やらかした?!どうしよう?!失敗が怖い!!失敗の怖さを克服するには?!

7314 社会人へのアドバイス
simacat.com

やらかした?!どうしよう?!失敗が怖い!!失敗の怖さを克服するには?!

聞き流し用動画(YouTube)

社会人へのアドバイス:やらかした?!どうしよう?!失敗は怖い!!失敗の怖さを克服するには?!

はじめに

お仕事での「失敗」は、誰にでもある事です。

むしろ、「失敗」をしていない人の方が、経験が乏しい事から、行動パターンが少なくなります。

したがって、なるべく多くの「失敗」を経験しておくべきです。

多くの「失敗」の経験は、「失敗の怖さ」への対処を学ぶ事でもあります。

「失敗の怖さ」への対処を学び、「失敗」に備えておけば、「失敗も経験、失敗も学び」と考えられるようになります。

失敗は怖い

「失敗は怖い」と感じます。

なぜ、「怖い」と感じるのでしょう?

「怒られるから」とか、「見放されるから」など、いくつか理由は思い当たります。

確かに「人から怒られる事は怖い事」ですし、「人に見放されて、一人になってしまう事も怖い事」です。

しかし、「失敗」をした時、多くの理屈を考える前に、「怖い」と感じます。

「失敗が怖い」と感じるのは、「固定観念」があるからです。

ほとんどの人は、子供の頃に「悪い事」をすると怒られていましたが、この「悪い事」をするのが、「失敗」です。

子供の頃から、このような教育をされた結果、「失敗は悪い事」、「悪い事をしたら怒られる」、だから「怖い」と思うように、「固定観念」として植え付けられました。

もちろん、「悪い事」は「良いおこない」ではないので、この教育の方法は間違いではありません。

しかし、「怖い」と感じてしまうと、「考える事ができなくなる」、「体が動かなくなる」など、「何もできない状態」となってしまいます。

実は、本当に怖いのは、この「何もできない状態」となります。

お仕事の場面での失敗

お仕事の場面での「失敗」は、「何もできない状態」となる事が問題となります。

「やらかした!」とか、「どうしよう?」と思うような、「失敗」をしてしまった時、すぐに「失敗をフォロー」する事ができれば、「失敗の影響」は、少なくて済みます。

しかし、「何もできない状態」が続いてしまうと、「失敗の影響」はどんどん広がってしまいます。

例えば、「お客様に誤ったメールを送信した」とします。

この時、すぐに「メールの誤送信」をお客様に伝え、社内で上司や管理者に報告をしておけば、「メールの誤送信」という「失敗」で済みます。

しかし、「失敗の怖さ」から、「何もできない状態」となってしまうと、お客様から「メールの誤送信についてのクレーム」が社内の上司や管理者に入り、「お客様と自分の会社との信頼関係」「上司や管理者と自分との信頼関係」「自分の能力不足」など、「失敗の影響」が広がっていく事となります。

「失敗」をしても、「何もできない状態」とならずに、できるだけ早く「失敗をフォロー」する事が重要となります。

失敗の怖さを克服するには

「失敗」をした時の「怖さ」を克服するには、慣れるしかありません。

お仕事では、「失敗」をしない事が重要視されていますが、「失敗」をしないと分からない「知識」や「技術」があります。

そして、それは、「失敗の怖さの克服」にもなります。

何度も同じ経験をすれば、「慣れ」が生まれ、「怖さ」も薄まります。

「怖さ」が薄まれば、「何もできない状態」を減らす事となります。

「失敗」をしても、「失敗の対応」「失敗の原因究明」「今後の対策」を考え、「整理」する事ができれば、すぐに「失敗をフォロー」する事ができます。

また、多くの「失敗」を経験する事で、「失敗の対策」を考える事ができます。

「なぜ失敗をしたのか?」「どうしたら失敗をしないのか?」という考えは、「失敗」をしないと分からない事です。

「失敗の怖さ」を感じて、対策を立てて、それでも「失敗」をしたら、また「失敗の怖さ」を感じ、対策を立て、この繰り返しが「失敗の怖さの克服」となります。

「同じ失敗は2度としない」という言葉がありますが、もし、同じ状況で、同じ失敗をした時、「前回と今回とで、どのような違いがあったのか?」を考えてください。

もし、違いが見つからない場合は、まだ「失敗の怖さ」の克服ができていない状態です。

次も同じ「失敗」をする可能性が高くなります。

そのような時は、「失敗」に備えて、事前にできる事を準備しておきましょう。

simacatより一言

お仕事で、「同じ失敗」を何度もしてしまうと、自信がなくなり、自分が「信用」できなくなってしまいます。

そうすると、「失敗に敏感」になるか、「失敗に鈍感」になります。

「失敗に敏感」になると、お仕事が怖くなってしまいます。

「失敗に鈍感」になると、まわりの人から、信頼されなくなってしまいます。

どちらにして、良い状態とはなりません。

「失敗」をした時、「自分に問題がある」と思わないで、「作業の仕組みに問題がある」と考えてください。

そして、「作業の仕組みを扱うには、どうすれば良いのか?」を考えてください。

大抵の作業は、作業者の個人レベルに対応はされていません。

「失敗」を防ぐには、「自分の考えや行動に、作業を合わせる」事が一番の解決策となります。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました