口コミや評価は信用できますか?!レビューや星の数を信用し過ぎるのは危険です!!

【PR】スポンサーリンク
5923ビジネスコラム
simacat.com
【PR】スポンサーリンク

口コミや評価は信用できますか?!レビューや星の数を信用し過ぎるのは危険です!!

はじめに

「失敗をしたくない」「後悔をしたくない」との思いから、ネットの情報を利用して調べる事はよくあります。

そして、良いか悪いのかの判断基準として、「口コミ情報」が利用されます。

「口コミ情報」はレビューや評価といった、「実際の経験に基づく情報」として、利用者にとっても有用な情報と思いがちです。

しかし、その「口コミ情報」のレビューや評価は「本当に正しい物」なのでしょうか?

最近では、あまり信用できない情報が多く存在していますので、注意が必要です。

口コミとは

「口コミ」とは、ある物の「評判」や「感想」、そして「噂」などです。

それは、「お店の情報」や「商品の情報」など様々あります。

元々は、人の口から口へ、情報の伝達が行われる事から、「口コミ」と名付けられたようです。

現在では、口から発せられる事は少なく、ほとんどがインターネットの情報となります。

「口コミサイト」や「ブログの記事」、そして「動画」などにも、情報は挙げられています。

多くの情報が挙げられている為、ネットを利用すれば簡単に調べる事ができます。

口コミや評価を行う仕事

最近、問題になっているのが、「口コミや評価を行う仕事」です。

本来の「口コミや評価」は、「利用した結果」や「購入した結果」に対する感想を記載しています。

その内容は「良い事も、悪い事も、事実に基づいて、正直に記載する」事が常識でした。

しかし、この「口コミや評価を行う仕事」が横行しはじめ、「良い事しか記載しない」「良い評価しか付けない」といった行為が多く発生する様になりました。

その結果、「口コミ情報」は「信用できない情報」も多く存在する事となってしまいました。

信憑性のない「口コミ情報や評価」は、それを利用する人にとっては、本当に厄介なのです。

ネットが普及するまでの口コミ

それでは、ネットが普及するまでは、どの様に「口コミ」が広まっていたのでしょう?

それは、「人伝」であったり、「宣伝ポスター」であったり、「雑誌などの書籍」などでした。

これらは「情報の発信元」が明らかになっているのです。

「情報の発信元」が明らかになっている事で、「利用した結果が悪かった」「購入した結果が悪かった」、そうした時、「誤った情報」として訂正をさせる事ができました。

従って、「情報の発信」をする方も慎重になり、「信頼ができる情報のみを発信する」事となっていました。

しかし、現在のネット上の情報は、誰が発信したのか、特定をする事が非常に困難となっています。

従って、「誤った情報」にて「利用した」、もしくは「購入した」場合、結果が悪くても泣き寝入りをするしかないのです。

そもそも、ネット上の情報を無料で利用している為に起こる出来事なのかも知れません。

お金をかけて、「発信元」が明らかになっている情報を利用するか、お金をかけないで「発信元」が不明な情報を利用するかは、利用する人の考え方次第なのです。

口コミで注意をする点

「口コミ」は以下の点を注意をする様にしましょう。

  1. レビューや説明が日本語として正しいか?→日本人が書いていない場合は、ほぼ偽情報です
  2. 評価が良い方に偏っていないか?→良い評価しかないのは怪しいです
  3. 他の口コミ情報のサイトと同じ文章か?→同じ文章であれば、コピペの可能性があります。コピペなら偽情報です。
  4. 「絶対に買い!」「絶対に行かなきゃ損!」とかいてある→自分なら、口コミ情報でそこまで推しますか?

ただし、本物の情報もありますし、逆に悪い方へ印象操作を行っている場合もあります。

「口コミ情報」はあくまでも「口コミ情報」です。

あまり信用し過ぎるのも問題があります。

「口コミ情報」に左右されず、自分で納得のできる理由を見つける事が、一番良いのです。

【PR】スポンサーリンク

simacatから一言

「口コミ情報」をよく利用します。

特に、レストランの情報や電化製品の情報で利用するのですが、胡散臭い情報はたくさんあります。

そして、失敗した事も何度もあります。

例えば、「また行きたいと思います」なんて思わせない様な、すごく無愛想な対応をするレストランが、高評価な訳がありません。

「これ無しでは生活できません」と書いてあるのに、すぐに壊れてしまう電化製品が高評価な訳がありません。

その様な場合、お金を出して評価を買っていると想像ができます。

やはり、最終的には自分で出向いて、見たり聞いたりするのが一番です。

自分で決めれば、失敗をしても納得ができます。

そして、そもそも、口コミは他人の感想なのです。

知人に「良かったから行ってみれば?」とか「良かったから買ってみれば?」と言われたとしても、自分も同じ様に思えるのかは、分かりません。

したがって、そこまで「口コミ情報」に頼るのも、問題があると思います。

本物の情報と偽物の情報で混乱している中、自分で決めて、自分で行動する事が求められている世の中なのかも知れません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました