お仕事では周りを気にする余裕が必要?!余裕を持ち雰囲気の良い職場を作ろう!!

【PR】スポンサーリンク
3183社会人へのアドバイス
simacat.com
【PR】スポンサーリンク

お仕事では周りを気にする余裕が必要?!余裕を持ち雰囲気の良い職場を作ろう!!

はじめに

お仕事に集中をする事は必要な事ですし大切な事です。

しかし、あまりにも集中をし過ぎると、周りの事に気が回らなくなってしまいます。

これでは、お仕事の効率は上がるかも知れませんが、社会人としてはマイナスの印象となってしまいます。

何故ならば、お仕事は自分の成果ばかりを気にしていては半人前だからです。

自分も含めて、周りの人、部署、会社の全てで成果をあげる様に考えて行動できる事で一人前の社会人となるのです。

従って、自分のお仕事で成果をあげる事はもちろん、周りの人も成果をあげる様に行動する為にも、周りに目を向ける事が必要なのです。

余裕を持つ為には

お仕事をする上では集中をしないと作業が進みません。しかし、「余裕」を持つ為には100%の全力で集中をしない事が必要となります。

100%集中をしてしまうと、周りの事を気にする余裕がなくなり、自分の表情や姿が独特の空気を漂わせてしまうのです。

その様な空気は人を寄せ付ける事を拒みます。

そして、集中をしている為、周りの状況にも疎くなってしまいます。

従って、70%〜80%程の集中に止め、周りの人がいつでも声をかける事ができる空気を作りましょう。

この空気が「余裕」となり周りの人に伝わるのです。

また、余力を残す事により、集中力を持続させる事ができるので実際の作業効率はそれほど落ちる事はありません。

良い印象とは

いつでも声を掛けられる人に対して、周りの人は「良い印象」を感じます。

例えば分からない事や心配事など、気軽に相談をできる人がいる事は誰でも安心をします。

安心ができる人に悪い印象を抱く人はいません。

そして、「良い印象」には人を引き付ける力があります。

「良い印象」によって人が集まり、そして「頼り」にされます。

「頼り」にされる事は「自分の意見に耳を傾けてくれる」事に繋がるのです。

言い換えると「周りの人は自分の意見を聞いてくれる存在」となるのです。

活気のある環境

人の好みによりますが、静まりかえっている環境でお仕事をする際、集中はできるのですが、重い空気を感じます。

重い空気は相談をする雰囲気を打ち消してしまいます。

自分から生まれた不明な事や悩みは、いくら自分で考えても答えを出す事はできません。

従って、誰かに聞く事がもっとも効率的なのですが、その様な空気ではない事から、「自分でなんとかしようと考える労力と時間」を無駄に消費してしまうのです。

「誰もが相談を待っている環境」ですと、不明な事や悩みをすぐに相談し、解決をして、効率的に作業を進める事ができます。

そして、明るい雰囲気となり、それが「活気のある環境」となるのです。

お仕事をする全員が「良い印象」を持ち、誰もが「意見を聞き」、誰もが「意見を言う」、その様な環境ではお仕事に対する意欲も増して行き、「全体的なお仕事の効率化」にも繋がっていくのです。

その先を考える

「活気のある環境」にて、お仕事に関わる全員がお仕事に対する意欲を持った時、現状を良くする事について考えるべきでしょう。

相談しやすい環境ができている事は「様々な意見と知識がある」事となります。

お仕事をより良くする為の行動にてお仕事の成果を向上させ、さらに良い環境とする事は「会社に対する貢献」となります。

最終的なテーマは「会社が良くなる為にはどうすれば良いのか?」となる事でしょう。

自分だけの余裕はそこまで影響力があるのか?

自分が余裕を持つだけで、周りの人にそれ程の影響を与えるのか?と言う疑問が湧きます。

答えは「影響はしません」。

人それぞれ、考えている事が違いますので、同じ様に思う事はないでしょう。

しかし、貴方が社会人として歳を重ねていくに従って、この「余裕」が必要となってくるのです。

後輩を任された時、チームを任された時、部下を任された時、今後に訪れる様々な場面で貴方は周りに目を配る必要が出てくるのです。

その時に「余裕」を持つ事で気軽に声を掛けて頂ける環境を作り、「余裕」を持つ事で相手の言葉に耳を貸し、その結果で「自分の意見」を信用してもらう必要が出てくるのです。

そして、その時の「自分の意見」は「会社をより良くする意見」である必要があります。

それが「一人前の社会人」の姿なのです。

【PR】スポンサーリンク

simacatから一言

お仕事にて「余裕」がない先輩や上司を持つと、非常に厳しい状態となります。

先輩や上司に「いつでも気軽に声を掛けてくれ」と言われても、声を掛けようとすると、その重い雰囲気から、声を掛けられない体験をした人も少なくはないでしょう。

また、声を掛けても「後にしてくれ」と言われると、冷たい態度を取られたと受け取ってしまいがちです。

常に「余裕」のある姿勢が声を掛けやすい雰囲気となるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました