お仕事でありえないミスを連発?!キツい、怖い、吐き気、苦痛、苦しい?!

9573社会人へのアドバイス
simacat.com
スポンサーリンク

お仕事でありえないミスを連発?!キツい、怖い、吐き気、苦痛、苦しい?!

聞き流し用動画(YouTube)

はじめに

お仕事では「ミス」はつき物です。

逆に、この「ミス」は、「記憶に残る経験」となります。

「成功」も「経験」となるのですが、「成功」よりも「失敗」の方が、「強く記憶に残る物」となります。

なぜなら、そこには「辛い思い」があるからです。

「ミスをする事」で、「怒られる」「自信を失う」などがあります。

そして、それが続いてしまうと、さらに深く、思う事となります。

それが、「キツい、怖い、吐き気、苦痛、苦しい」という気持ちとなります。

これが「辛い思い」です。

しかし、「辛い思い」をしたから、「もう、ミスはしたくない」と考え、「ミスを回避する努力をする」事となります。

その時は辛いと思いますが、前向きに乗り越えて頂きたいと思います。

ありえないミス

「ありえないミス」とは、「想定できないミス」、「誰もした事のないミス」となります。

これは、「金額が多額、もしくは金額に換算すると多額となる事柄」や「多くの人に迷惑をかける事柄」となります。

例えば、「発注ミスで、売切れない程の多くの物を仕入れてしまった」「初期不良を見落としてしまい、後続作業が無駄となってしまった」、「会社の信用を大きく傷つけてしまった」などとなります。

もちろん「ミス」は、「自分がそのようにしたくて、おこなった事」ではありません。

しかし、実際におきてしまい、「迷惑をかける事」となっています。

そして、「ミス」により、損害が発生し、「怒られる」「評価が下がる」「信用を失う」事となります。

もちろん、このような「ミス」を、「誰もが常に起こしている事柄」ならば、「責められる事」にはなりません。

むしろ、「当たり前の事」となり、「改善しない会社」が悪い事となります。

しかし、「誰もミスをしていない事柄」ならば、「ありえないミス」となります。

「ありえないミス」は、「そのミスは自分しかしていない」という事となるので、気持ちが落ち込み、「自信を失う事」となります。

ミスを連発

「ミスを連発」とは、「ミスを繰り返す事」となります。

同じ事柄に限らず、違う事柄でも「ミスをする事」となります。

たとえば、「お皿を落として割る」「計算結果を誤る」などの「小さい事柄」から、「ありえないミス」などの「大きな事柄」まで、「ミス」が続く事となります。

「ミスを繰り返す事」で、「怒られる」「評価が下がる」「信用を失う」と考えるので、「ミスをする不安」から、「お仕事が怖くなる」事となります。

とはいえ、「ミスを繰り返す事」で、「大きなミス」がなければ、「小さなミスが許されてしまう」場面があります。

たしかに「ミスが許される事」で、「お仕事が怖くなる事」を防げるのですが、「自分の成長」という意味では、良い事ではありません。

許されたとしても、「ミスを防ぐ努力」は必要となります。

なお、「ミスをする頻度」という物があります。

「毎日」「一週間」「1ヶ月間」「半年間」「1年間」など、さまざまな尺度があります。

不思議なもので、あまり「ミスをしない人」には厳しく、例えば、「1年前のミス」を「この前もミスをした」などと言われる事があります。

これは「信頼のあらわれ」なのかも知れませんが、「1年前」の事を、「この前」と言われてしまうと、「ミスが連発している」ような印象があるので、違和感を感じる事となります。

では、どうするのか?

「ありえないミスの連発を防ぐには、どうするのか?」となります。

これは、一つ一つのお仕事で、「ミス」をなくしていくしか、方法はありません。

「ミスをなくす方法」を挙げます。

  • 作業前に手順を確認する
  • チェックリストを作り、それに従い作業をおこなう
  • 作業終了後は必ず再確認をおこなう
  • 再確認後は他の誰かに確認をしてもらう
  • 作業の結果について評価をしてもらう

お仕事を行う時は、これら全てを行うようにしてください。

そして、「ミス」が起きた時にも備えておきます。

  • 影響する人、部署、会社を調べておく
  • 取り扱う金額を理解して作業の重要度を調べておく
  • 管理者や上司にすぐに相談できるようにしておく
  • 「ミス」をした時の対応手順を作っておく

「重要度」は、「ミス」が重なってしまった時に、「対応する優先順の指標」となります。

なお、「ミス」により、「怒られる」事となります。

そして、「ミスを連発する事」で、「キツい、怖い、吐き気、苦痛、苦しい」などを感じる事となるかも知れません。

あくまでも、自分がおこした「ミス」なので、「解決」をするまでは、「辛い思い」をします。

しかし、「解決」をした後は、お休みを取るなど、「心を落ち着かせる時間」を作ってください。

そして、その後に「ミスの原因と対応策」について考え、「ミスをなくす方法」に加えて頂きたいと思います。

この「ミスの原因と対応策」は、「辛い思い」をした結果なので、「強く記憶に残る事」となります。

スポンサーリンク

simacatより一言

絶対に「ミス」は起こります。

これは、「人がおこなう部分」がある事が、原因となります。

したがって、「人がおこなう部分」を減らす事が、「ミスを防ぐ事」となります。

「ミス」が多いと感じる時は、なるべく、「人がおこなう部分」を減らすようにしてください。

余談となりますが、「ミス」はおこらないと、認識する事ができません。

「ミス」をして、はじめて「ミスが発生する事柄」を知る事ができます。

「ミスを発生させた事」よりも、「同じミスを発生させない事を考えて対する」方が、重要と考えるべきです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました