【新卒の就活】夢や目標は必要か??まずは社会人体験する事を目標にしよう!!

【PR】スポンサーリンク
3235ビジネスコラム
simacat.com
【PR】スポンサーリンク

【新卒の就活】夢や目標は必要か??まずは社会人体験する事を目標にしよう!!

はじめに

学生の皆さんが就職活動を行う時、夢や目標がない場合、業界や職種を絞れない事から中々就活に踏み出せないと思います。

一生お世話になるつもりなら、自分の夢や目標に向けた成長を行える企業を選ばなければいけないと思いがちです。

社会人としての一生は長いものです。

まだ「20年と少し」しか人生の経験をしていない学生さんに30年、40年も先の事を考えろと言う事に無理があるのです。

そもそも就職に夢や目標は必要なのか?

就職に「夢や目標がある事」に越した事はありません。

そして、希望の企業に入社できる事が「学生としての就活」の正解なのでしょう。

しかし、希望の企業に入社出来たとしても「夢や目標」に向けたお仕事に就けるとは限りません。

「夢や目標が無い事」で就職をためらい、企業に入社をする事が出来なかった場合は「学生としての就活」は失敗と言う事なのでしょうか?

「学生としての就活」は失敗だったとしても、その後にアルバイトから正社員となり、自分自身で納得ができる仕事をやり続ける事が出来たとしたら、それは「成功」なのでしょうか?「失敗」なのでしょうか?

「夢や目標」に向けたお仕事に就け「学生としての就活」が成功しても、実際にお仕事として向き合った時に「夢や目標」と一致しない、もしくは「違う夢や目標」が出来た場合はどうでしょう?

特に「違う夢や目標」を持ってしまった時、それでも入社した企業に居続けて、当初の「夢や目標」だったお仕事に向き合えるのでしょうか?

この様な事を考えると「学生としての就活」には「成功」も「失敗」も無いと言えます。

目標を社会人体験とする

「夢や目標」も大切なのですが、まずは「社会人体験」をしませんか?

人が成長する為には「夢や目標」が必要です。

それは「夢や目標」を意識する事で有益な日々が送れるからです。

しかし、「それしかやらない」と固執してしまうのも就活を失敗させる要素の一つなのです。

従って、「夢や目標」に縛られず、とりあえず「社会人体験する」事を目標に据え、余計な事を考えずに就活が行いましょう。

インターンシップや会社説明会を通して様々な企業を見て、お話しを聞いて、そして「社会人体験」が出来そうな業界や職種を見つけ出し、飛び込みましょう。

就職活動や社会人体験を経験として積み上げる

「学生としての就活」も「社会人体験」も、自分が体験して感じた事は自分だけのものです。

就活で辛かった事や企業に入社して嬉しかった事など、全てが自分の経験として積み上げられていくのです。

人の成長の証は「積み上げられる経験」です。

都度、振り返りを行い、反省すべき点は反省し、良かった点はさらに成長させ、そしてさらに経験を積み上げて行きます。

「学生としての就活」はその入り口に過ぎないのです。

従って、「夢や目標」はなくても「学生としての就活」を始める事が重要なのです。

企業を選ぶ基準とは何か

なぜ「夢や目標」に向けたお仕事に就こうとするのか?それは「夢や目標」は「自分の物」だからです。

「自分の物」の為に働き、そしてお金まで頂けるのです。これ程、得な事はありません。

逆に「全く興味が無い物」の為に働くのは如何でしょう?これは苦痛な事と思いがちです。

従って、なるべく「夢や目標」に向けたお仕事に就こうとするのです。

しかし、実際に「苦痛だと思っていたお仕事」もやってみると楽しい事もあります。

「全く興味が無い物」は経験をしていなかっただけで、それが「夢や目標」となる場合もあるのです。

そして、どうしても「苦痛」なら転職を検討するのも良いでしょう。

この様に「企業を選ぶ基準とは何か?」と聞かれると、「何でも良いから、とりあえず経験を積み上げよう」となります。

これでは「学生の皆さん」はどの様に行動をして良いのか分からなくなってしまいます。

従って、「夢や目標」を企業を選ぶ際の基準としているのです。

その時の直感で決めても良い

「学生としての就活」での企業選びは「夢や目標」も含めて「その時の直感で決めても良い」のです。

「自分がやりたい事」はもちろん、「自分にも出来そうに感じる事」でも良いのです。

その為には就職活動を行う必要があります。

1社でも多く、直感で決める事ができる企業から内定を頂き、「選択を行える自由」を持てる事が「学生としての就活」の正解なのです。

【PR】スポンサーリンク

simacatから一言

「夢や目標が無い」

「自分がどの様な大人になりたいのか分からない」

「もう少し遊んでいたい」

就職活動を遅らせる気持ちは様々あります。

そして、周りが内定を貰い始めて焦り、その焦りから上手く就活が行えずに仕事に就く事が出来ずに学生時代が終わりを迎えてしまう事もあります。

しかし、第2新卒や既卒で合ってもお仕事はあります。

長続きはしなくても良いので、なるべく早く「社会人体験」をする様にしてください。

理由はどれ程の資格を持っていても、年齢だけは巻き戻す事が出来ないからです。

まだ若いと言われる間にたくさんの経験を積み重ねる様に行動をしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました