自分の主張が受け入れられない?!理解される主張の方法を解説!!

5649社会人へのアドバイス
simacat.com

自分の主張が受け入れられない?!理解される主張の方法を解説!!

はじめに

自分の考えを述べる場面は誰にでもあります。

そして、自分の考えは、そのまま個性と捉えられる物です。

よって、自分の主張が周りに受け入れられた時は、自分が認められた気分となります。

しかし、時にはどんなに強く訴えても、自分の主張を受け入れて貰えない事があります。

それが続くと「自分の考えがおかしいのではないか?」と考えてしまいます。

それは「考えがおかしい」のではなく、「配慮が足りない」だけなのです。

少し工夫するだけで、周りに自分の主張を受け入れて貰えるのであれば、工夫をするべきです。

主張とは?

主張の意味

主張とは、「自分の意見を強く言い張ること」となっています。

自分の意見を発言する場面、何かに記載する場面、様々な場面で「主張」と言う言葉が出てきます。

そして、言葉の意味する通りに「主張」を行うと、「語気を荒げる」「固執する」などのイメージが浮かびます。

しかし、このイメージ通りに行う事で、主張をする相手に対して、強く印象付ける事ができるのです。

相手に自分の考えの印象を残し、自分の主張を理解させる事ができれば、主張は成功と言えます。

理解をされない主張は単なるわがままとなる

「主張」をする行為自体に成功や失敗はあるのでしょうか?

「主張」の意味は「自分の意見を強く言い張ること」で、あくまでも行動を表した言葉です。

よって、「主張」をするだけであれば、成功も失敗もありません。

しかし、失敗が続くと「自己主張が強い」「強情」「個性的」と言われる様になり、単なるわがままと捉えられ、誰も聞く耳を持たなくなってしまいます。

この状態を避ける事が、「主張の成功」となるのです。

主張の意味とは「自分の意見を強く言い張ること」で、周りに自分の考えの印象を残し、自分の伝えたい事を理解させる事です。

失敗が続くと「自己主張が強い」「強情」「個性的」と言われる様になり、単なるわがままと捉えられ、誰も聞く耳を持たなくなってしまいます。

理解される主張をする為に

主張をするテーマを理解する

どの様な「主張」であっても、「テーマ」は必ずあります。

まずは、「テーマ」を理解する必要があります。

「テーマ」を理解する上で必要なのは、客観的な視点です。

「誰が考えても同じ様な理解ができる事」を初めに考えます。

  • 背景
  • だれが(Who)
  • いつ(When)
  • どこで(Where)
  • なにを(What)
  • なぜ(why)
  • どのように(How)

そのテーマの背景として「その状態に至るまで」を前提として、そこから今後、どの様にするべきかを「5W1H」で考えをまとめましょう。

「5W2H」という言葉もあります。

これは「どのように(How)」にプラスして、「費用(HowMuch)」が追加されています。

金額面も検討に含める場合は「5W2H」にて考えをまとめましょう。

この様にして、客観的にテーマを理解し、「テーマが目指している物」を掴みます。

テーマの主題と自分の考えとのギャップを見つける

「テーマ」を理解した後は、自分の考えをまとめる作業となります。

自分なりの考えは、「5W1H」(もしくは「5W2H」)の部分の肉付となります。

この部分が、「主張」のメインテーマとなり、自分の考え方が多く反映される部分となります。

よって、「大胆な発想」「より個性的な考え」が、要求される部分でもあります。

自身で様々なアイデアを出し切った時点で、「テーマ」で理解した事を振り返りましょう。

当然、「誰にでも考えられる事」と「自分ならではの考え」に、ギャップ(相違点)が出てくる筈です。

そのギャップが「主張」の肝と言える、重要な部分となります。

「主張」が、周りにどれだけ受け入れて貰えるのかによって、成功か失敗が決まるのです。

妥協点を見つける

「主張」する部分は「大胆な発想」と「より個性的な考え」です。

周りの方にしてみれば、突飛な事となっているかも知れません。

その場合は、自分の「主張に」に無闇に固執せず、自分の考えが少しでも取り入れられる様にしましょう。

せっかく考えた事を無駄にするのは勿体ない事です。

そして、余り固執していると、周りから反感をかう恐れがあります。

「主張の成功」は「主張」が全て受け入れられる事ではなく、一部でも受け入れられる事を目標にしましょう。

そして、自分自身である程度の妥協点を見つける事で、「失敗」を避ける様にしましょう。

テーマを客観的に「誰にでも考えられる事」として理解をします。

「誰にでも考えられる事」と「自分ならではの考え」のギャップが「主張」となります。

自分自身である程度の妥協点を見つける事で、「失敗」を避ける様にしましょう。

simacatから一言

「主張」はプレゼンテーション能力です。

マスターする事で周りの方の考えをコントロールする事が出来ます。

よって、敢えて「失敗」しても良い場面もあります。

上手に「成功」と「失敗」を使い分ける事ができれば、「主張」により周りが自分にとって有利に動く様に、コントロールする事ができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました