で作業をして頂きます。

時間が定められているので、教える側もある程度は自由な時間が生まれます。

教える側が打ち合わせなどで席を外さなければならない時は「時間割スタイル」となるでしょう。

尚、「時間割スタイル」には、相手が疑問を持ってしまった時に動きが止まってしまう可能性があります。

従って「時間割スタイル」であっても、疑問についてはその時点で確認をする様に指示をしておきましょう。

また、「時間割スタイル」は相手に時間の制約と思われがちとなり、「焦らせてしまう」場合もあります。

くれぐれも「焦る必要はない」事を伝えて実践をして頂きましょう。

相手のスタイル2<放牧スタイル>

「まずは手を動かすタイプ」の場合、ほぼ「放牧スタイル」です。

ただし、相手のタイミングで質問されたり説明をする必要がある為、自分のお仕事のペースが乱される可能性があります。

放牧をしている以上、なるべく相手のタイミングに合わせないと、相手の動きが止まってしまうので注意が必要です。

そして、「放牧スタイル」と言っても一定のタイミングで状況の確認を行う様にしましょう。

「まずは頭で覚えるタイプ」についても、実践を行なっている間はなるべく「放牧スタイル」を維持し、作業の完了の報告のタイミングで確認をしましょう。

【PR】スポンサーリンク

simacatから一言

「お仕事を教える側がこんなに苦労をしなくてはいけないのか?」と疑問に思われる方もいるかも知れません。

教える事は苦労の連続なのです。

しかし、一つ一つの苦労は絶対に報われます。

具体的には「人を見る目が養われる」事です。また、「教え方のレパートリーが増える」事にもつながります。

そして、「教え上手は教わり上手」にもなれる事です。

人を分析する能力で自分を分析し、自分に合っている教わり方を希望する事ができるのです。

自分に合っている教わり方なので習得もストレスなく行える筈です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました