嬉しい事や楽しい事を意識しよう?!辛い事や苦しい事から助けてくれる!!

【PR】スポンサーリンク
5918ビジネスコラム
simacat.com
【PR】スポンサーリンク

嬉しい事や楽しい事を意識しよう?!辛い事や苦しい事から助けてくれる!!

はじめに

辛い事や苦しい事は、誰にでもある物です。

しかし、その様なマイナスの気持ちを持ち続けると、その気持ちから逃れる事ができなくなってしまいます。

マイナスの気持ちを放っておくと、自分の体にまで影響してきます。

従って、マイナスの気持ちは、なるべく早く払拭するべきです。

しかし、簡単に払拭できないのが、マイナスの気持ちです。

なるべく早く、マイナスの気持ちを払拭し、心をプラスの気持ちで満たす必要があります。

嬉しい事や楽しい事は人ぞれぞれ

嬉しい事や楽しい事などの「プラスの気持ち」は、人それぞれ、理想としている物があります。

もちろん、趣味に打ち込む事は、「プラスの気持ち」となるでしょう。

しかし趣味だけではなく、運動でも良いですし、音楽を聞く事でも良いですし、寝るだけでも良いでしょう。

自分が、「プラスの気持ち」と感じる事がでれば、どの様な事でも良いのです。

人によっては、街をブラつくだけでも「プラスの気持ち」を得る事ができます。

なるべく多くの「プラスの気持ち」を持つ様にしましょう。

人に頼る事は避けるべき

この人と会うと心が落ち着いたり、楽しく過ごせるなど、「プラスの気持ち」となる事があります。

しかし、人を頼る事により、「プラスの気持ち」を得る事はお勧めできません。

何故ならば、いつまでも「その人」が側にいるとは限らないからです。

「その人」にも人生があります。

突然、貴方の側を離れなくてはいけない「事情」が生まれるかも知れません。

その時、「プラスの気持ち」を得る手段を一つ、失う事となってしまいます。

「プラスの気持ち」を得る手段で、「人」に頼る事はなるべく避けましょう。

辛さや苦しみはマイナスの気持ち

辛さや苦しみは、「マイナスの気持ち」です。

「マイナスの気持ち」は、心が落ち込む原因となります。

心が落ち込む状態は、「気が重い」と感じたり、「やる気」が湧かないなど、行動をする事に対する足かせとなります。

そして、「マイナスの気持ちから開放されたい気持ち」で、心が満たされます。

本来の自分の能力が発揮できず、何かある度に、ずっと「マイナスの気持ちの開放」を考えてしまうのです。

従って、「マイナスの気持ち」は早く消し去るべきなのです。

マイナスの気持ちはプラスの気持ちよりも強い

「マイナスの気持ち」は、「プラスの気持ち」に比べると、簡単に消し去る事ができません。

「マイナスの気持ち」は、「嫌な出来事」です。

人間も動物です。

「嫌な出来事」に対して、危機意識が芽生え、近づかない様になるのです。

よって、記憶から簡単に消す事ができないのです。

そして、現代の社会では、学校や職場など、「嫌な出来事」をした場所に存在し続けなければいけない事が多くあります。

これは、「マイナスの気持ち」が膨らみ続ける事を意味しています。

「マイナスの気持ち」は消えにくいのですが、さらに「マイナスの気持ち」が蓄えられていく環境に置かれているのです。

マイナスの気持ちを消すよりもプラスの気持ちで心を満たす

膨らみ続ける「マイナスの気持ち」に対して、どの様に対峙していくのか?

「マイナスの気持ち」は、消す事ができません。

従って、「マイナスの気持ち」を覆う程の「プラスの気持ち」で対抗するのです。

「プラスの気持ち」で心を満たす事により、「マイナスの気持ち」の領域を狭めるのです。

嬉しい事、楽しい事で心を満たして、辛い事や苦しい事の記憶を薄めるのです。

「マイナスの気持ち」が、少しでも薄まる事により、心に耐性が付きます。

耐性とは「慣れ」です。

いきなり重い物を持つのは辛いですが、徐々に重くしていく事で、体も慣れ、重さにも慣れます。

「マイナスの気持ち」は、いきなり生まれる気持ちで、心が驚いているだけです。

「プラスの気持ち」で緩和する事で、「マイナスの気持ち」を乗り越える事ができる様になるのです。

【PR】スポンサーリンク

simacatから一言

「嬉しい事」や「楽しい事」が無いという方もいらっしゃると思います。

見つけ方は人ぞれぞれなのでアドバイスは難しいのですが、色々な本を読んで見るのは如何でしょうか?

本にて知識が増えるという事は、興味が持てる事柄が増えるという事です。

また、つまらないかも知れませんが、近所を散歩するのも良いと思います。

少し遠くに歩いてみると、気付かなかった景色と出会えるかも知れません。

内側に目を向けるよりも、外側に向ける事をお勧めします。

「人に頼る事は避けるべき」と、お話しを致しましたが、「人」は助けられたり、傷つけられたりする存在です。

あまりにも不安定ですし、傷つけられた場合、「マイナスの気持ち」は想像以上に膨らんでしまいます。

「プラスの気持ち」の為に「人」を頼る事は問題ありませんが、「マイナスの気持ち」の解消に「人」は不向きな存在なのです。

少々、表現に問題があるかも知れませんが、自分の都合の良い様に「人」と接する事をお勧め致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました