学びとは??楽しい??辛い??とにかく何かを始めてみませんか?!

7701ビジネスコラム
simacat.com
スポンサーリンク

学びとは??楽しい??辛い??とにかく何かを始めてみませんか?!

聞き流し用動画(YouTube)

はじめに

「学び」と言われると「勉強」のイメージが強いと思います。

「勉強」とは「努力して励む」事となっており、非常に厳しいイメージがあります。

「学び」も「努力して励む」場面はあると思いますが、決して、そのような場面ばかりではありません。

「学び」について理解をして頂き、今、なにも「学びがない」という人の、「学びを始めるキッカケ」になればと思います。

学びとは

「学び」とは、「知識・技術の不明な部分を埋める」事です。

「学び」の結果、学んだ事柄の「理解が深まる」「技術が上がる」などの効果があります。

まったく知らない事についても、「学ぶ」事により、「知識・技術」を身につける事となります。

「学ぶ」事と「記憶する事」を同じ意味と思っている人がいるようですが、「記憶する事」はあくまでも「インプットするだけの行為」です。

「学び」とは、アウトプットができて完成となります。

したがって、分からない事や不足のある事について知り、知った事を活用しなくては、「学び」とはなりません。

また、「学び」の最終的な目標は誰かに伝える「共有」となります。

「共有」する事で、「自分の学びが残る」事となります。

そして、「学び」には、「学ばなくてはいけない事」と「学んだ方が良い事」があります。

学ばなくてはいけない事

「学ばなくてはいけない事」とは、「お仕事に関する事」と「社会性」となります。

はじめに「お仕事に関する事」となります。

お仕事では、 労働の対価としてお給料を頂きます。

したがって、「対価以上の成果」を出す必要があります。

少し、硬い言い回しになってしまったので、緩く例えます。

喫茶店のウェイターやウェイトレスのアルバイトを1時間、時給1000円で行うとします。

お仕事の内容は、「お客さんがきたら注文を聞く」「お客さんの注文を厨房に伝える」「出来上がった物をお客さんに配膳する」「お客さんが帰ったら、食器類の回収と清掃」となります。

当たり前ですが、この一連の作業ができていないと、「時給1000円の成果を上げていない」という事となります。

もちろん、アルバイトを始めた当初は、上手くいかないかも知れません。

「時給1000円の成果を上げられていない」かも知れません。

しかし、日々、アルバイトを続ける事により、作業を覚え、問題なく、お仕事をこなせるようになります。

これが「学び」です。

「学び」の成果により、「時給1000円の成果を上げられるようになった」事となります。

そして、「学び」は、ここでは終わってはいけません。

「お客さんに対する接客態度」「配膳の効率化」など、さらに成果を上げる事を考え「学ぶ」必要があります。

これは、「時給1000円以上の成果を上げられるようになる」という事です。

お仕事では、「今以上に成果を上げる事」「今以上に何かを得る事」を考える必要があります。

この考えにより、お仕事に対する「知識や技術」が上がり、「自分の価値向上」につながり、「時給」を上げる要素ともなります。

そして次は、「社会性」となります。

「社会性」とは「組織や団体に身を置く為のルールやしきたり」となり、これに反すると、何らかの形で罰せられる事となります。

したがって、「ルールやしきたり」を「学ぶ」必要があります。

「ルールやしきたり」を「学ぶ」事により、「良識のある人間」だと判断され、その結果、「組織や団体に身を置く事」が許されます。

しかし、「ルールやしきたり」が守れず、「罰せられる」事が多くなると、「社会性が無い」と判断されてしまいます。

「社会性が無い」と判断されてしまうと、「組織や団体に身を置く事」が難しくなってしまいます。

これは、「普通にお仕事ができなくなる」事を意味しています。

お仕事ができないと、収入を得る手段がなくなってしまいます。

そうすると、生活をする事が、非常に困難となります。

したがって、生活を続けていく為にも、日頃から「ルールやしきたりを学び、良識のある人間」であり続ける必要があります。

学んだ方が良い事

「学んだ方が良い事」は、「学ぶ事が必須ではない事」となります。

例えば、「現在のお仕事に役立つ事」や「自分の価値向上となる事」となります。

「現在のお仕事に役立つ事」や「自分の価値向上となる事」は、「社会的立場の優位性」を上げる事につながります。

近頃、「社会的立場の優位性」は、パワーハラスメントの温床となり、様々な場所でネガティブなイメージとなっています。

しかし、「学び」によって得られる「社会的立場の優位性」は、「知識、技術、人間性が認められ、行動や発言の影響力が上がる」事となります。

したがって、「社会的立場の優位性」を得る為にも「学び」は必要となります。

余談ですが、パワーハラスメント行う人は「学ぶ事」を知らない人となります。

次に「自分が興味のある事」です。

「自分が興味のある事」を「学ぶ」と、「知識や技術」が身に付くのと同時に、「ストレスの発散」になります。

これは「勉強」はもちろんですが、「お料理」や「アウトドア」でも、なんでも構いませんが、「楽しめる事」である必要があります。

「それは遊びでしょ!」と思われるかも知れませんが、何かを得られ、それを活用する事ができるのならば、立派な「学び」です。

なお、なにも活用する事なく、飽きてやらなくなってしまったら、「遊び」となってしまいます。

なるべく、続けられる事に挑戦する事をおすすめします。

スポンサーリンク

simacatより一言

収入に結びつかない「学び」なら、必要はないと思われる人がいます。

その考えも良いのですが、そう考える人のほとんどは「学び」から遠ざかっています。

まずは「学ぶ事」を始めてください。

そして、収入にこだわるなら、その「学び」を収入につなげる事を考えてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました