仕事でやる事が見つからない!!手が空いた時にやっておきたい事とは?!

【PR】スポンサーリンク
3918社会人へのアドバイス
simacat.com
【PR】スポンサーリンク

仕事でやる事が見つからない!!手が空いた時にやっておきたい事とは?!

はじめに

お仕事をしていて、ごく稀に「お仕事がない」時があります。

例えば、予定よりも早く、お仕事が終わってしまったり、新規のお仕事などで、始まるタイミングが合わなかったり、理由は様々あります。

その様な時、何をしますか?

特に思い当たらない人は、ダラダラと過ごしてしまう可能性が高いです。

「やらなくてはいけない事がない」ので、何をしていても良いとは思うのですが、せっかく生まれた時間を有効に利用しないのは、勿体無い事です。

今までのお仕事の振り返りをする

今まで行ってきた「お仕事の振り返り」を行います。

「どの様なお仕事をしてきたのか?」

「どの様なスキルが身についたのか?」

振り返りを行う事で、「自分の今の状態を客観的に確認」をする事ができます。

特に「スキル」について「伸ばしたい」と思うのであれば、「今後、どの様な行動をしていけば良いのか?」を検討する事ができます。

色々な方法があるかも知れません。

せっかくの「何もしなくて良い時間」です。

「将来の自分に必要な事」を調べる時間に割り当てる事で、時間を有効利用する事ができます。

また、今後の動きについても、検討をしましょう。

「自分は現在、どの様なポジションにいるのか?」

これは、職場の上下関係は勿論、お客様との距離も含めて、全体的な視点でのポジションとなります。

「先輩と後輩の間に挟まれている」もしくは「自分の会社とお客様の間に挟まれている」など、自分のポジションが明確になれば、「自分は橋渡しをする役目」というポジションにいる事が分かります。

客観的に自分のポジションを知る事で、「今後、職場で自分がどの様に振舞えば良いのか」を、確認する事ができます。

せっかくの「何もしなくて良い時間」を「自分の役目を知る時間」に割り当てては如何でしょうか。

自分の会社を知る

普段、あまり気にしない事が「自分の会社を知る」事です。

会社に入社する前までは、色々と調べていたと思いますが、入社をして数年も経つと、自分の会社についての興味が薄れてきます。

大きな会社になると、「会社が今、一番力を入れている事」や「会社の決算状況」などを会社のホームページで知る事ができます。

知る事ができるにも関わらず、友人などに、自分の会社の状況を説明する事ができない人がいます。

せめて、「会社が今、一番力を入れている事」と「会社の決算状況」については、知っておくべきです。

もし、「会社が今、一番力を入れている事」が、自分のお仕事に関係している事であれば、活躍のチャンスがあるかも知れません。

もし、「会社の決算状況」が非常に良い状況ならば、ボーナスに期待が膨らみます。

この様に自分の会社の状況を知る事で、会社をもっと身近に感じる事ができるかも知れません。

せっかくの「何もしなくて良い時間」を「自分の会社を知る時間」に割り当てては如何でしょうか。

自分の業務経歴書を作成する

「業務経歴書」という物をご存知でしょうか?

転職をされている方は十分に、その重要性をご存知の事と思います。

「業務経歴書」の前に「履歴書」について確認をします。

「履歴書」は学歴や職歴、取得している資格や志望動機など、「自分の特性」について記載する書類です。

アルバイトの経験をした方は、馴染みがあると思います。

そして、「業務経歴書」は「今まで、どの様なお仕事を、どの様な体制で行い、どの様な成果をあげたか」など、「自分のお仕事の実績」を記載する書類です。

自分は「転職は考えていないから、関係がない」と思わずに、「自分のお仕事の実績」を振り返ってみましょう。

「どの様なお仕事か?」については、そこまで難しくはないと思います。

「どの様な体制で?」については、少し考えてしまうかも知れません。

そして、殆どの人は「どの様な成果をあげたか?」で、つまづいてしまいます。

営業職など、売上目標が立てられている職種であれば良いのですが、事務職の場合、「何を持って成果とするのか?」が分からないと思います。

「業務経歴書」を知るまでは、それで良いと思います。

しかし、「業務経歴書」について知った以上は、「何を持って成果とするのか?」について日々、考えましょう。

そうすれば、「成果を求めた動き」ができる様になります。

「成果を求めた動き」ができていれば、「業務経歴書」の「どの様な成果をあげたか?」を記載できる様になる筈です。

「成果を求めた動き」とは何でも良いのです。

例えば、「ある書類の作成について、半年前までは1時間かかっていましたが、現在は30分で作成する事ができる様になったので、30分の作業効率化がはかれました。」でも良いのです。

一つの書類では、余り大した事のない数字となりますが、多くの書類にて、作業の効率化を行う事で、「事務作業を、年間△△時間から年間〇〇時間に短縮し、作業の効率化を致しました」となるのです。

この様に「今まで自分が行ってきた実績」を「業務経歴書」としてまとめる事で、客観的に自分の能力を確認し、実績を積み上げる事を意識できる様になるのです。

せっかくの「何もしなくて良い時間」を「自分の実績を知る時間」に割り当てては如何でしょうか。

【PR】スポンサーリンク

simacatから一言

「お仕事がない」事を「開店休業状態」などと言います。

お店は開いているのですが、お客様が来ない状態ですね。

何もしなくて良いのは嬉しいのですが、やはりダラダラと過ごしてしまいがちです。

そして、ダラダラと過ごした後に、「あの時にやっておけば良かった」と後悔をします。

そんな後悔をしない様に「暇な時にやりたい事リスト」を作っておくのも良いと思います。

急に暇になってしまった時、時間を無駄にしてしまうのは、仕方のない事かも知れませんが、せめて「後悔」が無いように、過ごして頂ければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました