イメージがわきません?!想像できません?!それは理解ができていないという事です?!

9612社会人へのアドバイス
simacat.com
スポンサーリンク

イメージがわきません?!想像できません?!それは理解ができていないという事です?!

聞き流し用動画(YouTube)

はじめに

人のお話しを聞いて、「イメージがわかない」「想像ができない」、そんな事があると思います。

これは、「理解ができていない状態」です。

「理解ができていない状態」で、お話しを進めてしまうと、さらに「理解不能」になったり、「誤った理解」となる可能性が高くなります。

また、「理解ができない状態」は、自分がお話しをしている相手にも起こる事です。

「イメージがわかない」「想像ができない」、そのような状態を回避する為には、「理解した事を確認する」しかありません。

お話しを聞く場合でも、お話しをする場合でも、「理解へ向けた努力」をおこなうように、工夫をする必要があります。

イメージがわかない、想像できない

「イメージがわかない、想像できない」とは、「理解ができていない状態」です。

「理解」とは、「意味や内容が分かる事」「道理や筋道が分かる事」「正しいとする事が分かる事」となります。

「理解」ができていないと、「なぜ、そのような考えなのか?」「なぜ、そのようになるのか?」が分かりません。

したがって、「イメージする事」も「想像する事」もできません。

場合によっては、この事で、「腹を立てる人」や「不安を感じる人」がいます。

このような人に限って、「理解へ向けた努力」を怠っています。

時間がかかっても、「理解へ向けた努力」をして、同じ「イメージ」を持ち、「想像」ができるようになるべきです。

理解へ向けた努力(知識)

「理解」をする為には、ある程度の「知識」が必要となります。

「自分に分からない事」とは、「知識が存在しない事柄」です。

例えば、「聞いた事がない事」「やった事がない事」など、その事柄について、「何も知らない」となります。

この為、「理解」ができず、「イメージする事」や「想像する事」ができません。

したがって、「イメージ」や「想像」をする為には、「知識を身につける」必要があります。

もし、お話しの内容が事前に分かっているなら、その内容について、あらかじめ調べて、予習をしておく事で、「お話しをする事柄に関連する知識」を身につけておく事ができます。

事前に「知識を身につける事」で、お話しの内容が、「理解」しやすくなります。

お話しの内容が事前に分からない時は、その場で「確認をする」事となります。

くれぐれも、「理解をしたフリ」はしないでください。

この「理解をしたフリ」をしてしまうと、「理解不能」になったり、「誤った理解」となってしまいます。

そして、重要な事は、「理解した事の確認」となります。

これは、「自分が理解した事柄に誤りがないか?」を相手に確認する事となります。

これで、「理解」にズレがあった場合は、修正する事ができます。

この「正しい理解」が「知識」となり、正しい「イメージ」を持ち、「想像」を膨らます事ができるようになります。

理解へ向けた努力(確認しやすい環境)

「理解」をする為には、「確認しやすい環境」が必要となります。

これは、「理解する側」「理解させる側」の両方が両方を「気づかう事」となります。

この「気づかう事」とは、「感情的」にならず、「相手のテンポに合わせる事」となります。

「相手のテンポに合わせる事」とは、「相手の口調や表情を読みとる事」となります。

そして、「理解ができていない」と感じた時は、「理解へ向けた努力」をおこなってください。

この「理解へ向けた努力」をおこなう事で、「確認をしやすい環境」は大きく変わります。

「理解する側」「理解させる側」の両方が「理解へ向けた努力の様子」がない場合、「確認する事」が、非常に難しくなるからです。

「確認する事」が非常に難しい環境だと、「確認をしない」事となり、「理解をする事」ができなくなります。

逆に、「確認する事」が楽しい環境だと、「理解が進む事」となります。

この「理解が進む事」は、「正しい知識を積み上げる事」となります。

「知識が積み上がる事」は、お仕事での「理解力」が上げる結果となります。

理解へ向けた努力(伝える力)

「理解」をする為には、「伝える力」が必要となります。

これは、「文書だけでなく、絵なども使って伝える事」となります。

言葉や文字ばかりでは、「伝える事」はできても、「理解」しているのかは分かりません。

例えば、「理解させる側」が、黒板に文字を書き、「理解する側」が、書かれた文字を丸写ししたとします。

そして、「理解できたのか?」の確認の為に、丸写しした文字を黒板に書き出したとします。

確かに、書かれた言葉は全て正しいのですが、本当に「理解できたのか?」は、疑問となります。

この疑問の理由は、「理解する側」と「理解させる側」の「イメージ」や「想像」が一致しているのか、分からない為です。

「伝える力」とは、「知識からのイメージや想像も、一致させやすくする伝え方」となります。

「伝える力」は、「理解させる側」に求められる事が多いのですが、「理解する側」にも必要な力となります。

自分が理解できた事を伝えるには、「伝える力」が必要となるからです。

simacatより一言

何を言われているのか、分からない事があります。

そのような時、つい、「自分の無知」を責めてしまいます。

世の中には、分からない事はたくさんあります。

したがって、「分からなくて当たり前」と考えるべきです。

だから、「確認」をして、「理解」をして、「知識を積み上げる」必要があります。

自分が「理解できない事」は、「知識」を得る為にも、遠慮せずに、「確認」をしてください。

その姿勢は、「理解をする努力」となります。

「理解をする努力」が存在する環境では、「理解をする工夫」と「理解をさせる工夫」が、常におこなわれます。

その結果、その環境に存在する人たちの、「理解力」や「伝える力」が向上する事となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました