お仕事でアサインされました?!ところでアサインとはなんですか?!アサインの意味や使い方をご紹介?!

10760社会人へのアドバイス
simacat.com
スポンサーリンク

お仕事でアサインされました?!ところでアサインとはなんですか?!アサインの意味や使い方をご紹介?!

聞き流し用動画(YouTube)

はじめに

人を割り当てる際、「アサイン」という言葉が使用されます。

「プロジェクトにAさんをアサインしておくので、本人に伝えておいて」とか、「このプロジェクトにアサインされました、Aと申します」などです。

「割り当て」という言葉でも、「アサイン」という言葉でも、どちらでも同じ意味となるので、どちらの言葉を使用しても、問題はありません。

しかし、「アサイン」という言葉は、お仕事の世界では頻繁に使用されています。

「アサインの意味」について知り、自分が使用する時に備えて頂きたいと思います。

また、「アサイン」と聞くと、どうしても「割り当てをする人」と「割り当てをされる人」の二つの存在しか思い当たらないと思います。

しかし、そこには「割り当てを受け入れる側」が存在します。

一般的に「集団やチーム」となります。

この「アサインを受ける側」についても、触れたいと思います。

[スポンサーリンク]

アサインとは

「アサイン」とは、「割り当てる」「付与する」「任命する」などの意味で、一般的にビジネス用語として使用されています。

英語の「assign(アサイン)」が元になっており、意味もそのまま「割り当てる、あてがう、配属する、任命する」などとなります。

その他の意味として、「与える、当てる、選任する、選定する、命じる、指定する」などがあります。

これらの意味ですが、職種によって、様々な解釈があります。

例えば、採用関連のお仕事の「アサイン」では、「採用する」という解釈となります。

旅行業での「アサイン」は、「部屋の割り当て」や「座席の割り当て」という解釈となります。

しかし、多くの職種、多くの場面では、「担当させる」という解釈となります。

例えば、「お仕事の担当」「お客様の担当」などもありますし、「役職の任命」などという場面もあります。

基本的に「アサイン」は、「指示」として解釈されます。

この「指示」を受ける事により、「アサインされる事」となり、「担当」になります。

「アサイン」で注意をしたいのは、「上役や責任者へは使用しない」点となります。

「アサイン」は「指示」です。

したがって、「アサインをするか?」「アサインをしないか?」の判断は、「上役や責任者が決める事」となります。

まれに、「下位者の判断」で「アサイン」をする事がありますが、これらは、提案や提言などの「参考意見」となり、あくまでも「決定」は、「上役か責任者」となります。

ビジネス用語としてのアサインの反意語

ビジネス用語の「アサイン」が「割り当てる」という意味であるなら、反意語は「割り当てを取り下げる」という意味となります。

英語であらわすならば、「withdraw(ウィズドロウ)」が「取り下げる」などの意味となり、一番近いニュアンスだと思います。

しかし、これを日本のビジネス用語として使う場面は、ほとんどありません。

したがって、「アサイン」の反意語を考える時は、日本語で「取り消す」「取り下げる」「外す」などの表現をした方が、誤解なく伝わります。

ビジネス用語で話しが始まったとしても、それに無理に付き合うと、意思の疎通に問題が発生する場合があります。

無理をせず、分かりやすい言葉を利用するようにしてください。

アサインを受ける側の準備

「アサインを受ける側」は、ほとんどが「集団」となります。

ちなみに「チーム」という言葉がありますが、これは「同じ目標を持ってお仕事をしている集団」となります。

この「集団」に、「人の補充」をおこなう事が「アサイン」となります。

しかし、「アサイン」されたからといって、すぐに戦力になるワケではありません。

「集団」には、「知識レベル」や「技術水準」があります。

この「知識レベル」と「技術水準」が身についていないと、「チームの戦力」にはなりません。

もちろん、経験により差はありますが、必ず「知識レベル」と「技術水準」を「身につけるまでの時間」が必要となります。

しかし、この「身につけるまでの時間」の過ごし方により、「アサインを受ける側」も、「アサインをされた人」も、「つらい想い」をする事があります。

このような「つらい想い」をしない為にも、「アサインを受ける側」には、「アサインを受けられる準備が整っている」必要があります。

「集団の知識が明記された物」「集団の技術水準を教育できる物」が揃っていないと、「アサインを受けられる準備が整っていない事」となります。

「アサインを受ける側」は、ただ「人を補充できれば良い」と考えていると、「お仕事のパフォーマンスを著しく落とす結果」となるので、注意が必要となります。

スポンサーリンク

simacatより一言

スキルを無視して「アサイン」をおこなうと、「アサインをされた人」も「アサインを受ける側」も不幸になります。

「アサインを指示する人」は、できる限り「アサインをする集団に適した人間性とスキルを考慮をする事」が理想となります。

しかし、実際の現場ではそこまで「細かいケア」をする事ができません。

したがって、「アサインをされた人」は、少しでも違和感を感じたら、「上司や管理者に相談」をしてください。

これは、「採用の場面」「客席や座席の確保の場面」でも同様です。

少しでも違和感を感じる事があれば、「アサインをした人」に相談をするようにしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました