お仕事では相談が必要?!問題解決の為?!悩み解消の為?!最低限のマナーを意識しましょう?!

13678社会人へのアドバイス
13678
スポンサーリンク

お仕事では相談が必要?!問題解決の為?!悩み解消の為?!最低限のマナーを意識しましょう?!

聞き流し用動画(YouTube)

はじめに

「マナー」という言葉をご存知でしょうか?

「マナー」とは「行儀や作法」という意味になります。

人と人とのお付き合いでは、この「マナー」は重要となります。

「マナーを知らない」という事は「行儀や作法」ができていない事となります。

「行儀や作法」ができていない事により、「不快と思われる人」になります。

当たり前ですが、「不快と思われる人」には誰も近寄りません。

この為、人と人とがお付き合いをする為には、より多くの「マナー」を知る必要があります。

そして、お仕事では「相談」が不可欠です。

「相談」をする事により、「お仕事の問題解決」や「お仕事の悩み解消」がおこなえる為となります。

今回は、「お仕事の問題解決の相談のマナー」と「お仕事の悩み解消の相談のマナー」についてとなります。

とはいえ、「最低限のマナー」です。

お仕事では人に頼らざるを得ない時が必ずあります。

そのような時にいつでも「相談」ができるように、「最低限のマナー」を身につけておいてください。

お仕事の問題解決の相談のマナー

「お仕事の問題解決の相談」は、「お仕事で分からない事の理解と疑問の解消」が目的となります。

お仕事をしていると「分からない事柄や疑問に思う事柄」が発生する時があります。

この「分からない事柄や疑問に思う事柄」が「問題」となります。

そして、この「問題を解消する事」が「解決」となります。

「問題解決」をしないと、お仕事を終わらせる事ができません。

だから「問題解決」をおこなう必要があります。

はじめは自分で「資料」などを調べる事となります。

しかし、それでも「問題解決ができない時」、「他の誰かに聞く」事となり、これが「問題解決の相談」となります。

「問題解決の相談」をおこなう事により、「問題解決ができた時」、お仕事を進める事ができるようになります。

しかし、この「問題解決の相談」をする時に気をつけるべき点があります。

これが「問題解決の相談のマナー」となります。

「最低限のお仕事の問題解決の相談のマナー」を挙げます。

  • 必ず自分自身で調べ、自分の考えた結果を相談する
  • 相談したい事を明確にする
  • 理解した事柄を伝える
  • 相談の結果の責任を相談相手に押し付けない

どれも当たり前の事ですが、「相談に慣れていない時」「分からなくて混乱をしている時」などは、「マナーを意識する事」ができなくなります。

特に、「問題解決の相談」は一度や二度で終わる事ではありません。

今後も相談をして頂けるように、マナーについては細心の注意を払うようにしてください。

[スポンサーリンク]

お仕事の悩み解消の相談のマナー

「お仕事の悩み解消の相談」とは、「お仕事に対する悩み」となるので「プライベートな事」となります。

「お仕事がうまくいかない」「お仕事がつらい」などは、「自分が感じる事」となる為です。

もちろん、「お仕事に問題がある」場合もあります。

しかし、「お仕事に問題がある」とは、「お仕事について問題がある」事となる為、「問題解決の相談」となります。

それでは、「お仕事の悩みの解消の相談はおこなってはいけないのか?」となります。

「同じ職場で働いている人」は、長時間「一緒に過ごしている仲間」です。

これは「お仕事の環境を理解している人たち」となります。

よって、「環境をまったく知らない人」よりは、「良い意見」や「参考となる意見」を多く聞ける可能性が高くなります。

したがって、「お仕事の悩み」ならば、一番ふさわしい相談相手となります。

とはいえ、「プライベートな事」であるのも十分に理解をする必要があり、だから「マナー」が重要となります。

「最低限のお仕事の悩み解消の相談のマナー」を挙げます。

  • 本当にお仕事の悩みなのかを再確認する
  • 感情的にならない
  • どうどう巡りになったら相談をやめる
  • 相手の時間に余裕がある事を確認する
  • 相手に終了のタイミングを委ねる

「お仕事の悩み解消の相談」は「お仕事の問題解決の相談」とは違い、必ず答えを得られるとは限りません。

よって、「同じ話しの繰り返し」となってしまう時があります。

これは、自分も相手も「時間の浪費」となるので、この点には気をつけてください。

自分の相談ばかりではなく、相手の相談にも耳を傾け、職場の人同士で相談ができる環境を作ると、職場の人間関係を良好にする事ができます。

スポンサーリンク

simacatより一言

相談をする時は、相談をする相手の都合も十分に配慮するようにしてください。

特に、相談をする相手に「用事がある」などの場合は、「相談をする事により作業時間が奪われる」事となります。

この点には十分に気をつけるようにしてください。

そして、相談をしていただいた事に「感謝」を忘れず、答えが得られなかった場合でも「ありがとう」の気持ちを伝えてください。

数日後、「あの時はありがとうございました」などのお礼を伝えると、次の相談もしやすくなります。

念の為となりますが、「相談」をしても「良い回答」を得られるとは限りません。

この場合、「役立たず」などと、思わないようにしてください。

この「役立たず」という思いを持ってしまうと、必ず態度にあらわれてしまいます。

そして、その思いが口から出た時、それは「悪口」となります。

これは、「問題解決」にしても、「悩み解消」にしても、最悪なマナーとなります。

そもそも、「相談」をしたのは「自分」となります。

「本当に役に立たないのは誰なのか?」について、しっかりと考えるようにしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました