元気付けるとは?!人を元気付ける為の4つの基本の行動とは!!

8676ビジネスコラム
simacat.com

元気付けるとは?!人を元気付ける為の4つの基本の行動とは!!

聞き流し用動画(YouTube)

ビジネスコラム:元気付けるとは?!人を元気付ける為の4つの基本の行動とは!!

はじめに

失敗をしてしまったり、思い通りにならない時、気分は落ち込み、やる気を失ってしまう時があります。

そのような時、「人から励まされた事」はないでしょうか?

その励ましで、やる気が復活し、「元気を取り戻す」事ができます。

これは、「元気付ける行動」をしてもらった事となります。

「口下手」など、「人と接する事が苦手」で、「ただ、黙って話しを聞く事」しかできなくても、「元気付ける事」はできます。

「人を元気付けられる行動」を一つでも多く知り、一人でも多くの人の「元気」を取り戻す事ができたら、「元気を取り戻した人たちとの結び付き」は、強くなります。

その結び付きは、自分が元気を失った時に、「自分を救ってくれる存在」となるかも知れません。

元気付ける

「元気付ける」とは、「人に元気を取り戻させる行為」です。

「慰めたり」「励ましたり」など、「元気を取り戻させる行為」をおこない、相手を「前向きな気持ちや考えにさせる事」となります。

慰めたり、励ましたりする状況は、「相手が落ち込んでいる状態」です。

その「落ち込んでいる状態」は、「心が傷付いている状態」です。

そんな状態から回復させる為、「元気付ける事」とは、「人の心を癒す事」とも言えます。

しかし、「かなり深く、心が傷付いている」場合は、どれほど「元気付ける行為」をしても、効果を期待する事はできません。

「元気付ける事」にも、限界がある点に注意が必要で、あまりに「ひつこい」場合は、「元気付ける」どころか、逆に相手を「傷付ける行為」となります。

「元気付ける行為」をおこなうにしても、相手の様子をみて、「相手の心の変化」を確認するようにしてください。

元気付ける為の4つの基本の行動

「人を元気付ける」為の4つの基本の行動を挙げます。

  1. 側にいる
  2. 褒める
  3. 現実から遠ざける
  4. 話しを聞く


それぞれ、掘り下げます。

「1.側にいる」は、「ただ、側にいるだけ」です。

「行動」といっても、「必ず何かをする必要はない」という事となります。

「元気がない状態」は、考えが整理できず、「混乱しているだけ」なのかも知れません。

その状態で、無闇にお話しを聞いても、「混乱が増すだけ」となってしまいます。

むやみに話しかけなくても、ただ側にいれば、それだけで「独りぼっちではない」という「安心感」をいだかせる事ができ、そして、「混乱」から抜け出し、「考えを整理」する事ができるようになります。

相手の「考えの整理」が終わり、落ち着いたら改めて「相手のお話しを聞く」事で、相手が自分自身の状況を振り返り、「どうすれば良いのか?」を考える事ができます。

この「どうすれば良いのか?」と考えさせる事が、「前向きな考え」となりますので、結果的に「元気付ける」事となります。

「2.褒める」は、相手を「褒める」事となります。

「慰めたり、励ます状況」は、「相手が自信を失っている状態」です。

「相手の自信」を取り戻させる事が、目的となります。

相手は「自分の悪い部分ばかりが見えてしまっている状態」で、だから「自信」を失っています。

そのような時に、「相手の良い部分の指摘」が「褒める事」となり、それが「自信の回復」となり、「元気を取り戻すキッカケ」となります。

「3.現実から遠ざける」は、言葉のままとなりますが、「その環境から距離をとる事」で、違う場所に連れ出す事となります。

ただし、この行動は、「相手と親しい関係」である必要がありますので、その点には注意をしてください。

「相手と親しい関係」でもないのに、違う場所へ連れ出そうとすると、その行動自体が「負担」となってしまいます。

あくまでも、「元気付ける事が目的」である事を意識するようにしてください。

最後に「4.話しを聞く」ですが、「元気付ける行動」としては、こちらが一般的となります。

また、先ほどまでの「1〜3」の、どの行動をおこなったとしても、最終的には、この「話しを聞く行動」が必要となります。

ただし、「話しを聞く行動」には、いくつか注意点があります。

  1. 黙って話を聞く
  2. 相槌をうつ
  3. 明るい雰囲気を保つ
  4. 話しの腰を折らない
  5. 「分かる」とは言わない
  6. 相手の話しを否定しない

これらは、「お話しを聞いている姿勢」をあらわし、かつ、「相手の気持ちを和らげる効果」があります。

しかし、あくまでも「お話しを聞く」事に徹してください。

意見を求められたりする事がありますが、例えば「難しい問題ですね」とだけ答え、自分の考えを伏せてください。

「お話しを聞く事」とは、あくまでも、「相手のアウトプットを行うだけの行為」だと、意識するようにしてください。

simacatより一言

「人を元気付ける行動」についてでしたが、「人を元気付ける言葉」というものもあります。

たったの一言で、「人を元気付ける事ができる」場合があります。

「自分が聞いた言葉」や「本などに書かれていた言葉」で、「元気付けられる言葉」があった時は、ノートなどに「書き出しておく」事をおすすめ致します。

自分が落ち込んだ時、その「書き出しておいた言葉」を読む事により、元気を取り戻せるかも知れません。

一つでも多くの「人を元気付ける言葉」を知る事は、自分の使える言葉が増えるばかりでなく、「人間性の向上」にもつながります。

「人間性が向上する」事により、「誰からも信頼され、誰からも頼られる存在」となれる可能性が高くなります。


コメント

タイトルとURLをコピーしました