ヒントとは!?お仕事でのヒントの見つけ方!?人・物・場所の状況把握がヒントを見つけるヒントです!?

10250社会人へのアドバイス
simacat.com

ヒントとは!?お仕事でのヒントの見つけ方!?人・物・場所の状況把握がヒントを見つけるヒントです!?

聞き流し用動画(YouTube)

はじめに

お仕事に限らず、「問題や悩み」は、なくなる事がありません。

しかし、「問題や悩み」を放置しておく事もできません。

したがって、「解決をする」必要があります。

「解決をする」にあたり、「方法」が見つかれば問題はないのですが、なかなか見つける事ができない時があります。

この時に必要なのが、「問題解決に向けたヒント」となります。

特に「お仕事での問題や悩み」は、できるだけ「早い解決」が求められます。

なぜならば、「損害」が発生する可能性があるからです。

「お仕事での問題や悩み」に対して、できるだけ「早い解決」の為にも、「問題解決に向けたヒント」を見つけられるようになりましょう。

[スポンサーリンク]

ヒントとは

「ヒント」とは、「問題を解く為の手掛かり」「問題を解決する為に役立つ情報」となります。

語源は英語の「hint」がそのまま利用されており、英語では「わずかな手掛かり、暗示、ほのめかし」などの意味となります。

「ヒント」と同じような意味で、「鍵」や「キー」なども、使用されています。

「ヒント」は、あくまでも「手掛かり」であり、「答え」ではありません。

「答え」を見つける為の「情報」が、「ヒント」となります。

「問題」が発生した時、その解決方法である「答え」が見つかれば、「ヒント」は必要ありません。

したがって、「答え」が見つからない為に、「ヒント」が必要となります。

しかし、自分で考えた結果、「答え」を見つける事ができない為、「ヒント」は、「自分で見つける事が困難な情報」となります。

「人に聞く」「書籍やネットなどで調べる」などにて、「ヒントとなる情報」を見つけるのが、一般的な方法となります。

したがって、「ヒントは、自分ではない、他の何かから得られる情報」となります。

答えが分からないからヒントが必要

お仕事で、「問題」が発生した時、「問題解決に向けた行動」をとります。

この時、「自分の経験」や「過去の履歴」から、「問題解決に向けた行動」をとれるなら、それらの情報から、「答え」を見つける事ができます。

しかし、「答え」が見つけられないと、「問題を解決する事」ができません。

この時、「答え」を見つける為の情報が、「ヒント」となります。

仮に、自分で「答え」を見つける事ができない場合、他人(他社)に委ねるという方法も、「問題解決に向けた行動」となります。

この時の「ヒント」は、お金がかかる場合がほとんどですが、「他人に委ねる」という事となります。

「自分から他人へ」「無料から有料へ」、「答え」には色々な物があるのですが、その「答え」を導き出す情報が、「ヒント」となります。

自分でヒントを見つける方法

自分で「ヒント」を見つける場合は、「人・物・場所」を意識してください。

「ヒントは、自分ではない、他の何かから得られる情報」となります。

したがって、自分の頭で、どれだけ考えても、「ヒント」を得る事はできません。

とはいえ、何もしないで、いきなり「人に聞く」「書籍やネットなどで調べる」などをしても、「ヒント」や「答え」を見つけるまでに、時間がかかります。

理由は、「問題」について、「関わっている人」「利用した物」「おこなった場所」などの「状況」により、「ヒント」や「答え」が変化をする為です。

逆に、これらの「状況の把握」が、「ヒント」や「答え」を得る近道となります。

したがって、「問題」が発生した時は、まず「人・物・場所」の、それぞれの視点を意識し、「状況の把握」をおこなう必要があります。

規則や施策もヒント

「問題解決に向けた行動」の「答え」が分からない時に、「ヒント」が必要となります。

この時、「問題解決に向けた行動をとらない」という「答え」も、存在する可能性があります。

これは、「規則や施策」などにより、「答えが決まっている」場合となります。

「問題解決に向けた行動」を色々と考えた末、「規則や施策」で対応が不要だった場合、それまでの苦労が無駄となります。

したがって、「一番はじめのヒント」として、「規則や施策」を頭に入れておく必要があります。

なお、「問題解決に向けた行動をとらない」という「規則や施策」があったとしても、「人・物・場所」の「状況の把握」は、必要となる事がほとんどとなります。

これは、「規則や施策が適用されるのか?」の判断材料が、「状況」となる為です。

simacatより一言

人から「ヒント」を得られる事は、非常に有難いことです。

その「ヒント」で「答え」を見つけ、「問題解決に向けた行動」をとる事ができます。

しかし、「ヒント」によっては、混乱をしてしまう事があります。

普段、お話しをしていて、「理解ができる人からのヒント」は、「役に立つ情報」となります。

残念ながら、「理解ができない人からのヒント」は、理解ができない為、「混乱する情報」となります。

したがって、「理解ができる人からのヒント」で、「答え」を考えるようにしてください。

また、普段から色々な人とコミュニケーションをとり、「理解ができる人」を増やしておく事は、それだけ多くの「理解ができるヒントを得られる」事となります。

「お仕事を円滑におこなう事」には、「問題解決に向けた行動もスムーズにおこなえる事」も含まれています。

「理解ができる人」が多いという事は、「お仕事を円滑におこなう事」へのプラスの要素となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました