お仕事で優遇される?!お仕事で冷遇される?!お仕事ができない人が優遇されるのは許せない?!

10365社会人へのアドバイス
simacat.com
スポンサーリンク

お仕事で優遇される?!お仕事で冷遇される?!お仕事ができない人が優遇されるのは許せない?!

聞き流し用動画(YouTube)

はじめに

お仕事の現場には色々な人がいます。

大きく分けると、「お仕事ができる人」「普通の人」、そして「お仕事ができない人」でしょうか。

「お仕事ができる人」は、それなりに「優遇」されます。

しかし、自分は「お仕事ができる人」だと思っているのに、「お仕事ができない人」の方が「優遇」されていると思う事があるかも知れません。

これは、あくまでも「自分視点」となるので、本当に「お仕事ができない人なのか?」については疑問が残ります。

とはいえ、その時、「自分は正しい評価をしてもらえない」「自分は冷遇されている」と思うのではないでしょうか。

「優遇」と「冷遇」は、反意語のように利用されていますが、お仕事の場では、基本的に「冷遇」は存在しないはずです。

あるのは、「優遇されている」か「優遇されていない」かとなります。

今回は「優遇」と「冷遇」について、触れたいと思います。

[スポンサーリンク]

お仕事での優遇とは

「お仕事での優遇」とは、どのような事でしょう?

その前に、「優遇」の意味となります。

「優遇」とは、「手厚いもてなし」「良い待遇」という意味です。

言い方を変えると、「普通よりも扱いが良い」となります。

お仕事の場面でも「優遇」という言葉を耳にします。

例えば、会社が求人をする時、「特定の知識や技術、経験をしている人」に対して、「優遇」という言葉が使用されます。

これは、「特定の知識や技術、経験をしていない人」よりも、「優先して採用する」という意味となり、この場合は「教育の手間がかからない」「即戦力になる」事が「優遇をする理由」となります。

また、「高い成果をあげた社員」に対して、「昇進や昇格など、良い待遇をする事」も「優遇」となります。

この「優遇」は、「会社に貢献した事」、「今後も同様に貢献し続ける事への期待」が「優遇をする理由」となります。

ちなみに、「物を売る会社」の場合、「たくさん買ってくれたら値引きをする」などがありますが、これも「優遇」となり、「多くの売上を得る事は、会社のメリットになる」という「優遇をする理由」があります。

このように、お仕事の場面で「優遇」される場合は、「会社にメリットがある」などの「理由」があります。

そして、この「理由」は、「評価」をした結果となります。

「評価」とは、「価値や価格などを見定める事」です。

「価値や価格などを見定める事」とは、ある基準を元に、「どの部分が勝っているか?」「どの部分が劣っているのか?」を「明確にする」事です。

この「明確にした内容」が「優遇」をする「理由」となります。

「優遇」とは、この「評価」の結果となり、「評価」が良い場合の「待遇」となります。

お仕事での冷遇とは

「お仕事での冷遇」とは、どのような事でしょう。

まずは、「冷遇」の意味となります。

「冷遇」とは、「冷たく扱う」「良くない待遇」「関心を示されない」などの意味となります。

言葉から想像できると思いますが、「良い事」ではありません。

お仕事の場面でも、「冷遇」は存在しますが、基本的に、その状態が続く事はありません。

例えば、「お仕事で重大なミスが続いた時」「会社に大きな損失を与えた時」など、「降格や減給」となる事があります。

これは、ある意味で「冷遇」です。

しかし、これは一般的に「失敗に対する罰」と、理解をする事ができます。

理由がハッキリとしているので、「正す事」ができれば、「冷遇」が続く事はありません。

しかし、「お仕事で活躍をしても認められない」「会社に貢献しても待遇が変わらない」など、「何をしても関心を示されない」「何をしても評価の対象とならない」などがあります。

このようなケースを「冷遇」と感じる人が多いと思います。

しかし、お仕事の場面で「冷遇」は、「NG行為」となります。

会社がどのような状態でも、従業員がどのような働き方をしていても、「公正に評価」をして、「評価の理由」を明らかにする必要がある為です。

「評価の理由」がハッキリとしていれば、「改善」をする事で、「冷遇」から抜け出す事ができます。

「評価の理由が不明」「無理難題・無謀な目標」などにより、「冷遇」が続く場合は、「改善」をする事ができない為、「冷遇」から抜け出す事ができません。

しかし、これは、「単なる嫌がらせ」となり、「評価をする人の問題行動」となります。

ひと昔前、「リストラ」をおこなうにあたり、「嫌がらせ」がありました。

「リストラ」という「目的」の為に、「わざと悪い扱い」をしていたようです。

しかし、現在では、「わざと悪い扱い」をする事は、「NG行為」となっています。

現在、自分が「冷遇」されていると感じている人は、「自分ができる事」を視点として、「何ができたら普通なのか?」を「評価をする人」に確認をしてください。

その答えが「冷遇」から抜け出せるヒントとなります。

とはいえ、「評価をする人の能力」が極端に低い場合があり、「評価の理由」を説明できない人がいます。

この場合は、「評価をする人が目指している事」を確認した方が、良い場合があります。

これは、それが「評価の基準」である可能性が高いからです。

「評価をする人」を理解する事も、「自分の評価の為には必要」な場面があります。

お仕事ができないのに優遇されている人がいる

「お仕事ができないのに優遇されている人がいる」と思った事はないでしょうか?

「優遇」される場合、その「理由」が分かれば問題はなく、納得もできます。

しかし、「理由」が分からない場合、「不公平」と思い、「不満」を感じてしまいます。

特に、この「優遇」される点が「お金」に関わるような場合、さらに不快となり、やる気を失うキッカケとなります。

「冷遇」は、おこなってはいけない「NG行為」です。

しかし、「優遇」は「NG行為」ではありません。

したがって、「優遇」をする事は「悪い事」ではありません。

問題なのは「理由」となります。

「理由」は「優遇をする人の評価」に、委ねられる部分となります。

まわりの人が、「お仕事ができない人」をどのように評価をしていても、判断は「評価をする人」がおこなうからです。

本来、「優遇されるか否かの判断」は、「公正」にするべきで、その理由は「誰にでも理解をされる内容」が理想です。

しかし、誰もが「同じ見方や考え方」ではないのも事実です。

したがって、「評価をする人」は、まわりの人に「理解をされている人」である必要があります。

「お仕事ができないのに優遇されている人がいる」と考えている場合、この「評価をする人」にも、不信感を抱いているのはないでしょうか?

もちろん、「評価をする人の能力」を疑っても良いと思います。

とはいえ、どれほど考えても、「自分のお仕事に対する評価」は変わりません。

「他人の評価」を気にするよりも、「自分の評価を高める事」について悩んだ方が、「優遇」される可能性が高くなります。

ちなみに、「お仕事ができないのに優遇されている人がいる」場合、「羨ましい」と感じる人がいます。

「羨ましい」があるから、「不公平」と思ってしまいます。

しかし、この「お仕事ができないのに優遇されている人」は、不幸な存在だと思った方が良いでしょう。

いつまでも、「評価をする人」は、同じではありません。

「評価をする人」が変わった時、「優遇」されなくなる可能性が高くなります。

その結果、「優遇」が当たり前だった環境が、大きく変わります。

そして、「自分はお仕事ができない」という現実を目の当たりにします。

それほど、精神的に厳しい変化はありません。

「優遇」されるのは良い事なのかも知れませんが、自分自身が「優遇されている理由」に納得をしていないと、「評価をする人」に、振り回される事となります。

スポンサーリンク

simacatより一言

お仕事の場では、「評価」があり、評価にもとづき「待遇」が決まり、そして「優遇」される流れとなります。

ちなみに、どのように頑張っても、どれだけ売上をあげても、「優遇」されない事があります。

それは、「会社の経営状態」です。

「会社の経営状態」が悪い時、「優遇する余裕がない状態」でもあります。

「優遇」されない事で、気を落とす事もあると思いますが、このような「会社の状態」についても理解をする必要があります。

「会社の状態」も理解をしないで、ただ不満を感じ、やる気を失っていては、「優遇」される為の評価を得る事ができません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました