孤独感とは??孤独感が消えない?!どうやって対処する??

7618ビジネスコラム
simacat.com
スポンサーリンク

孤独感とは??孤独感が消えない?!どうやって対処する??

聞き流し用動画(YouTube)

はじめに

「孤独感」って、ご存知ですか?

「さみしい」とか、感じる気持ちです。

実は「孤独感」は「ストレス」です。

したがって、あまりにも強く「孤独感」を感じ続ける事は、「強いストレスを与えられ続けている状態」となります。

その結果、「心」にダメージを受ける事となります。

そして、そのダメージは「自律神経の乱れ」を生み、「体」に悪い影響として現れます。

また、「孤独感」を意識していなくても、意味もなく「不安」や「さみしい」という気持ちを強く感じ続ける場合も、「孤独感を強く感じ続けている状態」となります。

早めに「原因」を見つけ、「対処」をするようにして下さい。

孤独感とは

「孤独感」とは、「自分は一人だと感じる感覚」です。

俗にいう、「独りぼっち」と感じる時です。

「独りぼっち」と感じると、「自分を理解してくれる人はいない」「自分を助けてくれる人はいない」など、「自分には、寄り掛かる人がいない」と考える為、「独りぼっちで、不安」「独りぼっちだから、さびしい」などの気持ちとなります。

そして孤独感は、一人でいる時だけ、感じる感覚ではありません。

むしろ、多くの人の中にいる時の方が、「孤独感」を感じる機会が多いという人もいます。

また、気の合った友人と大いに盛り上がり、そして別れた後などにも、「孤独感」を感じる事があります。

誰でも、瞬間的に「孤独感」を感じる事がありますが、それは、あまり大きな問題ではありません。

「孤独感」により、「不安な気持ち」や「さみしい気持ち」が生まれ、そして考えます。

その考えを止める事ができなくなり、「不安な気持ち」や「さみしい気持ち」を感じ続けてしまう事が、問題となります。

考え続ける事により、「不安な気持ち」や「さみしい気持ち」は、さらに膨らむ事となります。

誰といても、何をしていても、常に「孤独感」を感じるという事は、「不安な気持ち」や「さみしい気持ち」について、「ずっと悩み続けている」という事となります。

この状態は、「心」に対して、「非常に強い負荷」を与え続けているので、「強いストレスを受けている」という事となります。

原因を探す

「孤独感」を感じた時、「孤独感」を解消する為にも、「原因」を探す必要があります。

「原因」を探す前に、「孤独感を感じやすい人の特徴」を挙げます。

  1. 自分に自信が持てない人
  2. 人と話したり、接したりする事が苦手な人
  3. 心を許せる人がいない人
  4. ネガティブ思考の人
  5. 人に認めて貰う事を求める人

これらの特徴が、自分自身に思い当たれば、それが「孤独感を感じる原因」と考える事ができます。

「孤独感を感じやすい人の特徴」に、当てはまらない人でも、「強いストレス」を感じた時、「孤独感」を感じる場合があります。

「強いストレス」となる場面を挙げます。

  1. 親や友人や恋人など、親しい人と別れた
  2. 職場環境や生活環境が変わった
  3. 酷く怒られたり、否定をされた
  4. 過労気味

他にも「強いストレス」を感じる事柄があると思います。

「強いストレスを感じた瞬間」は、それほど「孤独感」を感じる事はないのですが、「強いストレス」を受けた事を思い出し、その事について考える事を繰り返し続けていると、「孤独感」を感じる事に繋がります。

対処法

「孤独感」を感じた時は、早めに対処をする必要があります。

「孤独感」は、それ自体が「ストレス」です。

したがって、「ストレスの解消」が、「孤独感」に対する「対処法」となります。

「ストレス解消法」を一部、挙げます。

  1. 運動をする
  2. 美味しい物を食べる
  3. 趣味に没頭する
  4. 旅行をする
  5. 睡眠をとる

他にも「ストレス解消法」は、多く存在します。

自分にあった「ストレス解消法」を見つけて、「孤独感」に対する「対処法」として下さい。

なお、「常に孤独感を感じる人」は、「孤独感を感じる事柄」を減らす事が、「根本的な対処法」となります。

「根本的な対処法」の例をいくつか挙げます。

  1. 自分に自信を持つ
  2. 自分を褒める
  3. 他人に興味を持つ
  4. 他人を否定しない
  5. 自分の気持ちを吐き出せる人・場所・空間を作る
  6. ポジティブな考えを持つ
  7. カウンセラーのお世話になる

「根本的な対処法」をおこおなう場合、「自分の考え方や行動を変える」必要があります。

なお、「自分ではどうする事もできない」という人は、「7.カウンセラーのお世話になる」事をおすすめします。

「自分ではどうする事もできない」という人は、自分で考えたり、行動をするだけでも、「強いストレス」を感じる事となり、これでは、状態が悪化していくだけとなります。

「カウンセラー」のお世話になり、「カウンセラー」と良好な関係を築くようにして下さい。

「カウンセラー」の存在が、「自分は一人ではない」という思いに繋がり、「孤独感」から開放される事となります。

スポンサーリンク

simacatより一言

「孤独感が襲ってくる」という表現があります。

「孤独感」は「襲いかかってくる物」です。

したがって、「襲われた時」に備えておく必要があります。

「孤独感」は、いつでも、誰にでも襲いかかります。

たくさんの友達といる時でも、家族と楽しく過ごしいる時でも、すごく賑やかな場所でも、「孤独感」は襲ってきます。

その時に、「孤独感」に囚われないように、対処法を準備しておきましょう。

ちなみに、「孤独感を感じ続けると、どのようになるのか?」という疑問が生まれます。

「孤独感」から、「自分が頼れる人は誰もいない」と考えます。

そして、「自分は誰からも助けてもらえない」と考え、次は「自分は誰の助けにもならない」と考えます。

人を頼る事ができず、人からも頼られない事から「自分の価値」について考えます。

そして、「自分は無意味で無価値な人間」という考えに至り、そんな自分を責める事となります。

「いつから、そうなったのか?」、「どうして、そうなったのか?」、自分を責める考えが続く事となります。

これは完全に、心が病んでいる状態です。

「孤独感」を放置していると、「心が病んでしまう」と考え、「孤独感」を感じた時は、早めに対処するように心掛けてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました