お仕事は物語、主人公はあなた?!そうすると辛い出来事も楽しむ事ができる!!

【PR】スポンサーリンク
3274社会人へのアドバイス
simacat.com
【PR】スポンサーリンク

お仕事は物語、主人公はあなた?!そうすると辛い出来事も楽しむ事ができる!!

はじめに

お仕事を行うにあたり、他人事で取り組むと「やらされている感」を覚えます。

この「やらされている感」があると辛い出来事は辛いまま、記憶に残ります。

その様な出来事が続くと、お仕事に対する情熱は消え失せ、お仕事に対する思いもなくなり、お仕事をする事に疑問を感じてしまいます。

その様にならない為にはどうすれば良いのか?

それは「自分が主人公」と思う事です。

様々なお仕事は、誰かが用意してくれた劇やドラマなどの物語だと思い、自分はその主人公だと思う様にしましょう。

お仕事と物語

お仕事と物語は非常に似ています。

息の長いお仕事から、数分で終わってしまうお仕事もありますが、お仕事の中には「困ったりする事」や「嬉しく感じたりする事」など様々な出来事があります。

それが物語と非常に似ている所なのです。

お仕事を物語と捉える事で、何の変哲もないお仕事でも「特別なお仕事」と感じたり、「お仕事を客観的に見る」事ができます。

そして、「特別なお仕事」は自分にとっても「特別な事」となり、細かな部分まで神経を巡らせる事ができるのです。

そして、物語の主人公を自分とする事は「面白い物にする事」を意識する事ができるのです。

ちなみに「面白い物」とは「笑える」と言う意味ではなく、自分も含めて様々な人に興味を持って頂けると言う意味です。

主人公だから考える

そこには自分に関わる多くの登場人物がいるかも知れませんし、たくさんの壁があるかも知れません。

「様々な登場人物との関わり方」や「たくさん壁の超え方」を主人公の目線で考える必要があります。

そして、主人公として「物語を良い物にするには、どの様な事をしなくてはいけないのか?」と考えるのです。

主人公だから動く

主人公は物語を進める上で重要な要素です。

なぜなら主人公が何もしないと物語は進まないからです。

物語を進める為に主人公として行動をするのです。

多くの登場人物は主人公に友好的ではないかも知れません。

立ちはだかる壁は主人公を拒み続けるかも知れません。

それで良いのです。

何事も起こらない物語ほど、つまらない物はありません。

主人公の行動が「どの様に障害を乗り越えたのか?」が物語の重要なキーポイントとなるのです。

主人公だから悩む事もある

主人公は「様々な障害をどの様に乗り越えるのか?」を悩む事があります。

主人公だけでは解決のできない問題に対峙する事もあります。

それで良いのです。

物語なので、悩まずに難なく、お話しが進んでは面白くありません。

悩みと向き合い、「どの様な点を悩んでいるのか?」を明確にするのです。

そして、その悩みを「どの様に解決をしたのか?」が重要なのです。

それは「瞬間の閃き」かも知れませんし、「誰かの助け」なのかも知れません。

それらの一つ一つが物語を面白くさせるのです。

物語の最後はハッピーでなくても良い

主人公ですので物語の最後はハッピーエンドにしたいと思いがちです。

しかし、ハッピーエンドの形には色々あり、「成功だけがハッピーエンドとは限らない」のです。

「何となく結果が出ていない物語」は次の物語の序章かも知れません。

「大いに失敗をした物語」は「成功」ではありませんが、学ぶ事があり、他の誰かに知識を与える事となるかも知れません。

従って、「ハッピーエンドの形」と「成功」を同一にする必要はないのです。

物語は終わる必要がある

物語である以上、しっかりと終わりにする必要があります。

「成功」でも「失敗」でも、どちらでも良いので、しっかりと終わらせるのです。

その様に考える事で「初めから終わりまで」を意識する事ができます。

そして、反省する点は色々あっても良いのです。

それが、自分が主人公となった物語が、伝えたい事となるのです。

物語には続編がつきもの

自分が主人公となった物語が好評だった時、何が起こるでしょう?

それは「続編への出演」です。

前回の物語が好評だった場合、次の物語も出演する事ができます。

多く物語に出演する事は多くの信頼を勝ち取ると言う事です。

「この人が出演をすれば、必ず良い物語となる」と思われるのです。

【PR】スポンサーリンク

simacatから一言

自分を主人公とする事で「主体性」を身に付ける事ができます。

「主体性」とは「責任を持ってやり遂げる事」です。

自分が主人公である以上、物語からは逃げる事はできません。

プレッシャーに感じる事もあるかも知れません。

もし、「自分には主人公は荷が重い」と感じたら、色々な人を巻き込みましょう。

それが「主人公の特権」なのです。

「それでも無理」ならば、しっかりとした手順を踏み、降板しても良いでしょう。

しかし、その場合は「なぜ無理なのか?」「どういう物語なら、出演できたのか?」をしっかりと考え、答えを出しましょう。

物語は「成功」でも「失敗」でも良いのです。

全て含めて物語なのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました