未経験のお仕事をしたい時、まずは自分にあっているのか副業で試すべき!!

【PR】スポンサーリンク
4524ビジネスコラム
simacat.com
【PR】スポンサーリンク

未経験のお仕事をしたい時、まずは自分にあっているのか副業で試すべき!!

はじめに

現在のお仕事をしながら、

「違うお仕事もしてみたい」と

考えた事はないでしょうか?

現在のお仕事に比べると、

未経験のお仕事は当然「知識」が不足しています。

「良いなぁ」と思っただけで、

転職を考える人は少ないと思います。

しかし、知らないままで終わるのも、

後悔をしてしまうかも知れません。

その様な時、

可能であれば「副業」として経験をしてみては如何でしょうか?

本業があるので、恐れる必要はありません。

嫌なら辞めれば良いのです。

軽い気持ちで、「知識」や「経験」を積む事は

悪い事ではありません。

社則を必ず確認しよう

副業をするにあたり、

必ず確認をしなくてはいけないのが、

現在勤めている「会社の規定」です。

一般的に「社則」と言われている物となります。

「社則」に「副業の禁止」が謳われている場合、

「副業」により解雇をされてしまう可能性が出てきます。

もう少し掘り下げますが、

一般的なサラリーマンであれば公務員と違い、

プライベートの時間は会社に拘束される事はありません。

従って、プライベートの時間に副業を行っても

咎められる事もありませんし、

会社が解雇をする事由にもあたりません。

しかし、「本業の情報を副業で利用した」場合や

「副業が本業に影響を与えた」場合などは

解雇の事由となる可能性があります。

「本業の情報を副業で利用した」場合は

明らかな情報漏洩なので、

解雇の事由にも納得ができると思います。

しかし、「副業が本業に影響を与えた」場合の

判断が難しいのです。

本業が繁忙期の時に残業を依頼された時、

副業を理由に残業を断ってしまうと、

「副業が本業に影響を与えてた」

判断される可能性があります。

「それなら、副業をしている事を黙っていれば良い」と

考えるかも知れませんが、

同僚からバレたり、住民税の金額からバレたりしますので、

隠し通す事は不可能と考えた方が良いでしょう。

本業での無用なトラブルは避ける為にも、

しっかりと「社則」を確認しましょう。

「社則」に「副業の禁止」が謳われている場合、

かなり時間に余裕のある副業を選ぶ必要があります。

本来は「やりたい事」の筈の副業が、

「やれる事」に絞られてしまう事はスッキリしませんが、

まずは地盤である本業を優先した方が良いでしょう。

simacat
simacat

sima先輩、社則って知ってます?

sima先輩
sima先輩

当たり前じゃん

小難しい事がいっぱい書いてあるけど、しっかりと読まないと損をする場合があるよ

simacat
simacat

損?

損ってなんですか?

sima先輩
sima先輩

副業の可否もそうだけど、出張の時の交通費や宿泊費の事も書いてあるんだよ

例えば自分の役職によってはグリーン車を使ったりもできるんだよ。

simacat
simacat

へぇ〜

今度、読んでみますね

お金をかけないようにしよう

お金は「元が取れる事が確実であれば良い」のですが、

そうではない場合、お金を掛けるべきではありません。

そもそも、お試しで副業をしようとしているので、

「いつでも手を引ける状態」にしておく必要があります。

例えば、「宅建(宅地建物取引士)」や「税理士」などの

試験を受ける為に、教材を購入したり、学校に通ったりするケースは

大抵が失敗に終わります。

すぐに行動をする事は大切な事ですが、

まずは「お金を掛けないで、どれくらいの知識を得る事ができるのか?」を

基準に行動をしましょう。

なお、「プログラミングスクール」や「料理学校」など、

本業や私生活でも使える物であれば、

お金を掛けても良いと思います。

なお、今はほとんどの情報をネットで得る事ができます。

プログラミングにしても、お料理にしても、

ある程度はネットを探せば、情報を得る事ができます。

まずは、そうした工夫をして

「お金を掛けない」ように努力をしましょう。

simacat
simacat

sima先輩、習い事とかしてますか?

sima先輩
sima先輩

前は英会話とか考えた事があるけど、今はスマホのアプリで気軽にできるしね

だから、特に習い事としてやっている事はないけど、知りたい事はネットで調べる癖をつけているよ

分からない事を分からないままにしない様にしているよ

simacat
simacat

意外と勉強家なんですね

優先するのは本業

副業を行う事により、本業が疎かになる事があります。

例えば、株取引やFXなどは相場が気になり、

仕事中もチャートに釘付けになる人がいます。

これでは、本業に集中する事ができません。

本業と副業を割り切る事ができないのであれば、

副業は行わない方が良いでしょう。

副業はあくまでも副業なのです。

しっかりと割り切り、本業に影響が出ないようしましょう。

simacat
simacat

sima先輩は株とかやってますか?

sima先輩
sima先輩

デイトレードはしてないよ

だから本業に影響が出る様なやり方はしていないよ

なるべく長期で保有して、複利効果を得る様にしているよ

simacat
simacat

凄いですね

本業と副業を切り替えるタイミング

「やりたい事」から始まった副業ですが、

副業が軌道に乗ってきたとします。

その時に考える事は「副業を本業にする」事です。

それは「夢を叶える」事と同じ意味となります。

しかし、その時に気をつけたいのが、

「どの様な基準で判断をするのか」です。

殆どの方は「副業の方が、お金を稼げるから」と

判断をしがちです。

今までは本業があって、副業をしていました。

無意識に「副業が失敗しても、本業があるからダメージをカバーできる」と

考えていたのです。

しかし、本業を失った時、

失敗のダメージはカバーできなくなります。

困ったり、悩んだりした時、

副業を選んだ時の「気持ち」が重要となります。

従って、「やりたい事をやる気持ち」を

判断の基準にするべきであって、

「お金」を判断の基準にするべきではないのです。

お金を基準にしてしまうと、

失敗した時に「後悔」しか残りません。

しかし、「やりたい事」を失敗した時、

「学び」になり、それが「経験」となります。

それは、次に繋げる為の知識とする事ができるのです。

simacat
simacat

sima先輩はやりたい副業はありますか?

sima先輩
sima先輩

あるよ

ご飯のカリカリを作る会社でバイトしたい

simacat
simacat

え?

バイトですか?

sima先輩
sima先輩

そう!

カリカリが安く手に入るかも知れないから

simacat
simacat

定食屋の賄い感覚ですね

【PR】スポンサーリンク

simacatより一言

副業を禁止している会社は、まだ多い様です。

45歳以上がリストラ対象となる世の中ですので、

副業により、ある程度の逃げ道は作らせて欲しいと個人的には考えます。

お仕事と呼ばれる物は、たくさん存在します。

まずは気になる物の情報収集をする事が重要です。

なんでもそうですが、

「始めから上手くは行かない」と考えるべきです。

どれだけ低リスクで、経験を積めるかが重要です。

その点、副業は本業によるカバーがあるので、

安心をして経験を積む事ができます。

現在、副業を始めるか悩んでいるのであれば、

「お金を掛けない前提」で始めては如何でしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました